松竹芸能声優アカデミー

基本情報

松竹芸能声優アカデミー

【スクール形態】
養成所

【受講日数】
週2回

【公式ホームページ】
※システム不具合によるメンテナンスのため、リンク先が閲覧できない状態になっております。再開までしばらくお待ちください。
https://www.shochikugeino.co.jp/voiceactor/

特任講師:潘恵子さんインタビュー

”声優の仕事を伝統文化として受け継ぐ人を育てたい”

潘 恵子 先生
はん けいこ
主な出演作は、アニメ 「機動戦士ガンダム」(ララァ・スン役)、「美少女戦士セーラームーン」(ルナ役)、「聖闘士星矢」(城戸沙織/アテナ役)、「銀河英雄伝説」(アンネローゼ役)、「千年女王」(雪野弥生役)、「宇宙戦艦ヤマト」(サーシャ役)、外画吹き替え 「キャリー」(キャリー・ホワイト役)、「キャッスルロック」(ルース・ディーヴァー役)、ゲーム「ドラゴンクエスト」、「グランブルーファンタジー」(ロボミ)ほか多数

――「松竹芸能声優アカデミー」が開校されるとのことですが……。

まず、松竹芸能さんが声優部門・養成機関を作ろうということになった経緯からお話しますと、昨年、松竹グループ(松竹・松竹芸能・松竹エンタテインメント)で初めての合同オーディション「松竹ジャパングランプリ全国オーディション」が開催され、応募者の方の中には声優志望の方もたくさんいたそうなのですが、松竹芸能にはこれまで声優部門がなかったので、その方たちの受け皿がなかったのです。そこで、声優部門や声優の養成機関「松竹芸能声優アカデミー」を立ち上げようということになったのです。
特任講師のお話をいただいた時、オーディションで600人もの声優志望の方がいたと聞いて、「もったいないな、その中から原石を見つけたいな」と思いました。だから、特任講師として、私が専門学校で教えてきた江口拓也、駒形友梨、寺島惇太、近藤唯、佐藤美由希、劉セイラ、大野柚布子らに続く人をここで見つけたいと思いました。

――本日のワークショップはいかがでしたか?

今回はスクールの開講に先駆けてワークショップ開催の機会を与えていただいたので、参加してくださる人との出会いの中に光るものを見つけられたらと思っていました。そうしたら、本当に原石との出会いがあったので驚きました。ワークショップを開催して本当によかったと思います。夏休みの終わりの忙しい時期だったと思いますが、参加したみなさんも、何か発見することができたのではないかなと思います。

――ワークショップの中で、求めているのは「即戦力となる人」というお話がありましたが、「松竹芸能声優アカデミー」ではどんな人に来てほしいとお考えですか?

まず、私の時代からそうなんですが、歌は絶対条件です。なぜなら、キャラクターソングを歌うので、「歌はできないです」って言われてしまうと難しいかな。あとはコミュニケーション。私たちの仕事は、セリフでのコミュニケーションが必要になるので、普段のコミュニケーションが取れていないと難しいです。だから、下手でもいいからコミュニケーションを取ろうと努力できる、コミュニケーションを取るのが好きな人がいいです。

――初心者の方は入学できますか?

初心者の方も大歓迎です。私が育ててきた人もどちらかというと初心者が多かったので、まったく問題ないです。心構えとしては、「これしかない」というような強い思いを持ってきてほしいです。熱意を持って挑んでほしいです。

――最後にメッセージをお願いします。

老舗である松竹グループのお力を借りて、新旧の融合といいますか、良いものをお互いに出していければと考えています。私たちが作ってきたものを若い人たちが受け継いで、歌舞伎のように伝統として「声優」をつなげていってもらいたいです。声の仕事は本当に長くやっていけるお仕事なので、長く長くやっていける声優さんを育てていきたいです。

ワークショップレポート

8月24日(土)に松竹本社のある東劇ビルにて開催されたワークショップに潜入。「松竹芸能声優アカデミー」特任講師の潘恵子さんが講師を務めました。当初は、13時からの1回のみの予定でしたが、応募者多数のため、16時からもうひと枠行われることになりました。

ごあいさつの後、潘さんの自己紹介として、潘さんが出演したバラエティー番組をみんなで視聴。声優という仕事について、エピソードを交えてお話されました。
続いて、配布された数種類のプリントの中から題材を選び、セリフ読みを行いました。参加者の自主性を重んじて、「どれがやりたい?」などと問いかけながら進めていきます。「やりたい人!」と潘さんに聞かれ、最初は遠慮がちに手を挙げる参加者たち。はじめは恐る恐るといった感じでしたが、潘さんの熱のこもった指導に、次第に参加者たちの集中力が高まっていきました。2種類の題材を終えると、時間は残りわずかに…。時間を延長して、その後、全員でエチュード。さらに最後にモニターを使って、アニメのアテレコレッスンも行いました。

■セリフ読みの様子■
ユーモアを交えながらも、声優の仕事の厳しさが実感できるワークショップ。アカデミーでのレッスンが濃密なものになることは必至。
「声優のジャンルに限らず、松竹グループなので、映画の現場などにも連れていってあげたいと思っています。研究生のうちから早く現場に出ていけるようにスタッフの体制を作っていきたいと思います。あとは本人のがんばり次第。しっかり勉強してもらえればと思います」(潘さん)
■アテレコレッスンの様子■
最後に行われたアニメのアテレコ。
「アカデミーでのレッスンでは、マイク実践をちゃんとしたスタジオでやらせてあげたいと思っています。」(潘さん)
他にも、プロデューサー陣やディレクターからの話を聞く機会や、歌舞伎や新宿角座への見学などもレッスンに取り入れたいと考えているそう。

「本当は、4種類を全員にやらせてあげたかったです。でも、みんな一度はできたのでよかったとは思います。今日は、私が40年以上声優としてお仕事をしてきた中で、「こうしたほうがいいよ」ということと「これを先に知っていたらどんなに楽だったろう」ということをやりました。いろいろなところで教わって、何年も勉強していても大切なものを身につけられていない方もいるので、それを教えてあげたいと思いました」(潘さん)

1回目と2回目、ともに予定の90分から延長した2時間弱に及ぶレッスンの中では、“声優が現場で日々、何を求められるのか”、“オーディションで役を勝ち取る人はどんなことができる人なのか”といったことが随所で語られていました。盛りだくさんなレッスンとたくさんの気づきにあふれた一日に、参加者たちは、大いに刺激を受け、決意を新たにした様子でした。

ワークショップの後、松竹芸能声優アカデミーの説明会も行われました。スクールの概要の説明の後には、質問コーナーがありました。また、追加の情報については随時HPで公開されるとのこと。

参加者の声

Hさん 東京都・専門学校生(20代)男性
「専門学校で声優の勉強中ですが、何か身につくことがあるかもしれないと思い、ワークショップに参加しました。演じるにあたって、役の設定を深く考えることができていなかったことに気づきました。短い時間の中で役柄を掴むことは難しくてすぐにはできませんでしたが、潘先生に教えていただいたことを家に帰ってからもう一度、よく考えてみたいと思います」

Iさん 東京都・高校生 (10代)女性
「母に薦められて、参加しました。ワークショップを受けるのは初めてでしたが、とっても勉強になりました。学校の選択授業や部活動で演劇をやっていますが、まだまだ足りないところばかりだなと思いました。説明会の中で潘先生から、『表現ゼミ』の講師の方から“外郎売り”をしっかり学べるとお聞きして、まずは自分でも練習してみたいと思いました」

Mさん 神奈川県・専門学校生(10代)女性
「一期生の募集をしているということや、潘恵子さんが講師ということに魅力を感じて参加しました。体験してみて、もっと積極的に、いろいろなことに好奇心を持って、自分から動いていかないといけないなと思いました。ワークショップの題材になった作品や潘先生のお話の中に出てきた作品などについて、よく知らなかったので調べてみようと思います。たくさん課題が見つかりました」

Nさん 東京都・専門学校生(10代)女性
「潘先生と潘めぐみさんが好きなので、参加したいと思いました。専門学校で演技の勉強はしているのですが、話を聞いたりして、頭では理解していたことでも実際にやってみると全然できないし、演技は奥が深いというのを実感しました。いくら突き詰めても底がないんだなというのを再認識しました。目の前のことを全力でがんばろうと思いました。とりあえず、学校の課題がまだ終わっていないので、一生懸命やろうと思います」

入学案内

【住所】
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-4 丁子屋ビル地下1階
TEL:03-3226-6223(13:00~22:00水木除く)
メール:sg_t-school@shochiku.co.jp

【募集コース】
声優ゼミ(週2回)

【受験資格】
16歳以上
※2020年4月時点
※未成年者は保護者の同意書の提出が必要になります。

【レッスン期間】
2020年4月から1年間

【募集期間】
2019年11月1日からを予定 ※近日中にHPにて詳細をお知らせします。

【入所審査料】
無料

【選考方法】
1次審査:エントリーシート・ボイスサンプル提出
2次審査:オーディンション(面接・台詞読み・朗読など)

<1次審査>エントリーシート、ボイスサンプルの提出先はHPにてお知らせします。
<2次審査>第1回オーディション 2019年12月22日(日)予定
※会場・開始時間、第2回以降等の詳細はHPにて随時お知らせします

【その他】
本アカデミーは東京でのレッスンになります。

【公式ホームページ】
※システム不具合によるメンテナンスのため、リンク先が閲覧できない状態になっております。再開までしばらくお待ちください。
https://www.shochikugeino.co.jp/voiceactor/