畠中祐

畠中祐のゆっくりすくすく 第55回

畠中祐

このコラムでは畠中さんのお仕事や好きなもの、感銘を受けた作品などについて語っていきます。

今回選んだ作品は番組『最期の笑顔 納棺師が描いた東日本大震災』。

笑い皺を見つけた時、嬉しいんですよ。この仕事をする中で一番嬉しい瞬間なんです。

作業をしながらそう語る笹原さんを観ながら、僕は言葉を失いました。あまりにも想像を絶する状態。でもそんな中、確かな人の温もりを見つける笹原さん。

その気持ちの寄り添い方、僕にはできるでしょうか。人は、何を想うんでしょうか。

今回は、映画ではありません。ドキュメンタリー番組です。深夜に再放送番組として流れていたものを見ました。

このドキュメンタリーは、復元納棺師の笹原留似子さんのボランティア活動を追ったものです。彼女は、損傷が激しいご遺体を、脱脂綿や特殊なパウダーを使ってお化粧を施し、生前の姿に復元する特殊技能を持っております。東日本大震災の津波に流され、損傷した300人を超えるご遺体の傷を、ボランティアで復元し、家族との最期の対面をさせてきました。その最期の瞬間の、故人達の笑顔を忘れまいと笹原さんが書いた「震災絵日記」と一緒に、当時の記録を振り返る内容になっています。

このドキュメンタリーに出てくる、夫と4人の御子息を残して亡くなってしまった奥さんの復元作業が、僕は忘れられません。

その奥さんは、震災から1ヶ月がたった頃に、津波に流された車の中で発見されました。時間も経過していたこともあり、ご遺体の損傷も激しいものでした。旦那さんの「このままでは子供たちをお母さんに会わせることができない。最期に会わせてあげたい」という願いから、笹原さんに復元を依頼し、自宅で作業を行うことになりました。

作業が終わるまでの時間、廊下の外で待つ旦那さんの顔、悲しいとも違う、寂しいとも違う、あの表情。きっと、混乱しているんでしょうか。その表情があまりにも辛すぎて、僕の脳裏に焼き付いています。きっと、この家族の気持ちに、この表情に突き動かされ、笹原さんは、家族との最期の別れの場をつくりたい一心で、たくさんのご遺体を復元し続けてきたのかもしれません。

変形して硬った顔を、マッサージで丁寧にほぐし、損傷した箇所を脱脂綿で復元、上からファンデーションを丁寧に、丁寧に塗っていきます。そして、その人の笑い皺を探り、その人の生前の、笑顔の写真を何度も見返しながら、ゆっくりゆっくり、手の温もりでほぐして、笑顔を蘇らせていきます。

生前の姿に戻った、棺の中の奥さんと対面した旦那さんは「ああ、戻ってきた。妻が戻ってきた」と呟きました。そして、そこで初めて、静かに涙を流しました。「これでこどもたちも最期のお別れができます」と。静かに泣いていました。

他にも、笹原さんが書いた震災絵日記の中には、沢山の別れが残っています。

朝、お母さんと喧嘩別れした息子さん。
「こんなことになるなら、あの朝喧嘩するんじゃなかった。いつもありがとうって、言えばよかった」と泣く息子さんに、笹原さんは「お母さんだもん。あなたを世界一愛しているお母さんだもん。あなたの気持ちは、お母さんが全部わかってくれてと思います」と、声をかけたそうです。

そのお母さんは、笹原さんと、同い年だったそうです。

本当に、辛い仕事だったと思います。復元した300人以上のご遺体との別れ、他にも復元しきれなかった人たちと、その家族の気持ち、計り知れない悲しみがあると思います。

でも、笹原さんは、笑い皺を見つけていきます。その人の幸せだった時間に想いを馳せながら、家族や大切な人と、最期の別れをさせてあげるために。

その、笹原さんの気持ちに、人が持ち合わせた、「誰かを想う気持ち」に、涙が止まりませんでした。ものすごく暖かくて、尊い力だと思いました。

僕は、役者として寄り添うしかできない、自分なりに精一杯、役のことを考えていくしかない。でも、僕も笹原さんのように、笑い皺を辿るように、丁寧に丁寧に、その人のことを想いながら、寄り添って演じていきたいと、改めて思いました。

人の暖かさを、深く深く感じることのできた、そんなドキュメンタリーでした。

次回の「畠中祐のゆっくりすくすく」は、4月24日(土)に更新予定! お楽しみに!

畠中さんに質問!

Q:今日から『ヒロアカ』5期放送ですね! 畠中さんだったらどんな“個性”がほしいですか?(岐阜県・くらら)

くららさん質問ありがとうございます! ヒロアカ見てくれてマジで嬉しいです!!! そうですね、叫べば叫ぶほど喉が強くなっていく個性が欲しいですね!!

畠中祐が今、答えます!!!

畠中さんが動画でも質問にお答えしていきます。
今回のお便りのテーマは「もらって嬉しかった・あげて喜ばれた差入れのエピソード」です。

次回のお便りのテーマは「あなたが待ち続けていた物・今も待ち続けている物」です! 4月8日は『忠犬ハチ公の日』ということで、あなたが期待して待っていることのエピソードを募集いたします。たくさんのおたよりをお待ちしております!

畠中さんへの質問&お便りを大募集!


はたなかたすく
8月17日生まれ。神奈川県出身。賢プロダクション所属。主な出演作はアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』(永見祐)、『バジリスク ~桜花忍法帖~』(甲賀八郎)、『ダイヤのA ActⅡ』(浅田浩文)、『うしおととら』(蒼月潮)、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(香賀美タイガ)ほか。