声優道

超ベテラン声優からあなたへ、声優になるための極意を伝授します。


_DSC6803_atari

冨永みーなの声優道

5歳のときに子役としてスタートし、後に声優へと転身。“アイドル声優”のはしりとしてラジオや歌、イベントなど幅広く活躍。そして国民的アニメ「サザエさん」のカツオ役をはじめ、数多くのキャラクターを演じてきた冨永みーなさん。彼女がこれまで歩んできた声優道を、全3回のトークでお届けします。

プロフィール

冨永みーな とみながみーな・・・4月3日生まれ。俳協所属。主な出演作は、アニメ『サザエさん』(カツオ)、『それいけ! アンパンマン』(ロール・パンナほか)、『スマイルプリキュア! 』(マジョリーナ)、『めぞん一刻』(七尾こずえ)、『地獄先生ぬーべー』(細川美樹) ほか多数。

①5歳から子役になり、毎日が遠足みたいな感覚に!?

5歳から子役になり、毎日が遠足みたいな感覚に!?

私の場合、子役がスタートで、5歳のときに『鯉がいる村』という映画に出たことがこの道の始まりになりました。その後に劇団こまどりという児童劇団に入って、ドラマやCMのお仕事を始めました。声のお仕事は、7歳のとき、NHKで放送していた洋画『大草原の小さな家』のアテレコが最初です。まだ小学生だったので、ヘッドフォンを劇団の先生が代わりにつけて、私は肩を叩かれたらしゃべるように言われていました。マイクにも届かなかったので、箱の上に乗って……という風にやっていましたね。

 当時は子役の出る作品が多かったんですよ。『ベンジー』に『禁じられた遊び』、『サウンド・オブ・ミュージック』、それにテータム・オニールの『ペーパームーン』……洋画はたくさんやらせていただきました。それまでは大人の女性の方がやられていたのを「実年齢の子供にやらせてみよう」という業界の流れもあったようで、タイミングが良かったみたいですね。

 アニメーションの方はもう少し後で、小学校5年生のときでした。カルピス劇場の『あらいぐまラスカル』のアリスという女の子の声をやったのが最初でしたが、その時代に、実年齢に近い人がアニメの声をやるというのは珍しかったと思います。

そんな風に始まって、ある意味、もうずっとこの世界でお仕事をさせていただいています。当時は幼かったので、特に「芸能界に入りたい」という意識はなかったんですが、お仕事の現場はとても楽しかったです。朝、集合場所に行って、現場までバスに乗って……というのがね。毎日が遠足みたいな感覚だったんですよ。

 児童劇団ということもあって、先生が「学業優先」という方針を貫いてくださったのはありがたかったですね。始業前の早朝に現場に行って、学校が終わってからまた現場に戻るという感じでした。洋画の吹替えも土日がメインだったので、学校にはきちんと通えました。周囲の子たちにも「こういうお仕事をしているから」と見られたくなかったので、勉強も頑張っていましたよ。宿題をやっていかないなんてあり得ないって思ってた。撮影や収録の合間にロビーで宿題をやっていると、大人の人たちに「あらら、宿題?」なんてからかわれたりして……。でも「好きなことをやめたくないから、(勉強も)きちんとやらなくちゃ」って思っていましたね。

 本当に、このお仕事が好きだったんだと思います。大変とは思わなかったですね。浪川大輔くんや坂本真綾ちゃんが同じ劇団の後輩にあたるんですけど、同じようにやってきた仲間が同じ声優界にいてくれてうれしいです。

学生が終わったとき、「この道で歩んでいこう」と決意を

_DSC4131_thumb 私が高校生のときにアニメブームになって、それまでの人生で一番多くアニメーションのお仕事をやらせていただきました。まぁ、これからの人生でもあるかもしれないけど(笑)、 この時期には本当にいろんなことをやらせていただいたんです。ラジオのパーソナリティをやらせていただいたり、歌を歌わせていただいたり、イベントにも出演させていただきました。また、そういうイベントに出ると結構しゃべる方だったので、「司会をやったらいいんじゃない?」と言われて司会も務めることになったり。この頃はお仕事が一気に広がった時期ですね。それが23歳ぐらいまで続きました。

 今のアイドル声優さんとは比べものにはなりませんけど、いろいろやらせていただきました。『声優グランプリ』さんにも出させていただきましたし。何だかこそばゆいんですけど、今思うと、私もアイドル声優だったのかな? って(照)。もちろん当時は、アイドルのつもりだったわけじゃないですけどね。「I’m 20」とかって歌も歌っていたし、今、振り返ると良い思い出です。

 子役をやっていた小学生の頃から、仕事に対しては当然甘えが許されなかったし、そういう意味では大人だった部分はありますね。だからこそ「学生生活は楽しもう」みたいな気持ちがあって。周囲の友達とも良い関係でいられたし、特別扱いというのもなかったです。部活動には入っていなかったので、そういう時間を友達と過ごすことはなかったけど、私には、仕事が部活動みたいな感覚でした。

 高校卒業後は、日大の芸術学部 映画学科の演技コースに進みました。私、大学に入ったらもっと遊べるんじゃないかって思っていたんですよ。サークルとかそういう集まりに参加することが多くなって……みたいなことに憧れていたんです。でも現実は、実技が多くて、(授業を)休みがちになってしまって。仕事と大学のバランスがうまく保てなくなってしまいました。先生方も私に何とか単位を取らせようと応援してくださったんですけどね。

 私がいたのは演技コースですから、周囲は“これから役者になりたい人たち”なわけですよ。みんなは卒業してから芸能の仕事をしたくて学校に来ている。でも、私はお仕事をしながら学校に通っていて、「何で、もう仕事をしている人が学校に来ているの?」という疑問を投げかけられることもありました。自分でも「私は何なんだろう?」と思ってしまって、結局2年生のときに断念して大学を辞めました。

 そのとき“学生”じゃなくなって、「じゃあ、私の肩書きって何だろう?」と初めて考えたんです。それまでは声優とか役者という肩書きの前に“学生”という肩書きがあって、そのことに助けられていたというか、“学生”でいさせてもらっていたんだなって、そのとき気づきました。子供の頃からずっとお仕事をしてきた私ですが、初めて「この道で歩んでいこう」という決意みたいなものが生まれたのは、このときだったと思います。

先輩から学ぼう!

声優相談室、柴田がカツ
最強声優データベース、声優名鑑

ページの先頭へ戻る