【声優道】三石琴乃さん

声優総合情報誌『声優グランプリ』25周年を記念し発売された、『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』が3月9日から公式サイト「seigura.com」にて期間限定で無料公開中!
臨時休校などで自宅で過ごす学生の方々へ向けて3月9日~4月5日までの期間で随時配信予定となっている。

アニメや吹き替えといった枠にとどまらず、アーティスト活動やテレビ出演など活躍の場を広げ、今や人気の職業となっている「声優」。そんな声優文化・アニメ文化の礎を築き、次世代の声優たちを導いてきたレジェンド声優たちの貴重なアフレコ秘話、共演者とのエピソードなど、ここでしか聞けない貴重なお話が満載。

それぞれが“声優”という仕事を始めたキッカケとは……。

声優ファン・声優志望者だけでなく、社会に出る前の若者、また社会人として日々奮闘するすべての人へのメッセージとなるインタビューは必見です。

『やってみたい』と思った時点で、それが向いている仕事

▼マイクでしゃべることが好きで声優の道へ 当時は一言しゃべるだけでも大変……
▼誠実に演じる、この気持ちが大事
▼学校見学や体験授業など 自分の目で確かめてみるべき
▼好きな気持ちは、夢を叶える力 今できる努力を進んでしてみて

【プロフィール】
三石琴乃(みついしことの)
12月8日生まれ。フリー。主な出演作はアニメ『美少女戦士セーラームーン』(月野うさぎ/セーラームーン)、『新世紀エヴァンゲリオン』(葛城ミサト)、『おるちゅばんエビちゅ』(エビちゅ)、『ワンピース』(ボア・ハンコック)、ナレーション『ウチくる!?』ほか多数。

マイクでしゃべることが好きで声優の道へ
当時は一言しゃべるだけでも大変……

声優を目指す前は、保育士さんになりたいとずっと思っていました。でも高校生のとき、少子化の影響もあって資格を取ってもどうやら就職は難しいらしいと聞いたんです。そこで興味をもったのが声優という仕事。当時よく聴いていたラジオドラマがきっかけでした。小学5年生から放送委員会に入っていたのですが、そんなことも〝マイクでしゃべる〟仕事への興味につながったんだと思います。その興味に後押しされて高校卒業後に勝田声優学院に入ったのが、声優への道の第一歩でした。

養成所時代は、運よくスタジオ見学などに行く機会もあり、わりと早くから生の現場を感じることができました。そこでちょっとしたお仕事をもらったりもしたのですが、当時は本当に、一言しゃべるだけでも大変……。引っ込み思案な性格でしたからね。仲間たちとお酒を飲んでいても自分から口を開くのはとても苦手で、いつも相づちばかり。でもそんな壁も仕事を通して乗り越えてきたように思います。

初めてオーディションを受けて仕事が決まったときは、もう天にものぼるような気持ちでした。企業用PRビデオの仕事でしたが、今とは違って完全アナログな時代だったので、一つNGを出してしまうと、周囲にかけてしまう迷惑が半端じゃないんです。

誠実に演じる、この気持ちが大事

よく〝アニメ声優〟という言われ方をしますが、それはごく狭いエリアの話。私たちはもっと広くて興味深くて生々しい世界で仕事をしています。一般的には 〝アニメ声優〟と言ったほうが理解されやすいので、それはそれでいいとは思いますが、演じる側の意識がそれでは長く続かないでしょう。

『美少女戦士セーラームーン』以降、どこに行っても「セーラームーンの……」と言われ、役にぶら下がっている状態が気持ち悪く、ジレンマに感じていた時期もありました。今となっては何と呼ばれようがまったく平気で、キャラクターたちは私の宝物になっていますが、当時はわけもわからずもがいていました。そんななかで「とにかく与えられた役を誠実に演じよう」という気持ちに支えられたような気がします。その気持ちは、役者を志してからずっと私の幹になっている部分でもあるんです。今後も、この幹に栄養をあげて太く大きく育てながら、何でもやってみようと思っています。
実際、養成所の仲間と創立した「劇団あかぺら倶楽部」で舞台活動をしていましたが、長い稽古期間に自分を試したりチャレンジしたりすることで、瞬発力勝負のアフレコ現場でも楽しむゆとりが出て、気持ちも充実していきました。あの舞台活動がなければ、今の私はないと思いますよ。

アニメーションの難しさといえば『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役は思わぬところで苦労しました。約11年前に本放送が終わって映画も終わり、その後しばらくゲームやパチンコなどでミサトを演じる機会がたびたびあったのですが、これは相手役のいない一人での収録。スイッチを二つくらい切らないと演技できないんです。そんななかでミサトというキャラクターがどこかで一人歩きしてしまった部分があって、2007年9月に10年ぶりに映画になったとき、そのあかを落とすのがとても大変でした。シリーズ開始当初はミサトより私のほうが年下だったのに、今ではすっかり年上になってしまった……。そういったことも、難しさの一つだったと思います。