応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_024_eyecatch

たかはし智秋

マイケル・ジャクソンになりたかった幼少時代。たかはし智秋さんが声優を目指すキッカケや声優業界について語ってくれました♪

プロフィール

たかはし智秋……5月8日生まれ。フリー。主な出演作はTVアニメ『ヤッターマン』(オモッチャマ、ネエトン)、『BREACH』(灰猫)、ゲーム 『THE IDOLM@STER』(三浦あずさ)、海外ドラマ『ゴシップガール』(ナレーター)ほか。

Vol.1 10年ぐらいでやっと新人というような世界。これって、本当に職人技だなって思います。

この世界に入るキッカケを教えてください。

実は小さい頃、マイケル・ジャクソンやマドンナになりたくって、ビニールプールでセクシーポーズをしちゃうような、ちょっと変わった子だったんです。今とやっていること変わらないんですけど(笑)。だけど、そんな感じで小学校に行くと浮いてしまっていじめられるようになってしまって。で、いじめられないようにするためにどうしたらよいんだろうと考えて、私はマンガとかテレビで流行っているものまねを頑張って練習したんです。その中で、自信のあるものをみんなの前でやってみると、「わぁ、似てる!」と注目されるようになって。いじめられっ子から一気に人気者に変わることができました。それをずっとやっていくうちに、パフォーマンスで食べていけるようになりたいと思ったんです。芸事以外の道は考えられなかったですね。

声優の世界で必要なことは?

声優さんって大きく分けると、2パターンあると思うんです。地声がすごく魅力的な人と、色んな声が出せる人。私は多分後者だと思います。また、声優という職業はすごく厳しい世界で、独特の器用さが必要です。例えば5人画面に出ていても3つしかマイクがない、というときはマイクを譲り合って使うし、絵に口を合わせ、ハートをこめて芝居をして、ページをめくる音も気をつけて…。滑舌だって、しゃべっている本人の姿が直接見えているわけではないので、明確に発音しないと伝わりません。なので、とても練習や慣れが必要だと思います。10年ぐらいでやっと新人というような世界。これって、本当に職人技だなって思います。

厳しい世界ならではの苦労なども多いのでは?

そうですね、芸暦が今、約12年でようやく新人になれた私は、「生徒A」役のような一からの叩き上げで、這い上がる気持ちでお仕事をさせていただいてきました。声優は、さっきも言った通りすごく技術が必要で、面白いものでないと子供も夢中になってくれない。だから常に楽しくて、素敵な作品を提供したいと思っています。それにはやっぱりきちんと勉強することが大切ですね。

技術を持った若い人たちに入ってきてもらいたいですね。

アニメに詳しくなくてもゲームができなくても声優という仕事が大好きという気持ちがあれば頑張れると思います。もちろんゲームやアニメが好きで、そういった分野で色々語れると、ラジオやイベントなどで自分をアピールする場所があるとは思います。だけどそれだけじゃ声優とはいえないのではないかと私は思います。

(取材:2009年)

Information
ゴシップガールがリリース開始!キャラクター

たかはし智秋がナレーションのゴシップガール <ファースト・シーズン> Vol.1が
リリース開始! 


ページの先頭へ戻る