ただいま修行中

スクールでばりばり修行中の先輩たちから、あなたへの貴重なアドバイス


training_021_eyecatch

菅あやかさん vol.21

小さいころから負けず嫌いだったという菅さん。卒業公演の台本に書かれていた「できるできないじゃない。やるのよ!」というセリフを、座右の銘のように心に留めて毎日頑張っているそうです

総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ 声優専攻2年

菅さんが声優を志したきっかけは?

高校時代は演劇部に所属していたんですが、友人や後輩がみんな声優さんのファンだったんです。まったく声優さんのことを知らなかった私に、友人が聴かせてくれたのが鈴村健一さんのボイスCDで、「なんてかっこいい声なんだろう」と感動しちゃいました。それで鈴村さんのことを調べてみて、私が大好きだった『機動戦士ガンダムSEED』のシン・アスカを演じていた方だと初めて知りました。なんの予備知識もなく声を聴いただけなのに無意識に好きになるって、ものすごいことじゃないですか。ちょうどそのころ、私も演劇部でお芝居が楽しくなってきた時期だったこともあって、声だけですべてを表現するという声優の仕事に興味をもち、自分もやってみたいと思うようになりました。

声優を志望したことで、ご両親は何かおっしゃいましたか?

総合学園ヒューマンアカデミー

かなり反対されました。先が見えない職業ということもありますが、一番の理由は東京の養成所に通うだけのお金が出せないというものでした。単なるお金の問題なら自分で準備しようと思い、それから1年間アルバイトをして学費を貯めたんです。

 

両親はあまりいい顔はしませんでしたが、私の働いている姿を見たせいか、最終的には認めてくれました。今では「私達があやかのファン第1号だからね」とまでいってくれるんです。本当に両親には恵まれたなと感謝しています。

 

どうしてヒューマンアカデミーに入学しようと思ったんでしょうか?

初めは、高校を中退して高校卒業資格のとれる専門学校に行こうと思い、そういう条件でネットで検索しました。そのときトップに挙がってきたのがヒューマンアカデミーだったんです。実は、私はそのときまでヒューマンアカデミーの存在を知らなかったんです…。でも、私でも知っているような有名校だと集まってくる学生さんの数も多そうで、そういう学校だとのびのびと学べないんじゃないかという印象がありました。せっかく演技を学ぶなら、周囲に気を取られずにゆとりをもって自分自身と向き合いたいじゃないですか。ヒューマンアカデミーの事務局の方と電話でお話ししたときも、対応がとてもていねいで熱心な雰囲気が伝わってきたので、ヒューマンアカデミーに行くしかないと思って両親を説得しました。

そして山形から上京して入学したんですね。実際に入学してみた印象はどうでしたか?

入学直後は基礎練習が主になるんだろうなとは思っていたんですが、その基礎練からして高校の演劇部とはレベルが違いました。演劇部でそれなりに訓練してきたつもりだったんですが、そのせいで自分では気づかなかった変なクセがついていたこともあり、発声も滑舌も1からやり直さなければなりませんでした。高校時代はとにかく大きな声を出せばいいんだと思っていたんですが、お腹から声を出していないせいで喉に負担がかかっていたり、きちんとした腹式呼吸ができていなかったりしたんです。でも、基礎の基礎からていねいに教えていただいたお陰で、そういう欠点もクリアできました。

ほかになにか思っていたのと違ったことはありましたか?

1年の時は必修授業しかなかったので、物足りなさを感じていたんです。ただ、学校で授業を受けている時間ってそれほど多くないじゃないですか。受け取るものだけで満足していちゃダメなんだ、と気づいてからは代々木公園で発声や滑舌の自主練をしたり、マンガなどの作品を読んでキャラクターの気持ちを推測してセリフを音読してみたり、といったことをするようになりました。小さいころから負けず嫌いで、ほかの人ができることは自分もできないと気が済まないんです。そうやって頑張り始めてから、インターンシップのオーディションにもたくさん合格できるようになりました。

 

すでにインターンシップでいくつかの作品に出演されているんですよね。

 

総合学園ヒューマンアカデミー

最初に出演したのは『アスタロッテのおもちゃ!』というアニメ作品です。ほかにもラジオドラマCDやナレーションなどをやらせていただきましたが、プロの声優さんと同じスタジオに立てるアニメ作品の現場は勉強になりますね。自分でもかなり練習していったつもりだったんですが、実際にマイク前に立つと緊張もあって練習したことの半分も出せないんです。プロはここまでできるんだ、という凄みを感じました。学生のうちにこういう経験ができたのは、励みにもなりますし、本当にありがたいことだと思っています。

ヒューマンアカデミーの魅力はどんなところだと思いますか?

バラエティ豊かな授業が選択できるという魅力もありますが、入学してみて肌で感じた魅力といえば、講師の方々がみんなキャラが濃いんです。講師である前に現役の俳優さんだったり声優さんだったりするので、そのくらい個性的でないとダメなんでしょうね。おっしゃることにも説得力があるし、なによりもお話を聞いていて面白いので授業が楽しみになるんです。

菅さんが「これはクラスメイトに負けないぞ」と思っていところは?

両親が内心は不安に思いながらも笑って送り出してくれたからには、絶対に中途半端では終われないと思っているんです。モチベーションの高さというか、声優になるんだという意識の強さ、強欲さ、猪突猛進なところは誰にも負けない自信があります。

逆に、これはちょっと苦手だなという部分は?

とにかく突っ走ってしまうタイプなので、協調性がちょっと足りないかな。自分の個性を出さなければと頑張るあまり、お芝居でも私だけが浮いてしまったりするんです。卒業公演のときも「もっと抑えて」と注意されました。お芝居はみんなで作っていくものなので、もっと周囲をよく見るようにしなければと思っています。

今までの努力が実って、この春からアミュレート所属が決まりましたね。

とにかく道が開けるならと思ってオーディションをたくさん受けたのですが、預かりという形でアミュレートから合格をいただけました。アミュレートといえばヒューマンアカデミーで講師をしていらっしゃる津田健次郎さんも所属されているのですが、授業を通して津田先生と接していると本当に底が知れないというか、こんなに正体がつかめない人が存在するんだという奥深さを感じて、ひとりの人間として憧れていたんです。同じ事務所に所属できたからには、演技だけではなく人間性の面でも吸収できるだけ吸収したいと思っています。

将来はどんな声優になりたいですか?

無難なことをいうと「声優という仕事だけで食べていけるようになりたい」なんですが、目標は高く持っていたほうが頑張れる気がするんです。役者とはキャラクターを表現する仕事ですけど、その演技の中にも自分の個性が感じられるような役者になりたいですね。大きなことをいえば、それが私の役者としてのアイデンティティだと思います。

(取材:2012年3月14日)

学校から一言
事務局 外英治さん

 

入学前、体験レッスンに来た時のことを、昨日のことのように覚えています。その時には『学校になじめるか』だったり、『本当にうまくなれるのか』『東京生活は本当に大丈夫なのか』など不安を口にしていたのを覚えています。入学して間もなく、クラスの中でもメキメキと力を発揮してきました。根っからの負けず嫌いで、表立った所ではなく、自宅に帰ってからかなり努力をしていたと耳にしていました。ある日、体験レッスンのお手伝いで急遽その場でデモンストレーションを依頼した時、二つ返事で快諾してくれて、約50名の前で堂々と演技をしてもらい、参加者から拍手を貰っていました。そんな度胸のよさがオーディションでの実績に繋がったと思います。今後も負けず嫌いで思いきりのよさを武器に業界で頑張り続けて欲しいと願います。

資料請求・お問い合わせ

取材協力校:総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ(声優・タレント・俳優・ヴォーカリスト)に興味を持ったら…

 

おすすめの学校

Top_0859fu_150225_w90

総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ(声優・タレント・俳優・ヴォーカリスト)

一般声優スクール(各種学校)

業界で活躍する現役プロ講師がバックアップ!オーディション対策もバッチリ。基礎から学ぶ「全日制コース」と働きながら学べる「夜間・週末コース」、高校進学と同時に専門スキルを学べる「高等学校」(教育連携校)とライフスタイルにあわせてコースを選べます。

Top_141202_sh_0348

学校法人佐藤学園 ヒューマンキャンパス高等学校(声優・タレント・俳優・ヴォーカリスト)

大学・短大・高校(通信含む)

高校の学習と同時に、声優や俳優を目指す専門分野のスキルや知識が学べる。高校に通いながら業界を目指す専門校を同時に卒業できる!業界で活躍する現役プロ講師がバックアップ!オーディション対策もバッチリ!ライフスタイルにあわせてコースも選べます。

school_017_eyecatch

学校法人 東京芸術学園 音響芸術専門学校

専門学校(専修学校)

2017年4月。各学科をリニューアルし、教育内容をさらに充実させた音芸の「パフォーマーズ・ディビジョン」。元宝塚歌劇団の春風ひとみ副学校長をはじめ、初代鉄腕アトム役で知られる清水マリ、ハリー・ポッターシリーズやアニメ『BLEACH』等で声優としても活躍する俳優の斎藤志郎など、声優・演劇・音楽、各界のリーダー達が、バラエティに富んだ丁寧な授業を展開しています。

ページの先頭へ戻る