大塚剛央のたけおさんぽ 第13回

このコラムでは、大塚さんの日常を写真とコメントでまったりと紹介します。

11月ある日のお昼ご飯

炒飯です。紛れもなくチャーハンです。……炒飯に見えますよね!? たまにこうして作ってみるのですが、毎回味と見た目が少し違うので、不安になります(笑)。ちなみにこれはうまくできたほうです!

炒飯を初めて作ったのは、たしか中学生の頃だった気がします。今まで家庭科の授業以外ほとんど料理なんて作ったことなかったのに、どういう風の吹き回しか、母に作り方を教えてもらってチャレンジしました。今思えば、料理ができたらちょっとかっこいいし、大人になったみたいで自慢できる、とか考えてたんでしょうね(笑)。それから、自分でご飯を用意しなければならないときなどは、ほぼ100%炒飯! ザ・男飯って感じですね!

さてさて今回の材料なのですが、卵1個・ねぎ少々・ソーセージ3本・冷凍ほうれん草少々・刻みにんにく少々、という感じです。だいたいいつもこれくらいです。あとは、炒めるときにごま油を使いました! ごま油、いいですよねぇ。いろいろな料理に合いますし、香ばしい匂いがたまりません。もしかしたら僕の世界でいちばん好きな香りは、ごま油かもしれません(笑)。

そして! もう一つ毎度味付けで重宝しているものがあります。味覇です。ウェイパァー。最強です。読んで字のごとく。これだけで一気に風味が出ておいしくなります! 実はこれも母から「これを入れればだいたいおいしくなる」と、最終兵器として伝授されました。どうにもならなくなったら使いなさい、と。ええ、最終兵器に頼りっぱなしです(笑)。でも調子に乗って入れすぎると、しょっぱくなってしまうのでお気をつけください!

というわけで、今回は僕の自炊料理を紹介してみました! しかし書いてみて改めて感じましたが、今後レパートリーをもっと増やしたいところですね……。それか、いっそのこと炒飯を究めてみるか……むむむ。もし今後進展があったり、自慢したくなるものができたら、どこかでご報告しますね!(笑)

次回の「大塚剛央のたけおさんぽ」は、2020年1月4日(土)に更新! お楽しみに!

大塚さんに質問!

Q:おふくろの味といえば何ですか?(群馬県・まぐちゃん)

たくさんありますが、強いて言うなら肉じゃがとニラオムレツです! もちろん炒飯も! どの料理もおいしいんです。母さん、ありがとう。

 

大塚さんへの質問を大募集!

ペンネームと都道府県を書いてコメントしてね!


おおつかたけお
10月19日生まれ。アイムエンタープライズ所属。主な出演作はアニメ『風が強く吹いている』(蔵原走)、『Dimensionハイスクール』(緑ヶ丘流星)、『異世界はスマートフォンとともに。』、『モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言』、劇場アニメ『詩季織々』(『上海恋』・リモ)ほか。