『東京ジャンケンのグリム童話 vol.3』チケット好評発売中!


演出家の野坂実さんと声優・ラジオパーソナリティとして活躍している豊口めぐみさんが中心となって立ち上げた劇団「東京ジャンケン」。
毎回豪華なキャスト陣を迎え、アラン・エイクボーンのコメディやグリム童話朗読会など様々な公演に挑戦し好評を得ている。
そんな東京ジャンケンの朗読会『東京ジャンケンのグリム童話 vol.3』が6月6日(水)よりスタート!チケットも好評発売中。

詳細は公式ホームページをチェック

________________________________________

東京ジャンケン表『東京ジャンケンのグリム童話 vol.3』

■みどころ
本格・実力派声優の競演
『東京ジャンケンのグリム童話』シリーズは今回で3回目、このシリーズはいわゆる舞台公演ではなくシンプルな朗読でお届けしています。そして演じるのは実力・人気ともに確かな声優陣。演劇界・声優界で活躍する野坂・豊口のユニットだから実現した、自信のキャスティングです。

ストーリーを彩る影絵とパペット
このシリーズでは毎回、劇団かかし座の協力を得て影絵で童話の世界を立ち上げています。今回はさらに、「こどもむけ」公演でパペットアーティストのしもがまちあき氏制作のパペットも参加。朗読というシンプルなスタイルに花を添えます。

初の試み・こども向け公演
大人も子供も楽しめるお芝居を目指して活動してきた東京ジャンケンが、満を持してこどもむけステージを開催します。ミキハウスの協力のもと、名作絵本シリーズより『ブレーメンのおんがくたい』『あかずきん』の二本立て。0歳児から観劇可とした東京ジャンケンにとっての新たな挑戦です。

 

■公演概要
企画名:東京ジャンケンのグリム童話 vol.3
原作:ヤーコプ・グリム ヴィルヘルム・グリム
構成・演出:野坂実

●演目
【A】 『フィッチャーの鳥』『手を切られたむすめ』『名づけ親になった死神』
【B】 『赤ずきん』『三本の金髪をもった悪魔』『ブレーメンの町楽隊』
【★】 ミキハウス 名作絵本シリーズより
『ブレーメンのおんがくたい』(訳:池田香代子)『あかずきん』(訳:武井直紀)

●日程と出演者 2018年6月6日(水)~10日(日)
6日(水) 19:30 【A】(佐藤・能登)
7日(木) 13:00 【★】(豊口+α)/19:30【B】(日高・斎賀)
8日(金) 19:30 【A】(斎賀・小島)
9日(土) 11:00 【★】(豊口+α)/13:00【B】(佐藤・日高)
17:00【A】(日高・斎賀)/19:30【B】(能登・豊口)
10日(日) 13:00【A】(能登・小島)/17:00【B】(斎賀・豊口)

※受付開始は開演の45分前・開場は30分前/上演時間はAB約60分、★約30分(予定)

●出演(50音順)
小島幸子・斎賀みつき・佐藤利奈・豊口めぐみ・能登麻美子・日高里菜

●パペットアーティスト(50音順)
大内茜・大室佳奈・古賀陽菜・しもがまちあき

●会場
TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9

●チケット
・全席指定(★公演のみ自由席)
・一般 3,500円
・こども向け 0~3歳 無料/4~12歳 500円/13~15歳 1,000円/16歳以上 1,500円
※小学校3年生以下のお子さんは、必ず保護者同伴をお願いします。
※価格はすべて税込みとなっております

●チケット取り扱い
カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/tkjgrimm3

●スタッフ
舞台監督:小林直幹/美術:仁平祐也/音響:竹下好幸/照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd)/
影絵協力:劇団かかし座/人形制作:しもがまちあき/演出部:加藤祐未・矢野宏美・平野史子・ 渡邊純一/
ビデオ撮影:彩高堂/チラシデザイン:横井かおり/パンフレットデザイン:静華/
東京ジャンケンのテーマ:西岡和哉/特別協力:岡田和子/制作:豊口めぐみ・秋山久美子/制作協力:大森晴香・佐野みづき

●協力
81プロデュース/大沢事務所/劇団かかし座/ケッケコーポレーション/賢プロダクション/合同会 社アンデム/スターダス・21/十色庵/俳協/
マウスプロモーション/ミキハウス/レオパードスティール (五十音順)

ページの先頭へ戻る