応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_034_eyecatch

山端 零

今、まさに輝く寸前の山端零さん。声優とは、子供の頃一度はやってみたかったことが実現できる、そんなステキな職業だと語ってくれました! 今後の山端さんに注目★

プロフィール

やまはたれい……12月17日生まれ。ゆーりんプロ所属。 

「新世紀Mr.BOO ホイさま カミさま ホトケさま」、「サブウェイNY」ジョー役、「幸せはシャンソニア劇場から」モンダン役、「ひとひら」、「とある科学の超電磁砲」、全力坂 番組内インフォコマーシャル「資生堂UNO FOGBAR」ほか。

ゆーりんプロ

よこざわけい子・声優ナレータースクール

vol.1 仕事のたびに何かを学べる。きっと声優じゃなかったら知らなかった世界にたくさん出会えたと思います。

声優になりたいと思ったきっかけは?

変身願望がとても強かった僕。中学までは自分のことがあまり好きではありませんでした。
その中学の文化祭で初めてお芝居をして、人に見られて、評価されて・・・・って、こんなステキなことを仕事にできたらいいなぁ。と思ったのがきっかけですかね。
ただそこで、テレビの俳優とか舞台役者ではなく「声優」を選んだのは、もちろんアニメやゲームが好きっていうのはありますが、人間の体で表現できることは限界がありますが、声優なら何だってできるし何にだってなれると思ったからなんです。
空を飛んだり、超能力使ったり、自分とはかけ離れたルックスの人とか、果ては人間じゃなかったり・・・。もちろん作品にもよりますけどね。

声優デビューはいつですか?

デビューと言っていいのかは微妙な気はしますが・・・(笑)。
大阪の専門学校に通っていた時、その学校のインターンシップ制度で外画の吹き替えのお仕事をいただいたのが初めての現場でした。
プロの方に囲まれて圧倒されっぱなしだったのを覚えています。

声優になるために、どんな勉強をされましたか?

大阪の専門学校で、お芝居やダンス、アテレコレッスン、ラジオ実習などを勉強したのですが、その後上京して、今所属している事務所、ゆーりんプロの養成所よこざわけい子声優・ナレータースクールで更に、基礎の基礎から学びなおしました。

声優の仕事の魅力はどこにありますか?

きっかけのところでも書きましたが、やっぱりどんなものにでもなれる、できる! ってところですね。
子供の頃一度はやってみたいと思ったようなことを、ある意味で実現できるようなそんなステキなお仕事だと思ってます。

印象に残っている作品や役柄は何でしょうか?

やっぱり一番印象的なのは初めての現場ですね。
「新世紀Mr.BOO ホイさま カミさま ホトケさま」という作品だったのですが、今はもうお亡くなりになってしまいましたが、広川太一郎さんとご一緒することができた現場でした。
もう、あの方のものすごさに出演者全員が笑いをこらえるのに必死で(笑)。
他にもベテラン声優さんがたくさんいらして、スタッフさんに
「こんなすごい現場そうそうないよ」って言われたくらいでした。

仕事をする際に心がけていることは?

適度にお腹を満たしておくことですかね。
何言ってんだ? って思うかも知れませんが、意外と重要なんですよ。
収録中に「ぐぅ~」ってお腹鳴ったりすると、結構マイクで音拾っちゃうんですよね。
その度に、ノイズ入ったんで録り直しですー。とかなったら非常~に申し訳ない感じになってしまいます。

声優になって良かったと思ったのはどんなときですか?

お仕事の度に、何か新しいことを学べることですね。
たとえば、企業VPのナレーションとかをやったりすると、
聞いたこともないような専門用語をいっぱいしゃべったりするんですけど、
これって何だろう?どういう意味なんだろう?とか思って調べてみると結構面白かったりして。
他にも洋画の吹き替えとかでも、作品によっては全然知らなかった歴史の一面なんかを垣間見れたり。
声優やってなかったら絶対知らなかっただろうなぁ、っていうことに触れられるのが楽しいですね。

(取材:2010年6月20日)

Information
ゆーりんプロ養成所で9月生を募集!キャラクター

よこざわけい子声優・ナレータースクールでは現在、9月生を募集しております!
また、レッスン内容を身近に感じていただきたいと思い、レッスンの見学を賜っております。是非、見学にいらして下さい。詳細はスクールHPをご覧の上まずはお電話下さい。

ページの先頭へ戻る