声優道

超ベテラン声優からあなたへ、声優になるための極意を伝授します。


road_001_eyecatch

柴田秀勝の声優道

自身が運営するプロダクション『RME』でも多くの声優を指導されている名優・柴田秀勝さんが語る“声優道”を、3回に分けてお送りします!

プロフィール

柴田秀勝 しばたひでかつ……3月25日生まれ。青二プロダクション所属。主な出演作はアニメ『マジンガーZ』あしゅら男爵、『NARUTO-ナルト-』の3代目火影ほか多数。テレビ『水戸黄門』ナレーション。ドキュメンタリー映画のナレーションで文部大臣賞、通商産業大臣賞受賞。
 
RME公式サイト

① 声優になりたい人たちへ~はじめに~

はじまりはタ行を克服したい一心で

柴田秀勝私は小さい頃からタ行がうまく言えなかったんです。いつも「タタタッ」って言葉がつまっちゃてね……。麻布中学にバス通学をしていた時も大変でした。昔は乗車すると、首から鞄をぶら下げた車掌さんに行き先を伝えて、切符を買うという規則があってね。帰りは麻布から乗るでしょ、家は虎ノ門。でもタ行が出てこないから「虎ノ門まで」って言えない。次は田村町。これまたダメで、結局、毎日新橋まで行って二駅歩いて戻るんですよ(笑)。そんなふうだからタ行を克服したくて、中学のときから演劇部に入部したんです。そこで先生がおっしゃるには「歌えば、言葉はつかえない。歌舞伎のセリフは歌うようなリズムがあるから、演劇が好きなら歌舞伎を勉強できる日本大学芸術学部に行ってみたら……」ということで日芸に入りました。。

 

『タイガーマスク』ミスターXが声優のスタート

大学卒業後は歌舞伎界へ進むつもりでしたが、就職先に決めていた関西歌舞伎が倒産しテレビの世界へ。『熱血カクタス』という番組に出て、白い馬にまたがりギターを背負い、ヒーローをやっていたんですよ(笑)。それでも、セリフにタ行があると苦労しましたね。 しばらくすると青二プロダクションの現会長から「声専門のプロダクションを始めたいから、いっそのこと声優の専門家にならんか」と言われてね。声優・柴田秀勝の誕生です。
まずは『タイガーマスク』ミスターXの話がきました。決まり文句は「フッフッフッ、タイガーめ」ですよ。またタ行(笑)。でもね、ふくみ笑いからいくタ行だからリズムにのれたというか、とにかく初めてタ行を克服できました。それからは精神的にも余裕が出たんじゃないかな、どんな役がきても大丈夫。今は平気でナレーションまでやるようになっちゃいましたからね。

40年たってから、歌舞伎の経験が活きた

数年前には『水戸黄門』のオーディションを受けて、ナレーションをやることになりました。あの七五調の語りは、40年前に歌舞伎でさんざんやってきたもの。だからこの業界で七五調を読ませたら俺の右に出るやつはいないといった自惚れもありました。でも40年もたってから役立つとは、夢にも思いませんでしたよ。役者は、体験することすべてに無駄になることは何ひとつないんです。みなさんも、声優の専門学校や養成所に入る前にやるべき心構えとトレーニングがたくさんあります。次回はそれをお教えしましょう 。

先輩から学ぼう!

声優相談室、柴田がカツ
最強声優データベース、声優名鑑

ページの先頭へ戻る