応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_021_eyecatch

中原麻衣

「シャチに乗って海を旅したい」と思い、声優を志した中原麻衣さん。 でも声優になるよりもなった後のほうが大変だとか。声優をアルバイトでなく本職にするために・・・・・・。親身なメッセージをチェックしよう!

プロフィール

中原麻衣●なかはらまい……2月23日生まれ。アイムエンタープライズ所属。福岡県出身。AB型。主な出演作は、大正野球娘。(小笠原晶子)、グイン・サーガ(リンダ)、鋼殻のレギオス(フェリ・ロス)、ティアーズ・トゥ・ティアラ(モルガン)、CLANNAD(古河渚)、宇宙をかける少女(神楽)、かんなぎ(大河内紫乃)、ひぐらしのなく頃にシリーズ(竜宮レナ)、天の覇王(レイナ)ほか多数。

vol.1 教えてくれることは同じでも、直すところは同じじゃないから自分で気づかなくちゃ成長できないですよね。

声優になりたいと思ったきっかけは?

もともとアニメがすごい好きで、よく見ていたんです。その中でもハウスの世界名作劇場をよく見ていて、小4くらいのときにやっていた『七つの海のティコ』という作品をきっかけに『声優』という仕事に興味がわいてきました。

声優デビューはいつですか?

19歳のときです。最初にやったお仕事は、顔出しでした。養成所に入って1年勉強して、2年目に事務所に所属させていただきました。そのときにいただいたお話が、養成所の『声優レッスンビデオ』の出演でした。それが私の初仕事です。ほぼすっぴんでやっています(笑)。そのすぐあと位にグラビアやラジオ、ゲームなどのお仕事をやらせていただきましたが、アニメのお仕事をいただけたのはデビューして1年くらい経ってからなんです。

声優になるためにどんな勉強をされましたか?

高校のときに演劇部に入っていたわけではないので特別な勉強は全くしていなくて、だけど体力は必要だろうということで、学生時代は腹筋を毎日していました。養成所に入って教えていただいたことが勉強の全てです。だけど現場に出て、学ぶこともとても大きいですね。
人から聞いているだけだと分からないけれど、一回自分でやってみて「あっここがダメなんだ」「ここをもっとこうしたい」って思って努力して勉強していくとどんどんステップアップできるんじゃないかな、って思います。教えてもらうことって万人に共通なことを教わるけど、万人が万人、同じじゃないから自分で気付かなくちゃ成長できないですよね。

今後の目標を教えてください。

この仕事がすごく好きだし、楽しいので、ずっと続けていきたいなというのが長い目で見たときの目標です。
あとは、「この役は中原にお願いしたい」と言われる人になりたいです。

声優の仕事の魅力を教えてください。

自分が「なりたい」って思った魅力と同じじゃないでしょうか? 私の場合、「シャチに乗って海を旅したい」って思ったんです。だけど、現実では絶対できない。そのできないことをアニメの中ではできてしまうということが衝撃的でした。そういうのって魅力的ですよね。

(取材:2009年)

Information
中原麻衣オフィシャル!

 古河渚役で出演の『劇場版CLANNAD』のDVDが絶賛発売中!! 中原麻衣オフィシャルファンクラブ『マーブル*スコープ』では、只今新規会員を募集中。麻衣ちゃんとの楽しいイベント、CD会報、携帯サイト会員専用ページなどなど、ファンクラブ会員限定の特典がいっぱいです。詳しくはマーブル*スコープ携帯サイト内(http://marble-scope.jp/)「マーブル*スコープ入会のご案内」を見てね。ご入会に関するお問い合わせは……マーブル*スコープ事務局(mai@imenterprise.jp)まで

ページの先頭へ戻る