声優未来予想図

前途有望でフレッシュな声優の現在、過去、未来を年表形式で紹介します。


10961

第47回 武内駿輔さん

 

フレッシュな声優の現在、過去、未来を年表形式で紹介していく『声優未来予想図』。今回はアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』でプロデューサー役を演じる武内駿輔さんが登場。高校生ながらも、いい意味で年齢を感じさせないお芝居と人柄にフォーカスします!

 Profile

たけうちしゅんすけ
9月12日生まれ。81プロデュース所属。
主な出演作は、アニメ『プリパラ』(コガ先輩、アシカ)、ドラマCD『踊る星振るレネシクル』(荒木正児)、ラジオ『ニッポン朗読アカデミー』ほか。

武内駿輔 ’s

「自分のやりたい方向にまっすぐ進んでいきたいです」

 

 武内駿輔を知る10の質問    from 武内駿輔  

 Syunsuke’s PAST
6~7歳

トランプやすごろくなどを自作してみんなを楽しませるのが好きだった(のちにパソコンのソフトウェアを使ってRPGを作るほどに!)。また、母親に連れられて月に2、3回は映画館に足を運んでいた。

10歳

映画『ダークナイト』の敵役・ジョーカーを演じるヒース・レジャーのお芝居を見て「芸術というものはこんなにも人の心を動かすのか!」と感動。俳優として役に全力で取り組む姿勢や根性に憧れ、「自分も俳優になりたい」という夢をもつようになった。

13歳

それまでインドア派だったということもあって「このままでは不健康になってしまう……」という危機感から陸上部に所属。一方で「鉄は熱いうちに打て」という言葉にならい、声優になるための下準備を開始。親の説得にも成功する。

15歳

中学3年生の頃に養成所に入所。最初のお仕事は養成所のメンバーだけでのドラマ収録だったが、当時はまだ演じることと、お仕事として演じることの差をしっかりと認識できていなかった。

16歳

中学校を卒業したタイミングで81プロデュースの養成所から声がかかり、週1回のレッスンに通う。一方で、高校進学後は演技に没頭しがちになり、高校生活がおろそかになることも……。しかしそのときの経験が元で「お芝居を仕事として続けていくのであれば、高校で勉強をするという学生の本分をまっとうできないのはよくない」という考えに。視野も広がったという。

17歳

『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役に大抜擢! 一躍シンデレラボーイに。

 Syunsuke’s FUTURE

20歳

『シンデレラガールズ』はあくまでアイドルが主役……ということで、成人するまでに両親や親戚を安心させられるぐらいの大きな主役を演じる。

24歳

それまでに余裕を作って、幼なじみの親友たちとプライベートで旅をしたい。「和」の文化がとにかく好きなので、あえて文化的にまったく違うヨーロッパ圏を旅して刺激をもらう。

25歳

趣味のDTM(デスクトップミュージック)を生かして世の中に作品を出したい。そのときは武内駿輔という名義は隠して自分の実力がどこまで通用するのかを確かめる。

27歳

お仕事としての幅が広がってきたら、『ダークナイト』のジョーカーのような破天荒なキャラクターを演じる。

30代後半まで

この頃には後輩もできていると思うので、しっかりと道筋を示せるような立派な役者になっていたい。アニメ、洋画問わずに演技のプロフェッショナルとして、あらゆる部分で高いクオリティのものを届けられるように。

生涯を賭けて

たとえおじいちゃんになっても、10代のときに演じたキャラクターであってもすんなりと再現できるような“老いない役者”が目標。たとえ自分が亡くなっても業界で語り継がれていくような存在になりたい。

武内駿輔を知る10の質問
ニックネームは?

いちばん多く呼ばれるのは「タケ」。小学生の頃は彫りが深くて天然パーマだったことから「ダビデ」、中学生になってからはメガネ姿があの魔法使いにそっくりということで「ハリー」と呼ばれていました(笑)。

 

性格をひと言で表すと?

極度の怖がり。ホラーがダメということではなく、何事にも予習をしないと心配で、石橋を叩いて渡るタイプです。

 

趣味は?

まず、DTMでの楽曲制作が一番の趣味です。オーディオ機材を集めるのも好きで、奮発して高性能なマイクを買ったり(笑)。声楽をしている母親に僕も習っているので、そちらも趣味と言えるかも。あとはビリヤード。以前は友達と週に3~4回は通っていました……まだまだ経験不足だとは思いますが。

 

好きなゲームは?

『ストリートファイター』や『ドラゴンクエスト』、『ファイナルファンタジー』が好きです! 小さい頃は家にレトロゲームしかなかったので『忍者龍剣伝』や『ロックマン』シリーズ、なかでも2はやりこんで……。難易度が高いゲーム以外は満足できなくなってしまいました。

 

好きな食べ物は?

生のお魚、お寿司のトロなんかは大好物ですね! 逆にフキや生の生姜、柚子といった香りの独特な食材が苦手。お寿司屋さんに行ってもガリだけは食べられません。

 

休日の過ごし方は?

趣味に没頭します。オン、オフの切り替えを大事にするようにし、切羽詰まらない生活を心掛けています。

 

得意な教科は?

英語です。地方によっては訛りがあったりするので、発音の違いはお芝居にも役立てられるんじゃないかと思い積極的に勉強しています。逆に数学は苦手で何をやっているのか自分でもわからなくなります。

 

何フェチですか?

スラーッとしたキレイな脚が大好きな「脚フェチ」です。あとは「声フェチ」。やわらかくてやさしさを感じる、子守唄を歌ったら似合うような感じの声が大好きですね。

 

好きなアーティストは?

GACKTさん、西川貴教さん、livetune(ライブチューン)さん、Skrillexさん、あとやっぱりマイケル・ジャクソンさんも外せません。同業では海外で声優として活動されているトロイ・ベイカーさんも尊敬しています。

 

座右の銘は?>

勇往邁進。初心を忘れずに、自分のやりたい方向にまっすぐ進んでいきたいです。

 

武内駿輔

 

ひとりの役者としても人間としても未熟な部分ばかりですが、いただいたお仕事にしっかり向き合って負けないようにがんばっていきます。そして、いずれは「あのとき目をつぶって応援してよかったな」と思われるような役者になりますので、どうか応援よろしくお願いします。

kobayasi yuusuke10931

 

 

       

 

おすすめの学校

メイン写真2

ESPアニメーション声優専門学校

専門学校(専修学校)

ESPアニメーション声優専門学校は声優になるために特化した東京・原宿にある声優専門学校です。 クラスは一クラス15名程度の「少人数制クラス」。 マルチに活躍する声優に合わせた多彩なコースで学ぶことができます。 マルチに活躍する声優に合わせた多彩なコースで学ぶことができます。

school_008_eyecatch

LEOPARD STEEL附属養成所 松濤(しょうとう)アクターズギムナジウム

養成所・劇団・プロダクション

松濤アクターズギムナジウムは、プロの演技者を目指している人のために、親からの経済的援助がない人にでも通える本格的な養成機関があるべきだという主旨のもと、'95年4月に設立され、さらに2015年からはプロデビューを支援するためのマネージメント機能をより進化させ、芸能プロダクションLEOPARD STEELを稼働。 どの分野でも必要となる演技基礎を身につけ、演じることの楽しさを真剣に伝えていく場所。それが松濤アクターズギムナジウムです。

school_013_eyecatch

よこざわけい子声優・ナレータースクール

養成所・劇団・プロダクション

子供の頃に見た大好きなアニメの声優になりたい… 夢を諦めない人をよこざわけい子が応援します。

先輩から学ぼう!

出張
esp201301
声優相談室、柴田がカツ
最強声優データベース、声優名鑑
SSP

ページの先頭へ戻る