応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_042_eyecatch

本田愛美

話題アニメ『日常』で立花みほし役や、『未来日記』ムルムル役など新人声優として急成長中の本田愛美さん。私は周りの方に本当に恵まれているんです、と笑顔で語る本田さん。新人声優ならではのアツい想いを声グラwebに語ってくれました!

プロフィール

本田愛美……ほんだまなみ。9月19日生まれ。ガジェットリンク所属。OVA&TVアニメ「未来日記」(ムルムル)、TVアニメ「日常」(立花みほし)他

ガジェットリンク
公式ブログ 『マナミゴト』

Vol.1 私にとってこの事務所はパワースポットです

声優になりたいと思ったキッカケは?

『ミセス・ダウト』という映画がキッカケです。
うちの家は結構厳しくて、アニメとかあまり見たことがなかったんですが、あるとき『ミセス・ダウト』の主演のロビン・ウィリアムズさんの演技を見て、びっくりしたんです。声優という職業があることは知っていたんですが、そのとき初めて役者ってこんなにもすごい職業なんだと思いました。ロビン・ウィリアムズさんもすごかったですが、吹き替えの山寺宏一さんにも圧倒されました。特典映像であった吹き替えの現場では、声だけで心をこめて表現する、というプロの仕事を見られて、私もこの世界に入りたい、と思いました。

実際に声優を目指すために何をしましたか。

両親はとてもとても反対していて、声優という不安定な仕事に対して「いつになったら結果が出るの?」って心配していました。努力したから報われる、という確約がある世界じゃないからそう言われても、私にできることは一生懸命努力すること。なので、いろんなワークショップなどに参加したりして、養成所などを探していました。そこで出会ったのが平松広和先生です。この先生のもとで学びたい、と平松先生が教えてくれる今の事務所の附属養成所に入所しました。

レッスンはいかがでしたか?

とても丁寧で分かりやすかったです。少しでも上手くなりたくて無我夢中でレッスンを受けてました。毎回、新しいことをたくさん教わる喜びでいっぱいでしたね。一緒に学んだ仲間とはとても仲が良くて、いろんな話をしたり、集まって皆で勉強会したり…。とても良い出逢いができたと思っています。

『未来日記』のムルムル役が決まった時、どんな心境でしたか?

事務所に所属してすぐに、この役が決まって本当にびっくりしました! そのころはとにかくいろんなものが駆け巡っていて、全然実感できなくて…。
でも、養成所の仲間や事務所のスタッフの方、それに平松さん、皆に喜んでもらえてとても嬉しかったです。私は周りの人にすごく恵まれているんだなぁって実感しました。私にとって、ガジェットリンクがパワースポットなんだと思います(笑)。

声優という仕事の魅力を教えてください。

声優という仕事は生命を吹き込むとても大切な仕事だと思っています。そして、与えていただいたキャラクターの想いを、しっかりと見てくださる方に伝えていくこと。とても楽しいですが、やりがいのあるステキなお仕事だと思います。

印象に残っている作品や役柄は?

私は、まだそんなにたくさんの作品に出てはいないのですが、『未来日記』のムルムル役は、私も今一緒に歩いている役なので、これからもいろんな表情を見せられるように頑張っていきたいと思っています。
また、『日常』の立花みほし役では、出演が後半からなのですが、皆さんに温かく迎え入れていただき、とても嬉しかったです。

本田さんがやってみたい役は?

等身大の自分を出せるキャラクターをやってみたいですね。あとは…、うんと年上のお姉さん。お色気系じゃなくって、悩んでいる主人公に人生指南なんかできちゃうアパートの大家さん、みたいな(笑)。
いろんな役に挑戦したいと思っているんですが、へたに声だけを変えるような表現にならないように気をつけたいと思っています。心が変わるから自然に声も違って聴こえる、そんな風にキャラクターを演じ分けたいと思います。

Information
★『未来日記』ムルムルが毎週更新している日記

 

 

ページの先頭へ戻る