応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_019_eyecatch

神谷浩史

アニメはもちろん、ラジオ、ナレーションからイベントまで、まさにマルチにこなす神谷さんからのメッセージ。実力とキャラクターの両方を確立する神谷さんから、学校を選ぶときのポイントなど、親身なメッセージを伺いました。

プロフィール

かみやひろし……1月28日生まれ。青二プロダクション所属。主な出演作は、アニメ『さよなら絶望先生』シリーズ(糸色望)、『化物語』(阿良々木暦)、『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』(タタラ・フォロン)、『夏目友人帳』(夏目貴志)、『機動戦士ガンダム00』(ティエリア・アーデ)、『マクロスF』(ミハエル・ブラン)ほか。

vol.1 声優の仕事は多岐にわたっているから、自分が「どうしたいのか」が大事になってくると思います。

声優をめざす方たちへ、応援メッセージをお願いします。

応援はしたいのですが、アドヴァイスをするのって、むずかしいんですよね。正直、「こうすればいいよ」という決まった方法は、ないんですよ。極端な話、「今日から私は声優です」と言った時点で、誰でも声優になれるわけですから。ですから大事なのは、「声優になる!」と言ったときに、自分で“そのハードルをどこに設定するか”だと思います。いちばん低いハードルなら、自分の声をマイクで録ってネットにあげて、このアドレスまでご連絡いただければ参上します、という形でも、声優になれるわけです。そうではなくて、プロダクションに所属して、声優雑誌に出るような人になりたい、と思うなら、また話は違ってきますしね。

具体的なアドヴァイスは、しにくいわけですね。

そうですね。とくに今は、声優という仕事が、すごく多種多様にわたっているので、「何をすればいいか」というのは、本人が「どうなりたいか」によると思うんですよね。声優って、昔はもっとスペシャリストの観が強くて、ピンポイントだった気がするんです。声だけで、アニメーションとかラジオドラマ、CDドラマ、CM、外画の吹き替えをする仕事、という感じで、わかりやすかった印象がある。でも最近は、たとえば『声優グランプリ』さんに出させていただくお仕事にしても、衣裳を着て撮影して、アニメ作品を宣伝するための役割も果たして、コメントを言うこともありますし。女性声優さんでも歌手としても活動して大会場をいっぱいにする方もいる。本当に多種多様なんです。

幅広いお仕事をされていますが、「声優」の仕事をひとことで言うと?

僕は、声優の仕事って、あくまでも“声のプロ”だと思います。たとえば歌手としても活躍されている方も、声のプロだからこそ、声を芯にして、歌を歌える才能を発揮しているんだと思うんです。僕も番組や雑誌やイベントで、顔出しのお仕事をすることもありますが、それもすべて、声に特化していった結果、仕事が広がってきた、ということだととらえています。ですから、「声優になりたい」イコール「有名になりたい」、人前に出て拍手されたい、と思うのだとしたら、それはちょっと違うかもしれないな、とは思いますね。

(取材:2009年)

ページの先頭へ戻る