声優道

超ベテラン声優からあなたへ、声優になるための極意を伝授します。


road_032_eyecatch

戸田恵子の声優道

『それいけ! アンパンマン』ですっかりおなじみの戸田恵子さんは、俳優業から声優業まで、演じる仕事のプロフェッショナル。経験とイマジネーションに裏打ちされた演技力こそ、声優の最大の武器だと戸田さんは言う。それさえあれば、顔が濡れても力は出るぞ!

プロフィール

戸田恵子 とだけいこ……9月12日生まれ。愛知県出身。ルックアップ所属。主な出演作品は、アニメ『それいけ! アンパンマン』(アンパンマン)、『機動戦士ガンダム』(マチルダ・アジャン)、『キャッツ・アイ』(来生瞳)ほか。また、アニメ作品以外では、ジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどの洋画の吹き替えも担当。その他女優としても、多数のテレビドラマや舞台で活躍している。

②声優になるのに、いい声である必要はない!

どんな声にも役はある。 誰でも声優に向いている 

  よく、声がいいとか、声が悪いとか言うじゃないですか。「声がいいから声優に向いてるよ」とか「声が悪いから声優なんて自分には無理だ」とか。でも、そんなことはあり得ない話です。いい声のキャラクターばかりが登場する作品とか、想像できますか? だいたい、いい声というのはどんな声のことなんでしょう。たとえどんな声であれ、そういう声の人がいるということは、そういうキャラクターがいるということ。声が悪いからといって声優に向いていないなんてことはありませんし、そもそも、悪い声というのもおかしな話です。だから、これから声優を目指そうとする人には「声が悪いから……」と諦めてほしくはないですね。

それよりも声優として大切なのは、どれだけさまざまなことに努力できるかだと思います。経験や知識が自分の引き出しを増やし、演技の幅を広げてくれます。だから、どれだけ経験し、どれだけ知識を得るかということが、演技者としてとても大事な要素になってくるはずです。もしかしたら、最後にはセンスの勝負になるかもしれません。ですが、そこに至るまでの努力というのは誰にでもできるもの。そして最終的に、センスで劣ることはあるかもしれませんが、そこまで到達したときに、人は何者かになっているのではないでしょうか。

いい声なのか、悪い声なのか。そんなふうに声だけにとらわれてスタートが切れないのは、とてももったいないことです。せっかく興味が向いたのであれば、何はなくとも一歩踏み出してみることが大事。目標を持てるということは、それだけでとても幸運なことかもしれないんです。むしろ、「声なんて二の次だ」くらいのつもりでいてほしいなと思います。いちばんは、なんと言っても芝居の力なんですから。
  

仕事をするということは、人とかかわっていくこと

戸田恵子

また、とにかく大切なのは人とのかかわりですね。仕事となると周囲にはたくさん人がいるわけですが、「人とうまくいっていないのに、仕事だけがうまくいっている」などということは、まずありません。人付き合いが苦手だったり、臆病だったりする人もいるかもしれませんが、このあたりは、仕事をしていくうえではとても大事なことだと思います。
 私は、いきなり声優の世界に入りましたが、現場で仕事をしている方々を見て、仕事の仕方や、仕事に対する向き合い方を学んできました。

いったいどんな距離でマイクに向かったらいいのか、スタジオでどこに座ればいいのか……。そんなことも分からないド素人だった私が今でもこうして声優として演じ続けていられるというのは、周囲の皆さんとのかかわりがあったからだと思いますし、いまでもその出会いには感謝しています。
私は子役からスタートして、ずっとこの道を今まで歩んできました。人とは少し違った生き方かもしれませんし、実際にそう言われることもしばしばあるのですが、だからと言って「自分は人と違う世界にいるのだ」と考えたことはありません。
今は、私がスタートした時代とは違い、声優の養成所や学校もたくさんあり、技術はそこで教えてもらえます。新人の声優さんなどでも。しっかりとした技術を身につけているなと感じさせられます。ですから、そういった技術的なものプラス、経験や知識に支えられたイマジネーション、そして人とのかかわりなどといったことも、よりしっかりと意識しておくべきだと思うのです。そういったことは、自分で意識していかないと、身につきませんからね。
これから声優を目指す人たちには、まず、芝居の力を身につけること。そして、自分の「声」を最大限に活かし、自ら何を発信し、その「声」で何を表現するか、たくさんの人との出会いの中できっと学ぶことができると思います。すべては出会いです。 

先輩から学ぼう!

声優相談室、柴田がカツ
最強声優データベース、声優名鑑

ページの先頭へ戻る