応援メッセージ

第一線で活躍する声優から頑張るあなたへの応援メッセージ!


message_026_eyecatch

阿部敦

アツいヒーローがよく似合う阿部敦さんが、声優を目指したキッカケから、この世界にはいるキッカケまでを教えていただきました!

プロフィール

あべあつし・・・・・・3月25日生まれ。賢プロダクション所属。東京アナウンスアカデミー出身。主な出演作品はアニメ『とある魔術の禁書目録』(上条当 麻)、PS3web『亡念のザムド』(竹原アキユキ)、『しゅごキャラ!』シリーズ(相馬空海)、ドラマCD『GRACE DOOR』(櫻井アニス悠)他 多数。

Vol.1 声優を目指すなら、今がラストチャンスに思えたんです

声優を目指したきっかけは?

もともとお芝居が好きで、学芸会とか小学生のころ、すごく楽しみにしていたんです。それにアニメも好きだった。僕、アニメのキャラクターが喋っているんだと思っていたんです。映画とかでも、キレイな日本語を喋る外人だなぁって(笑)。だけど、「声優」っていう人がいて、声を出しているってわかって、すごいな、なれたらいいなって。
 進路とかを真剣に考える時期になって徐々に、声優を意識しました。でも、大学は声優とは全然関係ない四年制大学の経済学部でした。そんな中でも、ずっと芝居には関わっていたんですよ。中学からずっと演劇部に所属していて、大学を卒業してもしばらく芝居に関わっていない日はないんじゃないかっていうくらい。
声優という仕事にちゃんと向き合ったのは、大学4年頃かな。就職活動の雰囲気が大学中に漂っているのに、僕は何もやっていなかった。真剣に自分の将来を考えたときに、声優を目指すなら、今が最後のチャンスのように思えて。それで、バイトしながら東京アナウンスアカデミー(TAA)に通い始めました。

プロダクションにはどうやって入りましたか?

声優ってどうやってなるんだろう、みたいなところからスタートしているので、何も分からなくて。当時通っていたTAAで合同オーディションがあって、そこで賢プロに引っ張ってもらったという感じですね。

デビューのきっかけを教えてください。

アニメデビューは「コヨーテラグタイムショー」っていうアニメで、役名もついた役でしかも大塚芳忠さんとの絡みもあって、うれしい反面、すごいところにきちゃった! って。その現場には僕しかいなかったのに、マネージャーもわざわざ顔を出してくれて、「頑張って」って言われて何とか乗り切りました。

(取材:2009年)

ページの先頭へ戻る