「あにめたまご2017」完成披露上映会へ150名様ご招待!


animetamago2017_logo

文化庁 委託事業 平成28年度 若手アニメーター等人材育成事業あにめたまご2017
開催:3月11日(土)
於:東京アニメアワードフェスティバル2017 (池袋HUMAXシネマズ)

「あにめたまご」の愛称で活動を進めている「文化庁 若手アニメーター等人材育成事業」は、
わが国のアニメーションの将来を担う若手アニメーターたちを、作品制作の現場で実践的に育ててゆく事業です!
今回、「あにめたまご2017」のプロジェクトを通して生まれるアニメーション4作品を紹介する「完成披露上映会」が
3月11日(土)に「東京アニメアワードフェスティバル2017」にて開催!
完成された作品の披露と共に、制作を通した育成プロジェクトに参加した若手アニメーターによるトーク等を通して、
「あにめたまご」プロジェクトの全貌を紹介する機会となります!!
MCには、声優の近藤孝行さんと園崎未恵さんが登場し、作品の披露を明快に進めていきます!

mc-2mei_at2017_5209

MCの近藤孝行さん、園崎未恵さんの対談及び、動画メッセージを「あにめたまご2017」公式WEBにて掲載中!
「完成披露上映会」への無料招待は「あにめたまご2017」公式WEBにて告知・応募受付中!
さらに、AnimeJapan2017 メインエリアにて「あにめたまご」ブース出展!
「あにめたまご2017」で制作された4作品の原画や、絵コンテなど多数展示いたします!!

また、テアトル新宿にて4月22日(土)〜4月28日(金)の1週間限定でレイトショー上映も決定!

「あにめたまご2017」プロモーション映像も公開中!
「あにめたまご2017」第2弾PV https://www.youtube.com/watch?v=6N9MmpmUZDE

 

【イベント概要】
イベント名:「あにめたまご2017」完成披露上映会
日時:2017年3月11日(土) 11:00
会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ1「東京アニメアワードフェスティバル2017」
内容:若手アニメーター育成プロジェクトで誕生する4作品のワールドプレミア上映/ 新人アニメーター、関係者によるトーク
MC:近藤孝行、園崎未恵
入場方法:ご招待(150名様)
応募方法:あにめたまご公式サイトにて告知応募
主催:文化庁
事業受託:一般社団法人 日本動画協会
公式WEB:animetamago.jp

 

【MC紹介】

kondo_AT2017_5016 近藤孝行
所属:AIR AGENCY
代表作は『「逆転裁判」シリーズ』(成歩堂龍一)、『DAYS』(丸岡勇二)、『パズドラクロス』(クライン)、『テニスの王子様』(大石秀一郎)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(ぽっぽ・久川鉄道)等。
また、小野大輔さんとダンスユニット「D.A.T」として活動中。現在、月刊少年シリウスにて連載中の漫画「ナヴァグラハ DefenD 9 Triggers」の原作を務める。
sonozaki_AT2017_5083 園崎未恵
所属:リマックス
代表作は『ONE PIECE』(ヴィオラ)、『遊☆戯☆王ARC-V』(紫雲院素良) 、『機動戦士ガンダムAGE』(ドレーネ/タク)、『四月は君の嘘』(瀬戸紘子)、『キズナイーバー』(漆原睦)、『WWW.WORKING!!』(宮越葉子)、『ウィッチブレイド』(蘇峰玲奈) 等。吹替では『24 -TWENTY FOUR-』(キム・バウアー)、『ダークナイトライジング』(キャットウーマン)、『インター・ステラー』(アメリア・ブラント)、『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ / ザ・ファーストアベンジャー』 (ペギー・カーター)、『「ワイルドスピード」シリーズ』(ミア・トレット)など。

 

【上映作品紹介】

charanpo-l_key_m 「ちゃらんぽ島の冒険」  ※「島」の読みは「ランド」
制作会社:株式会社スタジオコメット

〈あらすじ〉
誰も行ったことのない南の海の果てに、『ちゃらんぽランド』という島があった。
島の真ん中には、毎日たくさんの卵を産む巨大なバオバブの樹が生えている。
卵の中身は、何と食べ物や衣類などの生活必需品。
おかげで島の住民は卵を頼りに生活するようになり、
いつしかちゃらんぽらんな日常を送るようになっていた。
しかし、最近は中身が空っぽの卵が増えてきて、みんな不安に駆られてきているようだ。
そんなある日の夜、虹をまき散らすような光と轟音とともに、
バオバブの樹から不思議な模様をした卵が産み落とされた。
翌朝、村長の「ぽんちょ」はなぜかその卵を見つけなければならないと、住民たちに訴える。
やがてトラの「こめとら」をはじめとする子どもたちが、卵を森で発見するのだが……。
〈スタッフ〉
監督:三沢伸、プロデューサー:小竿俊一、作画監督:本田辰雄、キャラクターデザイン:下地なるみ、作画監督補佐/指導原画:福地和浩、指導原画:一川孝久、制作担当:反町和宏
若手アニメーター:下地なるみ、福田瑞穂、福田瑠奈、永野千絵、松本丘、池田彩乃、高野友稀、石黒愛美
〈キャスト〉
坂本千夏、大和田仁美、落合福嗣、野瀬育二、武虎、大原さやか

© スタジオコメット/文化庁 あにめたまご2017

 

red_gw_20161208 「Red Ash -GEARWORLD-」
制作会社:株式会社STUDIO4℃

〈あらすじ〉
遺伝子にナノマシンが組み込まれ、特殊能力を擁する“ナノ種”(ナノレース)が、
普通の人間“ピュア種”(ピュアレース)に管理、差別されている未来社会。
その中で、赤い灰に変わる“レッドアッシュ”の能力を持つ、
伝説のハンターでもあるナノ種の少年ベックは、ピュア種になる手術費用を稼ぐため、
メカニックの気弱な大男タイガーとともに、
パラレルマシンで旧世界へ跳ぶ危険な仕事に従事していた。
そんなある日、謎の二人組サファリ&ストライプに追われる少女コールが
ベックらの前に突然押しかけてきて、一緒に歯車世界へ跳ぶ羽目に。
しかし二人組とそのリーダー、ディナイは執拗にコールを追い求め、
ついにベックたちに攻撃を仕掛けてきた……!
〈スタッフ〉
監督:佐野雄太、プロデューサー:久江由華、作画監督:清水保行、3D作画監督/キャラクターデザイン:今中千亜季、、指導原画:平野浩太郎、指導中堅原画:大森 祐紀、細山 伸雄、動画検査:梶谷睦子、加来由加里、制作担当:関根彩子
若手アニメーター:海老原優、中島隆紀、吉川由衣菜、長島瑠、鈴木このは、江上柚布子
〈キャスト〉
梶裕貴、森脇陸三、内村史子、浜田洋平、安部憲人、竹田雅則

© Beyond C./文化庁 あにめたまご2017

 

genbanojyo_key_m 「げんばのじょう ー玄蕃之丞ー」
制作会社:日本アニメーション株式会社

〈あらすじ〉
信州の塩尻、桔梗ヶ原と呼ばれる土地に、はなという女の子が住んでいた。
はなは家族思いの優しい女の子で、特に曾祖母である千代のことを、
ばばちゃんと呼び慕っていた。
ある日、はなの村に“夏川源左衛門一座”という旅芸人がやってくる。
村人は大喝采で彼らを迎え、祝儀をはずむ。
興行を終え、祝儀の中身を確認していた彼らのリーダーは、
好物の“おやき”を見つけたことで興奮し、キツネの姿になってしまう。
彼らの正体は実は、辺り一帯のキツネを束ねる、玄蕃之丞(げんばのじょう)とその仲間、
お夏と新左衛門が人間に化けた姿だったのだ。
正体がばれたと思い、焦った玄蕃之丞は、「正体を秘密にしてもらう代わりに一つだけ願いを聞いてやる」と
はなに提案する。その申し出にはなは、「ばばちゃんに桜を見せてあげたい」と答えるが……
〈スタッフ〉
監督:堂山卓見、プロデューサー:古久保悠、キャラクターデザイン:武本心、作画監督:中田博文、指導原画:五味裕子、中堅原画:金子昌司、動画チェック:矢地久子、設定制作/演出助手:渡邉龍之介、制作進行:田中里咲
若手アニメーター:武本心、元豪燦、髙橋彩、篠田美咲、松村亜沙子、西田朋代、清水伸太郎
〈キャスト〉
小西克幸、佐藤利奈、花江夏樹、玉野るな、鈴木れい子

© 日本アニメーション/文化庁 あにめたまご2017

 

zunda_key_m 「ずんだホライずん」
制作会社:SSS合同会社、株式会社スタジオ・ライブ、株式会社ワオ・コーポレーション

〈あらすじ〉
「ずんだアロー」で矢を放ち、どんな餅でもおいしいずんだ餅にすることが
できる東北ずん子は、東北きりたん、東北イタコ、中国うさぎ、四国めたん、
九州そららとともに、ずんだ餅を食べながら幸せに浸っていた。
一方、大江戸ちゃんこ総帥率いる「納豆ファクトリー」の面々、中部つるぎ、
関西しのび、沖縄あわも、北海道めろんらは、ずんだの原料の枝豆と納豆の
原料の大豆が、収穫時期が違うだけで、実は同じ豆であることから、
納豆に使う大豆の量が減ることを恐れていた。
ずん子の家に刺客として送られる沖縄あわもと北海道めろん、そして第3の勢力とは!?
〈スタッフ〉
監督:竹内浩志、プロデューサー:青木清光、奥津咲子、キャラクター原案:江戸村ににこ
作画監督・キャラクターデザイン:鈴木理彩、育成責任担当:神志那弘志、指導原画:真壁誠、中堅原画:中島絵理、阿比留隆彦、動画チェック:服部照美、制作担当:曽布川雅也
若手アニメーター:坂口実穂、若狭賢史、川口百合恵、井上修一、小川純央、中山照幸
〈キャスト〉
佐藤聡美、茜屋日海夏、木戸衣吹、桃河りか、田中小雪、西田望見、指出毬亜、濱口綾乃、今村彩夏、古賀葵、清水彩香、伊藤ゆいな

© SSS・STL・WAO/文化庁 あにめたまご2017

ページの先頭へ戻る