ただいま修行中

スクールでばりばり修行中の先輩たちから、あなたへの貴重なアドバイス


IMG_1798

瀧谷文人さん vol.26

穏やかな雰囲気の中にも、目標のためにまっすぐに努力する強さがうかがえる瀧谷さん。週5日のレッスンに自主練習、週3日の深夜バイトをこなし、夢に向かってハードな毎日を過ごしています。

音響芸術専門学校 2年生

瀧谷さんが声優になりたいと思ったきっかけを教えてください。

takiya

 

声優に興味を持ち始めたのは中学生の頃ですけど、演技に興味を持ったのは小学6年生のときです。学習発表会で劇の主役に抜擢されたんですよ。最初は恥ずかしくてイヤイヤ稽古していたんですが、やっていくうちにだんだん楽しくなって・・・。本番を迎えて、やり終えたときの達成感がたまらなく良かった。それに、観てくれた保護者の方たちが感動して泣いてくださったんですね。それがきっかけで演技に興味を持ちました。その後、中学生になって、映画や海外ドラマを観て、吹替えで演じている声優さんにあこがれました。

 

 

 

高校を卒業して、すぐに専門学校へ入ったのですか?

いえ。当時札幌に住んでいたので、上京する資金と専門学校の学費を貯めるために、高校卒業後に地元のファーストフード店で4年間働きました。接客の仕事を選んだのは、演技の勉強になると思ったからなんですが、やってみて正解でした。お客様にきちんと気持ちが伝わらないとクレームになったりするんですよ。接客を通じて、相手に自分の思いを伝えることの大切さを学ぶことができたと思います。

音芸(音響芸術専門学校)を選んだ理由は?

高校のときの進学ガイダンスで地元・札幌の専門学校も見に行ったんですが、なんだかピンとこなくて・・。そんな中、東京の音芸の先生も札幌に来てくださっていたんです。とても親切にお話してくれて、「うちは基本を徹底するから、楽しいことばかりやらないよ」と本音を言ってくださったので、そういう誠実なところにも惹かれました。それで、お金を貯めて上京しようと思ったんです。上京する前にも、ネットでいろいろな学校の情報を調べたりしましたが、やっぱり一番話し合えた学校だったので音芸に決めました。

実際に入ってみてどうでしたか?

イメージ通りでした。先生も親身に話を聞いてくださるし、最初に聞いていたように基本を一から学べるので、演技経験がない僕には合っていました。クラスの雰囲気も良いです。高卒ですぐ入学してくる人も、僕みたいに社会人経験をしてから入ってくる人もいて、年齢は違うんですけど、年の差を感じることがないんです。お互いに壁を作らないので、素の自分でいられます。授業が終わってからもご飯を食べに行ったりして、授業であったことを話したり、励ましあったりしています。やっぱり切磋琢磨していける仲間がいるのがいいですね。

音芸(音響芸術専門学校)を選んだ理由は?音芸で印象に残っている授業はありますか?

演劇の授業で、先生がおっしゃった「この世界はセリフを覚えてなんぼ」という言葉が印象に残っています。台本をもらって2週間くらい経つのにセリフを覚えられなかった時期に言われた言葉だったので、「まだまだ自分は甘い。このままではだめだ」と奮起するきっかけになりました。他にも、授業の中で厳しい言葉をいただきましたが、その一つひとつの言葉が身になっていると思います。

音芸で学んで、自分が成長できたと思うところは?

DSC_0058滑舌も最初よりは良くなったし、全体的に少しずつですがレベルアップできたかなと思います。結構はっちゃける方なので、感情の開放や表現の仕方は先生からも「いいね」と言われます。また音芸ではいろんな授業があるので、発音や発声、ナレーションだけではなく、音楽や殺陣、ダンス、選択授業のアテレコや音楽概論まで、本当にいろんなことを経験できました。

声優になるために、日頃から心がけていることはありますか?

滑舌やイントネーション、鼻濁音などに気をつけて話したり、目に入った言葉や文章を音読したりしています。今もファーストフード店で週3日、夜間のバイトをしているんですよ。明け方3時にバイトから帰って7時に起きて学校、という日は体力的にキツいですが(苦笑)、常に笑顔と心を込めて話すことを心がけています。

目標とする声優さんはいますか?

目標とは違うのですが、好きな声優さんは山口勝平さん、置鮎龍太郎さんです。自分の目標は、踊って歌ってマルチに活躍できる声優になることです。

 

学校から一言
見上 陽一郎 先生

瀧谷くんの魅力は、どんなことでも前向きに捉える素直な性格にあります。 褒められたときだけでなく、自分の演技や読みにダメ出しをされているときでも明るく受け止めるので、 クラスにとっては欠かせないムードメーカー的存在になっていますし、 アドバイスする先生達も「もっと教えてやろう」という意欲が湧いてくるようです。 真面目にトレーニングに取り組む努力家でもあるので、この1年間で発音の癖もかなり改善され、 もともと持っている豊かな表現力が活かせる段階にステップアップしてきました。 ギターや歌、それにダンスも得意な滝谷くんには、狭い領域に収まらない、 スケールの大きな表現者に成長してくれることを期待しています 。

資料請求・お問い合わせ

取材協力校:学校法人 東京芸術学園 音響芸術専門学校に興味を持ったら…

 

おすすめの学校

日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所

養成所・劇団・プロダクション

人気声優を数多く輩出している日本ナレーション演技研究所。週1回3時間のレッスンで、学校や仕事との両立も可能です。関連プロダクションのバックアップ体制も充実!
★平成30年4月 天王寺校開校予定
★平成29年10月 千葉校開校
★平成30年度4月生募集中!
★平成29年4月 仙台校・京都校開校
★週2回クラス新規開設!
★代々木校・池袋校・お茶の水校・立川校・町田校・大宮校・千葉校・柏校・横浜校・仙台校・名古屋校・京都校・大阪校・神戸校に加え、平成30年4月には、新たに天王寺校の開校を予定しています。

school_008_eyecatch

LEOPARD STEEL附属養成所 松濤(しょうとう)アクターズギムナジウム

養成所・劇団・プロダクション

松濤アクターズギムナジウムは、プロの演技者を目指している人のために、親からの経済的援助がない人にでも通える本格的な養成機関があるべきだという主旨のもと、'95年4月に設立され、さらに2015年からはプロデビューを支援するためのマネージメント機能をより進化させ、芸能プロダクションLEOPARD STEELを稼働。 どの分野でも必要となる演技基礎を身につけ、演じることの楽しさを真剣に伝えていく場所。それが松濤アクターズギムナジウムです。

Top_0859fu_150225_w90

総合学園ヒューマンアカデミー パフォーミングアーツカレッジ(声優・タレント・俳優・ヴォーカリスト)

一般声優スクール(各種学校)

業界で活躍する現役プロ講師がバックアップ!オーディション対策もバッチリ。基礎から学ぶ「全日制コース」と働きながら学べる「夜間・週末コース」、高校進学と同時に専門スキルを学べる「高等学校」(教育連携校)とライフスタイルにあわせてコースを選べます。

ページの先頭へ戻る