声優道

超ベテラン声優からあなたへ、声優になるための極意を伝授します。


5189

高木渉の声優道

NHK大河ドラマ『真田丸』への出演が話題となった高木渉さんは、デビューから30年近くになるベテラン声優。『名探偵コナン』『ゲゲゲの鬼太郎』『ドラえもん』など誰もが知っている国民的アニメにも出演し、今や声優界になくてはならない存在の高木さんは、どのようにしてこの世界に飛び込んできたのでしょうか?

プロフィール

高木渉 たかぎわたる…7月25日生まれ。アーツビジョン所属。1988年、TVアニメ『ミスター味っ子』で声優デビュー。代表作は、『名探偵コナン』の小嶋元太役・高木刑事役、『ワンピース』のベラミー役、『忍たま乱太郎』の平滝夜叉丸役、など。アニメのほか、洋画吹き替えや舞台でも長く活躍してきたが、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の小山田茂誠役で映像作品への初出演を果たした。

③大河ドラマへの出演が恩返しになればと

大河ドラマへの出演が恩返しになればと

 声優も今やアニメや洋画の吹き替えやナレーションのほか、ラジオのパーソナリティ、歌手、イベント、ゲーム、舞台、バラエティ番組や執筆など、さまざまなジャンルで活躍するようになりました。これから声優を目指していく人たちはもっともっと広い世界に進出していくことになるんでしょうね。そこには何かしら新しい出会いがあるでしょうし、いろいろやってみて自分に合ったものを続けていければそれでいいんですから、何でもやってみたらいいと思います。

5145 僕は、大河ドラマ『真田丸』に出演させていただきましたが、僕にとって大きな転機となったのは2009年にNHKで放送された連続人形活劇『新・三銃士』でした。三谷幸喜さんと初めてお仕事させていただいた作品です。そこからPARCO劇場での三谷版『桜の園』への出演、そして再びNHKの人形劇『シャーロックホームズ』でお仕事させていただき、そのときに「来年の大河で、高木くんに合う役があるんだけどやってみないか?」とお誘いを受けました。僕にとってはゆっくりとした時間の中で、何かひとつずつ新しいことを挑戦させてもらえている、そんなとても有意義で刺激的な時間でした。

 声優である前に俳優であれという意味では、声優の世界と映像の世界はともに演技をするという意味で同じだと思います。でも実際は収録の仕方が違うので、何もかもが初めての体験でした。これは僕の個人的な考えですが、1本の作品が作られていく過程で、声優の仕事というのは9割方映像ができあがってからの仕事、洋画に至っては完成された作品を日本語に吹き替える仕事ですから、また少し意味合いが変わってきますが最後のほうです。一方、映像の世界はひとつのシーンでもさまざまな方向から撮影をして素材を作って、そこからいろいろと編集されて作品ができあがるので、役者の仕事としては製作過程の中でも前半のほうに位置していると思うんです。

 しかも最終的にどの映像が使われるかわからないし、今の僕にはどんなふうに自分が映ってるかもわからないので(笑)、いつも撮影時に気が抜けません。精神的な持久力も必要とされる仕事だと思います。さらに、アニメや洋画は感情表現もすでに絵の中にあるので、いわゆる合わせるという仕事をします。やってみるとけっこうこれが難しいもので、演じる声優によっても違ってくるので奥深いものですが……。収録時間も30分ものアニメでだいたい2、3時間、洋画のような長尺でもだいたい1日で全ての収録を終えてしまいます。膨大なセリフを口パクの尺に合わせるという仕事をするので台本は基本いつも手に持っています。

 一方、映像の世界はまずセリフがしっかり頭に入っていないと仕事にならないし、相手の役者さんともその場で芝居を作っていきます。技術スタッフさんも大勢いるなかで、微調整を繰り返しながら、ときには台本1ページを1時間くらいかけて撮影していきます。スタジオだったりロケだったり、時間も朝早くから夜中まで撮影しているのでとても根気のいる仕事です。同じ集中力と瞬発力、持久力が必要な世界だとは思うのですが、それぞれに違う部分を鍛えなければできない仕事だと感じます。

 僕は、49歳にしていろいろな新しい経験をさせていただいてます。不器用なのでうまくできなくてへこむことも多いですが、恵まれた環境にいる幸せ者です。少しずつでも自分の中でつねに前進していたいと思ってます。好きこそ物の上手なれです。これから役者を目指そうとしている人たちも一生懸命やっていれば自然と自分の進むべき道は見えてくるような気がします。僕も、応援してくれている声優業界やファンの皆さんに、がんばっている姿を見てもらって恩返しができたらと思っています。

先輩から学ぼう!

声優相談室、柴田がカツ
最強声優データベース、声優名鑑

ページの先頭へ戻る