大塚剛央のたけおさんぽ 第19回

このコラムでは、大塚さんの日常を写真とコメントでまったりと紹介します。

思い出がいっぱい

今回は僕の身の上話になるのですが、思い出の曲や自分の中に強く残っている音楽について考えてみました。というのも、先日物の整理をしていたら、僕の大好きなゲーム「ファイナルファンタジー」のサントラを見つけたからです。写真のものですが、数年前に中古品のお店で出会い、懐かしさと喜びと興奮を覚えながら買いました(笑)

僕の「FF」との出会いはIXが最初です。小学生の頃、友達の家に遊びに行った時にプレイしているのを見ていて「面白そう!おれもやりたい!」と思って親に買ってもらったのがきっかけでした。それからすぐまた同じ友達が、今度はPlayStation2で「FFX」をプレイしているのを見て、「なんだこれ!めちゃくちゃきれい!やりたい!」と思ってこれも買ってもらった記憶があります(笑)出会いが最初だけあって、やっぱりIXとXがシリーズの中だとより思い入れが強い気がしますね。だからこそ、作中の音楽も自分の中に根強く残っています。特にタイトル画面やオープニングで流れる楽曲などは、きっと一生忘れないでしょうね。IXの「いつか帰るところ」、Xのオープニングムービーなどで流れる「ザナルカンドにて」。たまりませんね…!

さて、もうここからは個人的に音楽が気に入っているゲームと、その曲名をいくつかご紹介します!思い出を語っていたら終わらないので簡単に。今回ゲームの話ばっかりですみません(笑)まずは、「英雄伝説 軌跡シリーズ」です。これはシリーズ通して楽曲がぶっ刺さります。僕は特に戦闘時のBGMが好きです。「空の軌跡 the 3rd」の「Overdosing Heavenly Bliss」という曲は、これを聴きたいがために戦闘を長引かせたこともありました(笑)曲名も素敵です。それから、「ダーククロニクル」。これは、PlayStation2で発売されたRPGなのですが、作中の音楽がとにかく良い!どの場面も印象的な楽曲で彩られています。僕はゲームを起動したら、まずだいたい放置して一定時間したら流れるムービーを観るのですが、その音楽で持っていかれました。「終わらない冒険」という曲です。この曲が好きで好きで、オープニングムービーをずっとループしていました(笑)

まだまだ他にもたくさんあるのですが、キリがないので今回はこの辺で!ご紹介したゲームは、楽曲はもちろんのこと、内容も本当に素晴らしいので、興味を持った方は是非プレイしたり調べたりしてみてください!僕はこれを書いている今、ずっとゲームのBGMが脳内で流れていて、今すぐやりたくてたまりません!(笑)

次回の「大塚剛央のたけおさんぽ」は、7月4日(土)に更新! お楽しみに!

大塚さんに質問!

Q:おうちで読書をしていると紹介していましたが、おすすめの本は何ですか?(長野県・Hiro)

上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズや「獣の奏者」、畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズなどおすすめです!僕は基本的にファンタジーが好きです。

 

大塚さんへの質問を大募集!

ペンネームと都道府県を書いてコメントしてね!


おおつかたけお
10月19日生まれ。アイムエンタープライズ所属。主な出演作はアニメ『風が強く吹いている』(蔵原走)、『Dimensionハイスクール』(緑ヶ丘流星)、『異世界はスマートフォンとともに。』、『モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言』、劇場アニメ『詩季織々』(『上海恋』・リモ)ほか。