大塚剛央のたけおさんぽ 第17回

このコラムでは、大塚さんの日常を写真とコメントでまったりと紹介します。

大塚剛央を構成する…?

少し前に「私を構成する5つの漫画」というものが、Twitterで話題になりましたね。今回はそれにあやかって、僕を構成しているであろう5つの映画をご紹介したいと思います!
ただ単におすすめの映画の話になるかもしれませんが(笑)。
ちなみに5つの漫画の方は、現在配信中の『天﨑滉平大塚剛央の僕たちもうフレンドですよね?』第166回にて、天﨑さんと共にお話ししております!
このコラムが掲載されたタイミングならまだ聴けるはずなのでぜひ!(宣伝)

さて、5つの映画ですが、非常に迷いますねぇ。ですが、2つは決まっています。

まず1つ目は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です!言わずと知れた名作ですね。
以前コラムでもちらっと話題に出しましたが、実家にPart1~3までビデオがそろっていたので、何度も見直しました。子供も大人も楽しめる映画です!

2つ目は、『ハリー・ポッター』シリーズ。元々母が好きで原作も全巻そろえていましたし、映画もすべて一緒に観に行きました。懐かしい。映像でこの世界観を味わえるのは本当に幸せだと思います!
「賢者の石」からずっと伏線が張られているのもすごいです。そして、シリウス・ブラックが好きです。

さて、ここからですが……うーん、5つの枠って絶妙ですね(笑)。
しかし、決めました!3つ目は、『激流』です。川下りに来た一家が巻き込まれる危険と恐怖を描いた映画です。
テレビ東京さんで放送している『午後のロードショー』で出会いました。名作をたくさん放送しているので、大変お世話になっています(笑)。

そして4つ目、『マディソン郡の橋』です。
これは養成所でお世話になった講師の方に、当時おすすめされて観ました。
不倫を描いた作品なのですが、監督・主演のクリント・イーストウッドとメリル・ストリープが作り出す雰囲気に引き込まれます。ロバートが放つ台詞も、とても印象的です。
先程挙げた3つ目の『激流』もメリル・ストリープ主演ですね。

さあ最後ですが、これに決めました。『ファインディング・ニモ』!
いろいろな映画がもちろん候補にあったのですが、子供の頃の記憶は強いですね(笑)。海の世界がもっと好きになった作品です。かわいい魚たちの冒険と友情と家族の絆がたまりません。続編の『ファインディング・ドリー』も大好きです!
いやー、わかってはいたのですがやはり難しい(笑)。でもひとまず僕はこれで! 皆さんはいかがですか? 気になったものがあったらぜひ観てみてください!

余談になってしまいますが、番外編として、以前『ミッドサマー』という映画を観に行ったのですが……衝撃を受けました。ホラー、残酷な描写に耐性のある方は一度観てみてはいかがでしょうか。
僕はそういうのが得意ではありませんが、これは何とか平気でした。ただ、その……うん、とにかくすごかったです(笑)。

次回の「大塚剛央のたけおさんぽ」は、5月9日(土)に更新! お楽しみに!

大塚さんに質問!

Q:行ってみたい国はどこですか?(東京都・こおり)

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン……ヨーロッパはいつか行ってみたいですね。現地でサッカー観戦とかできたら最高です!

 

大塚さんへの質問を大募集!

ペンネームと都道府県を書いてコメントしてね!


おおつかたけお
10月19日生まれ。アイムエンタープライズ所属。主な出演作はアニメ『風が強く吹いている』(蔵原走)、『Dimensionハイスクール』(緑ヶ丘流星)、『異世界はスマートフォンとともに。』、『モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言』、劇場アニメ『詩季織々』(『上海恋』・リモ)ほか。

seiguracom_YouTubeチャンネルバナー_カナ