【声優道】緒方恵美さん

声優総合情報誌『声優グランプリ』25周年を記念し発売された、『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』が3月9日から公式サイト「seigura.com」にて期間限定で無料公開中!
臨時休校などで自宅で過ごす学生の方々へ向けて3月9日~4月5日までの期間で随時配信予定となっている。

アニメや吹き替えといった枠にとどまらず、アーティスト活動やテレビ出演など活躍の場を広げ、今や人気の職業となっている「声優」。そんな声優文化・アニメ文化の礎を築き、次世代の声優たちを導いてきたレジェンド声優たちの貴重なアフレコ秘話、共演者とのエピソードなど、ここでしか聞けない貴重なお話が満載。

それぞれが“声優”という仕事を始めたキッカケとは……。

声優ファン・声優志望者だけでなく、社会に出る前の若者、また社会人として日々奮闘するすべての人へのメッセージとなるインタビューは必見です。

すべての仮面をいつでも外せるように

▼演技をすると褒められた小学生のころの原体験
▼両親の反対を押し切って進んだ演技の道での挫折
▼デビュー作でダメ出しされ低い声を出すためにジム通い
▼10年以上も同じ作品に関わっていられるうれしさ
▼全人格的に優れていないと声優になりにくくなった時代

【プロフィール】
緒方恵美(おがためぐみ)
6月6日生まれ。Breathe Arts所属。主な出演作は『幽☆遊☆白書』(蔵馬/南野秀一)、『新世紀エヴァンゲリオン』(碇シンジ)、『円盤皇女ワるきゅーレ』シリーズ(ワルキューレ)、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ(天王はるか/セーラーウラヌス)、『Angel Beats!』(直井)、『めだかボックス』(球磨川禊)、『ダンガンロンパ』(苗木誠)ほか多数。歌手としても活躍中。

演技をすると褒められた
小学生のころの原体験

両親がクラシック音楽畑の人間だったので、家にはいつも音楽が流れていて、フルートやバイオリン、チェロといった楽器も十数種類ありました。私自身も3歳のときからピアノを始めたほか、バレエや日舞も習っていました。といっても、それほど女の子らしいということはなく、弟二人と体を動かして遊ぶほうが好きだった気がします。

ところがそんな元気な子だったので、あるとき遊んでいて手を骨折してしまったんです。骨がくっつきかけたころで再び同じ場所を折ってしまい、ついに入院することになりました。ベッドから動けないので、それまで興味がなかった本を読むようになったのですが、今度はたちまち活字オタクになってしまいました(笑)。小学校高学年の頃には週に10冊くらい読んでいたので、読書量はかなり多いほうだと思います。

小学6年のとき、学芸会で劇をすることになりました。登場人物のなかにかなりセリフ量の多い予言者のおばあさん役があったんです。おばあさん役なので誰もやりたがらなかったのですが、お互いに押しつけあっていても始まらない。それで「私がやります」と手を挙げたんです。でも、どうせやるならとそれまでの読書経験を生かして、セリフに抑揚をつけたりして、自分なりに工夫して演じました。そうしたら、劇が終わったあとに拍手をいただけたんです。そのころ私はクラスの女王様的女の子グループと折り合いが悪かったのですが、その子たちの母親が私のことを「お芝居がうまい」と褒めたことで、突然「友達になろうよ」と握手を求めてくれた。お芝居をしたらみんなが褒めてくれた、友達が増えた、「エヴァに乗ると褒めてくれた」みたいなもんです(笑)。振り返ると、そんな経験が私の演技の原点になっているのかもしれません。

でも、自分が演技の道に進むなんて思ってもいませんでしたね。中学ではハンドボールに夢中だったのですが、高校で部活を辞め、さて、なにをしようかと考えたときに、そういえばヱヴァに乗ったら(芝居をしたら)褒めてもらえたということを思い出し(笑)、ある芸能事務所の養成所に応募したところ合格。入って2カ月くらいで2時間ドラマなどの高校生役や、舞台のお仕事のお話をいただけるようになりました。ところが私の通っていた高校は、在学中の芸能活動が禁止だったんです。それで養成所を辞めざるを得なくなったのですが、人間って止められると逆に燃えるんですよね。だったら絶対にお芝居を続けてやると思って、本格的に役者という進路を考えるようになったんです。

両親の反対を押し切って進んだ
演技の道での挫折

私が役者になりたいと言ったところ、両親は大反対でした。父が芸能界周りの音楽仕事をしていたこともあり、この世界の難しさや厳しさを身をもって知っていたからでしょうね。それでも私が頑として譲らなかったら、妥協案として「大学に進学したら好きなことをしていい」と。とはいえ芝居以外のことはあまり考えてなかったので、今得意な教科で合格できる大学を探して受かったのですが、気づいたら校舎が静岡県の沼津だった(笑)。東京から距離があるので、並行して芸能活動をするにはとても厳しい環境です。それでも1年ほどは通いましたが、いよいよ我慢できなくなって勝手に退学届けを出して家に帰ってきちゃった。当然、父から勘当される勢いでものすごく怒られました(笑)。

そんな父ですが「そんなに芝居や歌がしたいなら、オペラをやれ」と、日本の二大オペラ財団といわれる藤原歌劇団の付属専門学校を紹介してくれました。私のやりたいのはオペラじゃないけど、とにかく入学願書を取り寄せてみたら、その年からミュージカル科が新設されると書いてあったんです。まだオペラよりミュージカルのほうがやりたいことに近いかなと思って、勝手にミュージカル科に応募して入学を決めてしまい、また怒られることになりました(笑)。

専門学校の卒業後は無事に劇団に所属してミュージカルをすることになったのですが、それまでもあまり調子のよくなかった腰を痛めてしまい、ついに踊るのはもう無理だという事態になってしまいました。それが24歳のときのことです。これからどうしようと途方に暮れていた私に、舞台でお世話になった関係者の方々に「きみは少年役で舞台に立ったときに、とても華があった。その年齢では宝塚は無理だけど、声優をしてみるのはどうか」と声をかけてくださいました。それで初めて、声優という仕事に興味をもったんです。