大塚剛央のたけおさんぽ 第16回

このコラムでは、大塚さんの日常を写真とコメントでまったりと紹介します。

ゲームの世界に入りたい

技術の進歩はどこまでいくんだろう…と時々思います。便利なことも増えて、最近は欲しいものがあればだいたいインターネットで揃えられたり、お店のポイントカードなどもアプリになったり、身の回りのことはほとんどスマホひとつで解決しますよね。ということで、ここからまたちょっとだけ前回の空想みたいな話になるかもしれませんが、どうかお付き合いください!(笑)
僕はゲームが好きです!写真は、普段使用しているPlayStation4のコントローラーとヘッドセットです。もちろんワイヤレス!今に始まったことではないですし、皆さんご存知かとは思いますが、もはや当たり前の世界になりましたね。イヤホンも完全ワイヤレスだったり…。現在、家にプリンターと空気清浄機があるのですが、それもスマホと連携させれば本体をいじらなくても操作できゃうんですよね。便利!ここまでくると、そのうち頭の中で考えるだけで何でも操作できゃう、みたいな世界になるんでしょうか。ただ、こういうことを考えると、僕は「ドラえもん のび太とブリキの迷宮」を思い出します。こういう作品は、改めて人間がしていることを考える機会にもなってとても面白いですよね。共感してくれる人がいたら嬉しいな(笑)
そして、「VR」にも触れておきたいです!昨年なんですが、配信で「レディ・プレイヤー1」という映画を観たんです。面白かった!のと同時に、仮想現実に入り浸ってしまうようなことも、きっとこれから先なくはないよなー、と僕は感じました。あとは、人間が人工知能に支配されてしまう…!とか。こういうの好きなんですよね(笑)それから、これはまた違う話かもしれませんが、僕が好きなあるゲームのストーリーで、ざっくり言ってしまうと、主人公たちが生きていた世界が実はゲームの中の世界だった…!というものがあるんです。一生懸命生きていたつもりが、実際はプレイヤー(ゲームの中の)に操作されていただけ…みたいな感じです。伝わりましたかね?(笑)そういうのをプレイしたり観たりすると、僕達が生きている今のこの世界も、実は誰かがプレイしているゲームだったりするのかな、もしかして神々の遊びなんじゃないか…!もしそうだったら、僕が今書いているこのコラムも自分の意思ではなく誰かに操作されていて…とか夜な夜な考えてしまいます(笑)
という、今回は日頃考えている、でもおそらく僕が考えてもそんなに意味がないであろうことを吐き出させていただきました(笑)タイトルでゲームの世界に入りたいと書きましたが、VRがもう既に少し実現してる気がしますよね。これから先、ゲームも含めてどんなことが出来るようになるのか楽しみです!

次回の「大塚剛央のたけおさんぽ」は、4月4日(土)に更新! お楽しみに!

大塚さんに質問!

Q:もしも大塚さんが桃太郎だったら、三匹のお供はどの動物を選びますか?(神奈川県・えり)

きびだんごで言うことを聞く前提で、且つ勝ちにいくなら、ゴリラとコモドオオトカゲとゾウですかね。なんとなく戦術がハマりそうな気がします。…これこの答え方で合ってますか?(笑)

 

大塚さんへの質問を大募集!

ペンネームと都道府県を書いてコメントしてね!


    おおつかたけお
    10月19日生まれ。アイムエンタープライズ所属。主な出演作はアニメ『風が強く吹いている』(蔵原走)、『Dimensionハイスクール』(緑ヶ丘流星)、『異世界はスマートフォンとともに。』、『モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言』、劇場アニメ『詩季織々』(『上海恋』・リモ)ほか。

    スクール特集バナー