応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_045_eyecatch

成田童夢

プロスノーボーダーとしてオリンピック出場という輝かしい経歴を持ちながら、サブカルチャータレントに転身。アニメやゲームという文化を広めるため、幅広い活動を繰り広げる成田さんから熱いメッセージが届きました。

プロフィール

成田童夢
なりたどうむ……9月22日生まれ。プロスノーボーダーとして活躍し、2005年にはワールドカップinウィスラー(カナダ)優勝、2006年トリノオリンピック出場。2011年に現役引退を発表し、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を発信するサブカルチャータレントに転身。

成田童夢 オフィシャルブログ

Vol.1 生意気かもしれませんが、僕にとってオリンピックは通過点でした

アニメやマンガといったサブカルチャーに興味をもったきっかけは?

一番最初に好きになった作品は、小学生のころに見た『ドラえもん』なんです。大山のぶ代さんの声が特徴的で興味を惹かれました。その後、『美少女戦士セーラームーン』でキャラクターの魅力と声がリンクして感じられて、それからはどんどんアニメや声優にのめりこんでいきました。

スノーボードも小さいころから始められていたんですよね。

元はモーグルスキーをしていたんですが、家族でカナダ旅行に行ったときに子供用の板を見つけて「やってみたいな」と思ったんです。それで生まれて初めて親に「買って」とおねだりしました。始めてみたらスキーよりも面白かったので夢中になったんですが、練習は厳しかったですね。朝5時から夜11時までずっと練習で、ご飯とお風呂の時間しか休憩できなかったので、アニメは夜中に睡眠時間を削って見ていました。まあ若かったからできたことです(笑)。

サブカルチャーとスノーボードではまったく接点がないように感じられますが、将来はどちらの方向に進もうか葛藤はなかったんでしょうか。

自分が主にしたかったのは、昔から変わらずサブカル方面です。アニメに限らず、マンガ、ゲームなどクリエイティブな世界がいいなと思いました。じつは中学生になるまで声優という職業を知らなかったんです。ドラえもんもロボットという設定なので、本当にロボットが声を出しているんじゃないかと思っていたくらい(笑)。でも人間が演じていると知って、僕も声を使った仕事がしてみたい、できればアニメの声優になりたいと思うようになりました。

将来の夢について、ご両親にはどう話されましたか。

中学卒業を控えて、父親に「声優になりたい」と話したんです。そうしたら「じゃあ、まずオリンピックに出ろ」といわれました(笑)。そのときは理由を聞いても教えてくれなかったんですが、とにかく「オリンピックに出られたら好きなことをしていい」と約束してくれたので、スノーボードの練習に励みました。今になって思えば、サブカル方面の仕事って誰もが成功できるわけじゃないし、生活も不安定じゃないですか。オリンピックに出たことで多少は知名度も上がったので、まったく違う分野ではあるんですが、活動しやすくなった面はあると思います。

でも、オリンピック出場は決して簡単なことではありませんよね。

そうですね。ハードな練習に耐えられたのも、アニメや声優という癒しがあったから。むしろ、目的はそれのみでした。どんなに厳しくても「これが終わったらアニメが見られる」と思うと、楽しく練習できたんです。滑っている最中はヘッドホンをして音楽を聴いていたんですが、流れている曲は基本的にアニソンですね。オリンピックのときも会場にはKREVAさんの『国民的行事』を流していましたが、オリンピックのハーフパイプはサイズが大きいので、ヒップホップみたいな速いテンポの曲だとリズムが合わないんです。それで、滑っている僕自身はヘッドホンで『ムーンライト伝説』を聴いていました。

サブカルタレントに転身されたとき、周囲から引き留められたのでは?

「もっとスノーボードを続ければいいのに」「次のオリンピックを目指せばいいのに」とは随分いわれました。でも僕自身は興味がないんです。もちろんスノーボード自体は大好きですし、今後も趣味として続けていきたいと思っていますが、それを一生の仕事にしたいとは思えないんです。ですから、こんなことをいうと生意気だと思われるかもしれませんが、僕にとってはオリンピックもあくまで通過点でした。

プロスノーボーダーとして世界に転戦していましたが、各国でサブカル方面での交流はあったんでしょうか。

スポンサー契約などの大人の事情で、基本的にアニメ好きであることは隠さなくちゃいけない状況だったので、交流はまったくありませんでしたね。ただ、フランスで行われているジャパンEXPOだけは行きました。当時はまだ会場で日本人の姿を見かけることもなかったんですが、コスプレなどのレベルも高いし、ポイントを押さえているし、見ていて「分かってるなぁ」と思いました。日本国内ではアニメソングがオリコンチャートの上位に食い込むことも多くなりましたが、アニメを見ない人はそのヒット曲がアニメソングであることを知らなかったりするじゃないですか。もっと日本人自身がアニメを理解して、世界に誇れる文化として発信していければいいなと思います。また、アニメから発信される夢や希望が多くの子供たちに良い方向に影響されたり、大人になって忘れかけていた大事な何かを思いだしたり、日本に限らず、世界の人々にアニメの良さ、サブカルチャーのすばらしさが伝わってくれればと願っています。……ちょっと大きなことをいいすぎちゃったかな(笑)。

Information
★これからを担う新人アーティストを盛り上げる! 
成田童夢さんがサポートMCを担当
アニソン人気がぐんぐん加速する!! 
これからの時代を担うアーティスト、アイドルやアニソン、アニメ声優などが大集合するライブ。司会に、歌手のmanzoさん、サポートMCに成田童夢さんが登場する。
 
「未来派演芸場」
2012年3月4日(日)OPEN:12:00/START:12:30/ED:15:00 
チケット価格:前売り3,500円 当日4,000円
 
チケットはローソンチケット、アストロホールにて好評発売中!
お問い合わせは LMPプロモーション株式会社 03-6804-9392 まで。

 

 

   

ページの先頭へ戻る