ただいま修行中

スクールでばりばり修行中の先輩たちから、あなたへの貴重なアドバイス


training_002_eyecatch

遠藤亮さん vol.2

どんなことでも経験しないと気がすまないという遠藤さん。そういう性格が演技の上でも非常に役立っていると痛感する毎日です。

スターワールド学院
声優コースSクラス

声優になりたいと思い始めたのはいつごろですか?


小学校の5年か6年のときですね。『ドラゴンボール』とか『スラムダンク』とか『るろうに剣心』とか、とにかくアニメが大好きで昔から見ていたので、声優という仕事があると知ったときから、友達と「声優になってみたいね」というような話をしてたんです。そのときは職業としてやってみたいではなくて、あくまで声優体験みたいな軽い気持ちだったと思うんですけどね。声優の養成所に入ったのは中学2年の終わりです。新聞に載っていた声優養成所の入所案内を見つけて、母に「やってみたい」と相談したんですよ。小さいころからそうなんですが、何かやりたいと思ったことは経験してみないと気が済まないタイプなんですよ。好奇心が旺盛なんですね。それでオーディションを受たら受かったので、週1回養成所に通うことになりました。

初めてレッスンを受けてみたときの印象は?

養成所写真

最初はとまどいばかりでした。演劇の経験なんてそれまでまったくなかったので、「こんなことをやるんだ」「こういうことまでしなくちゃいけないのか」という驚きの連続で、つくづく大変な仕事なんだと思いました。アニメを見ている立場からすると、ただ絵に合わせてしゃべればいいみたいに甘く見ていたんですよね。こんなことで自分はやっていけるんだろうかと悩んだこともあります。

その後、現在までどんな経験をされたんでしょうか。

最初の養成所にいたのは2、3年でした。養成所で学ぶことはどこもそう変わらないと思うんですが、養成所によって環境や雰囲気が違うし、自分に合う合わないっていうのがあるんじゃないでしょうか。僕は最初にそういうことをまったく知らないまま入ってしまったので、この養成所にいても自分の将来がよく見えないなと感じ始めて、思い切ってやめることにしました。それから別の養成所に通ったんですが、基礎が終わって声優コースや歌手コースなどに分かれるとき、声優コースを選択したら自動的にスターワールド学院に入ることになったんです。それから現在まで、7年ほど通ってますね。

入最初に「声優経験をしてみたいというような軽い気持ちで始めた」とおっしゃいましたが、声優を一生の仕事にしたいと決意されたのはいつごろの話なんでしょうか?

高校卒業のときに、親の薦めもあって大学に進学したんですが、元々勉強が嫌いだったこともあって嫌で嫌でたまらなかったんですよ(笑)。そのほかにアルバイトをして養成所に通ってという毎日を続けていたら、精神的に追い込まれてしまって、養成所のことが手につかなくなっちゃったんです。そこで、本当に自分がやりたいことは何なのかっていうのを考えて、声優になるしかないという覚悟を決め、大学は辞めることにしました。親を説得するのにかなり長時間の戦いになったんですが、僕が自分で決めたことは曲げないタイプなのは親も知ってますし、最終的には「そこまでいうなら」という感じで折れてくれました。

すでに舞台には何度か立っていらっしゃいますが、どういう経緯で出演が決まったんでしょうか? 

養成所写真

大学を辞めてから「自分の力を伸ばすためにはどうすればいいか」と考えて、とにかくさまざまな経験を積んだほうがいいだろうと思ったんです。そんなときに会った知人に「舞台に立ちたいんです」と話したら、劇団関係者を紹介してくださったんですよ。ちょうどその劇団が舞台を控えて客演オーディションを行っているときで、とんとん拍子に出演が決まりました。それから4本くらい立て続けに舞台に立ったんですが、やっぱり生でリアクションが得られるというのは貴重な体験ですね。舞台が終わるとすごく達成感があって、すっきりするんですよ。初めて舞台に立ったときに、劇団の代表の方から「初舞台とは思えないくらい度胸があるし、基礎がしっかりしてる」とお褒めの言葉をいただいたのもうれしかったですね。

今後してみたい経験、将来なりたい声優像などはありますか。  

できることは何でもやりたいですね。どんな経験でも演技に不必要なことはないと思ってますし、機会があれば顔出しのお仕事もしてみたいです。ただ、舞台に出ることになると、どうしても養成所のレッスンを休まなくちゃならなくなるので、今は舞台はちょっとお休みしてます。理想の声優さんは、山寺宏一さん、戸田恵子さんですね。声優としての仕事のほかに顔出しのドラマにご出演なさったり、モノマネ番組のようなバラエティでも活躍できる実力があるのはすばらしいことだと思います。そのための努力には大変なものがあるだろうとは想像できるんですけど、やりたいことのための努力なら苦にならないので、理想に向かって頑張っていきたいと思ってます。

声優になりたいと思っている後輩へのアドバイスとして、声優になる上で一番大切だと思っていることを教えてください。


とにかくやる気、気合いです。やる気になれば何でもできるんじゃないでしょうか。もちろん運やタイミングといった問題もあるとは思いますが、要は自分がどれだけやりたいのかという気持ちの問題だと思うんですよ。逆にいえば、気持ちがなければ何も始まらないでしょうね。あと、僕自身は好奇心が旺盛なタイプなんですが、これはすごく演技に役立ってると思います。どんなことにでも興味を持って自分の中に取り入れるように意識して毎日を過ごすことが、自分の成長につながっていると思います。僕自身もそういう感覚をいつも磨いていたいですね。

(取材:2008年8月3日)

おすすめの学校

1

城西国際大学

大学・短大・高校(通信含む)

幅広い専門性を身につけ、産学連携のもと、時代と社会のニーズに沿うメディア人材を8つの分野で育成します。
制作・演出専攻/映像の演出・プロデュースを学び、表現力を身に付けます。
映像技術専攻/撮影、照明、録音、編集、VFXなどの技術を学びます。
アニメーション・CG専攻/アニメクリエーターやCGの技術を学びます。
映像美術専攻/美術監督、美術製作に必要な表現力・造形力を学びます。
芸能・ステージ専攻/映画、テレビ、舞台などで必要となる表現力を身に付けます。
サウンド・音楽専攻/映画やライブなどで活躍できるサウンドクリエイターを育成。
コンテンツコミュニケーション専攻/作品を商品として世の中に送り出すスキルを育成。
グローバルメディア&シネマスタディーズ専攻/作品を世界に向けて発信できる人材を育成。

school_017_eyecatch

学校法人 東京芸術学園 音響芸術専門学校

専門学校(専修学校)

2017年4月。各学科をリニューアルし、教育内容をさらに充実させた音芸の「パフォーマーズ・ディビジョン」。元宝塚歌劇団の春風ひとみ副学校長をはじめ、初代鉄腕アトム役で知られる清水マリ、ハリー・ポッターシリーズやアニメ『BLEACH』等で声優としても活躍する俳優の斎藤志郎など、声優・演劇・音楽、各界のリーダー達が、バラエティに富んだ丁寧な授業を展開しています。

school_013_eyecatch

よこざわけい子声優・ナレータースクール

養成所・劇団・プロダクション

子供の頃に見た大好きなアニメの声優になりたい… 夢を諦めない人をよこざわけい子が応援します。

ページの先頭へ戻る