畠中祐のゆっくりすくすく 第56回

このコラムでは畠中さんのお仕事や好きなもの、感銘を受けた作品などについて語っていきます。

今回選んだ作品は番組『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。

この感想はネタバレを含みますよ!!!まだ見てない人は読まないでくださいね!!!!ただこの映画は本当に俺は大好きです!!!先輩方の芝居も超好きです!!!是非ご覧ください!!!

もうね、ここ1ヶ月どっぷりでしたよ。庵野監督のプロフェッショナルも見て、もう一回新劇場版も見返して、宇多田ヒカルさんのone last kiss聴いて、まじでハマっちまいました。
ただ、僕は本当にライト層。25年間エヴァンゲリオンを追えてた訳ではありません。エヴァが始まったとき、俺は一歳でした。

最初にエヴァを見たのは、親父が借りてきた
「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)² / Air / まごころを、君に」のビデオを見た時でした。

もう最初、ガンダムみたいな機械ロボットかと思ってみたら無茶苦茶人造人間だしグロいし話難しすぎるし小学生だった畠中にとっては酷すぎました。結構トラウマ。

そこから一時期エヴァにハマり、ネットで調べたり友達と話したり色々しましたが、Airまごころを君にを思い出してしまって、この先にはあの結末が待っているのかと思ってるだけで気持ちが重くなってダメでした。やっぱ小学生には酷すぎたのよ。

ずっとトラウマとして残り続けたエヴァ。しかしシン・エヴァのその終わり方は、その時抱えたトラウマを救ってくれるものでした。あの時のシンジくんもアスカもレイも、全ての登場人物たちを救ってくれたように、全てのエヴァンゲリオンに別れを告げていきます。

これ、こんだけライトな僕が見て涙止まらないんだから、25年追い続けた人の想いは計り知れないんだろうなと思います。25年エヴァと共に青春を過ごした人たち、その人たちにはこの映画のラストはどんなものだったのでしょうか。

声優の視点からすると、25年間それぞれの人物たちと向き合ってきた先輩たちは、演じ終える瞬間、いったいどんな気持ちになったのかがきになります。
この作品に出会って、演じながら本当に夢中になって、魂を燃やして、時には嫌になって、そうやって関わってきた作品。かけがえの無い出会いだったに違いありません。
でも、新しいものを掴むためには、過去の自分と別れなきゃいけない、誰かの手を取って、外に向かって踏み出していかなきゃ前に進めない。シンジくんに別れを告げた皆の台詞と、エヴァに別れを告げたシンジくんの台詞には、寂しさと、前向きで静かな力強さがありました。そんなそれぞれの最後の台詞に込めた先輩達の想いも想像して、涙が止まらなかったです。

シンジくんのチョーカーが外れ、マリの手を取り現実世界に駆け出していったラストを見た時、それまで強張っていた肩の力が抜けていくのを感じました。

これ、全てのアニメーションのエンディングなんじゃないかと思いました。きっと、庵野監督と同じように、心血を注いでアニメを作ってる人達は、同じ様に作品に没入し、それに愛があればあるほど、苦しい戦いになっていく、そんな気持ちへの開放がこの映画にはあった気がします。エヴァに限らず、全ての生まれてきたキャラクターが、携わってきた人達が、戦いから解放されて、こうして駆け出していってほしいなと、僕はこのエンディングを見ていて思いました。

これから先、きっと僕も何度も同じことを考え続けて、囚われて、悩むこともあると思います。
そんな時はまたエヴァを見返して、新しい世界に踏み出していったシンジくんに背中を押してもらうことでしょう。最高のエンターテイメント映画でした。

次回の「畠中祐のゆっくりすくすく」は、5月29日(土)に更新予定! お楽しみに!

畠中さんに質問!

Q:「TWISTED HEARTS」もうすぐ発売ですね! おすすめポイントを教えてください!(新潟県・ゆい)

ゆいさん!質問ありがとうございます!! どの歌詞が、いったい「どちら」の気持ちに寄り添ったものなのか、考えながら聞いてもらうと、面白いかもしれません! ぜひ何度も聞いてくださいね! よろしくお願いします!!

畠中祐が今、答えます!!!

畠中さんが動画でも質問にお答えしていきます。
今回のお便りのテーマは「あなたが待ち続けていた物・今も待ち続けている物」です。

次回のお便りのテーマは「あなたが最近、思わずツッコミを入れた出来事」です! たくさんのおたよりをお待ちしております!

畠中さんへの質問&お便りを大募集!


    はたなかたすく
    8月17日生まれ。神奈川県出身。賢プロダクション所属。主な出演作はアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』(永見祐)、『バジリスク ~桜花忍法帖~』(甲賀八郎)、『ダイヤのA ActⅡ』(浅田浩文)、『うしおととら』(蒼月潮)、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(香賀美タイガ)ほか。

    BAR『Envelop』バーテンダー・亜夜芽【CV.諏訪彩花】