永木さくら

SAY YOU LAB【1月号】

永木さくら

『SAY YOU LAB』(せいゆうらぼ)は、アニメやゲーム、音楽レーベルをもつMAGES.が真剣に声優になりたい人たちのために開設した声優養成所。発声や滑舌、表現力や読解力強化といった基礎的な内容から、アフレコなどの実践的な内容まで、さまざまな授業を展開している。

基本情報

SAY YOU LAB

【スクール形態】
養成所(プロダクション附属含む)・劇団

【受講日数】
週1日~2日

【公式ホームページ】
https://www.sy-lab.jp/

アミュレート・永木さくらさんインタビュー

永木さくら

永木さくら
ながきさくら●3月29日生まれ。大阪府出身。アミュレート準所属。主な出演作はゲーム『日常系スパイさん』(匠田京子)、『祈念寫眞-キネンシャシン-』、『蒼の三国志』(大喬)、ラジオ『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』CM内ナレーション、ニコニコ動画内『ニコ割ナレーション』ほか。

目標どおり、1年で事務所に所属

SAY YOU LAB(以下SYL)に魅力を感じたのは9月、12月、3月と1年に3回の査定があることでした。できるだけ早く事務所に所属できるようになりたいと思っていたので努力してベーシッククラスからアドバンスクラスへ進級し、その後準所属になって1年で目標を達成することができました。在学中からナレーションなどのお仕事をさせていただき、最近では『蒼の三国志』というRPGゲームで大喬(だいきょう)役をやらせていただきました。三国志の伝説の美女姉妹の姉で高貴な女性です。役作りはまず台本を読み込むことから始めます。そのキャラクターをよく知らないと演じられないので、キャラクター像を読み取ります。それに加えて今回は実在する歴史上の人物だったので、そこからはお勉強タイムでした。

ほかのお仕事でもよく調べものをします。キャラクターの年齢や性格、どんな人生を送ってきたのか、ここでこういう転機があって……といったことを、自分の頭の中でも考えながら役に肉付けしていきます。役作りや台本の読み取り方もSYLのレッスンで学んでいなければわからなかったと思います。

お仕事が決まった瞬間のうれしい気持ちは今も変わらないのですが、最初の頃と比べるとだいぶ意識が変わってきたと思います。最初のお仕事はニコニコ動画のナレーション。うれしい気持ちと不安の入り混じったワクワク、ドキドキといった気持ちでした。今はプロとしての責任をもって演じ切らなければという思いのほうが強いので、積極的な気持ちで、良い作品にするために自分には何ができるのかを考えて演じています。

カラオケボックスで猛特訓の日々

SYL以前の専門学校時代は目標が定まらず何を頑張ったらいいのかわかりませんでした。それがSYLに入って「1年で結果を出す」という明確な目標ができたので、そこに向かって進むことができました。また、年に2回の舞台発表や査定のたびに人に見てもらって評価をいただけたことで、役者としての自覚が芽生えて、お芝居へのスタンスも変わりました。

レッスンは週1回で、空いた時間はカラオケボックスに入り浸って自主練習をしていました。家にはもちろん帰るけど自分の部屋にいる時間くらいカラオケにいる時間も長いんじゃないかというぐらいのときもありましたね。時間がない日は発声だけすることもあったのですが、店員さんに「今日はマイクご入用ですか?」と聞かれたときは恥ずかしかったです(笑)。カラオケボックスは意外と音漏れするので、「練習の声が聞こえていたんだ」と。声が小さいのがコンプレックスだったから発声練習の成果だと思うとうれしくもあるのですが。養成所時代はとにかくがむしゃらに頑張って自分のできる限りのことをやっていたと思います。

モチベーションを高く維持するには

養成所時代は、発声などほかの努力と同じぐらいずっとメンタルを保つことを考えていました。レッスンやオーディションの場でライバルのお芝居を観て「自分なんて……」と考えてしまう瞬間もありましたが、そんなときにも落ち込んでしまわないように、高いモチベーションを保ち続けることを考えるようにしていました。そしてそのライバルは「何がすごいのか」「どうしたらそこに近づけて、さらに超えられるのか」と考えてみると、今自分が何をするべきかがわかると思います。

しんどいときもありましたが、東京に来て声優を目指そうと思った以上は頑張りたいし、好きでやっていることなので、嫌になってしまうことはなかったです。

お仕事を始めてからもオーディションやお仕事の現場で思ったような結果や成果が出せずに悔しい思いをすることもあります。お仕事前にもカラオケボックスで自主練習をしますが、悔しかった日は終わった後にも行きます。終わってからどこが良くなかったのかなど、言われたことを忘れないようにバババッとメモして、改善できるように練習するんです。

また、事務所の方からのアドバイスを生かして練習に役立てることもありますし、悩みがあればスタッフの方が相談にも乗ってくださいますが、私はできるだけ自分で考えて答えを出すようにしているので、努力したことを褒めてくださることは自信につながります。それに心配性なので、自分がきちんと努力できていないと感じるとメンタルが下がってしまうんです。逆に、努力すればするほどモチベーションを高く保っていられて、そういう自分が好きなんです。

感情が爆発するような役にも挑戦したい

声優にはなりたいけれど、どんな声優になりたいのかということがずっと定まっていませんでした。SYLに入って、いろいろな目標を持った人たちに出会い、視野が広がったことで自分の目標がはっきりしていきました。今は上に進むことだけではなく、お仕事をしていくなかでどういう役者になっていきたいかということを考えるようになりました。声にとらわれないような幅広い役を演じたいので、自分が演じられる役を広げられるようにしたいのですが、中途半端にはしたくないので、精度を上げて、その表現を武器にできればと思っています。まだお仕事ではできていませんが、レッスンで感情を激しく出す役を演じたときにアドレナリンがぶわ~っと出る瞬間があって、そういう瞬間をお仕事でもできたらと思います。やったことがないタイプの役にも挑戦していきたいです。

スクールからのメッセージ動画を公開中!

本物の環境で思いっ切り学べる

SAY YOU LAB

充実の施設で自主練習も可能
プロも使用するアフレコスタジオを完備。また、100㎡を超えるレッスンルームや小規模のレッスンルームも用意されているなど、施設は非常に充実しているほか、場所が空いていたら事前予約のうえ、自主練習をすることも可能となっている。

※写真は、コロナ対策用に新設したオープンスタジオ

現場に近くチャンスがたくさん!

『SAY YOU LAB』では、役者を売り出す現場マネージャーが、定期的に行われる査定に同席し、そこで良いパフォーマンスを見せれば、すぐに現場経験を踏むことも可能となっている。また、MAGES.のタレント事業本部であるアミュレートは、同社のゲームやイベントなどへの現場にどこよりも近いので、プロの現場を経験するチャンスがとても多い。

2021年度より、オンラインクラスがスタート!
詳しくは、SAY YOU LAB ホームページをチェック!

入所案内&コース紹介

SAY YOU LAB

【所在地】
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-2-2 加藤ビル2F

【アクセス】
JR「水道橋」駅 徒歩3分

★スクールの詳しい情報&資料請求はこちらから
TEL:03-5226-7222
HP:https://www.sy-lab.jp/

【受験資格】
年齢制限なし

【入所時期】
2021年4月

【受講期間】
2021年4月から2022年3月までの1年間

【申し込み方法】
入所願書に必要事項を記入、写真を貼付のうえ、郵送

【募集クラス】
■LABクラス(週2クラス:年間64コマ、週1クラス:年間32コマ)※各クラス15名程度
■オンラインクラス(週1クラス:年間32コマ)※各クラス10名程度

【学費】
〈LABクラス〉
週2クラス:年間授業料 420,000円(税別)、入所金100,000円(税別)
週1クラス:年間授業料 240,000円(税別)、入所金100,000円(税別)

〈オンラインクラス〉
週1クラス:年間授業料 200,000円(税別)、入所金50,000円(税別)
※一括納入。ただし当校が指定する学費サポートローンでは分割も可。

【レッスン内容】

LABクラス(A/B) オンラインクラス
役者として必要な基礎や技術、作法を学ぶクラス。週1回クラスと週2回クラスがある。 役者として必要な基礎や技術、作法をオンラインで学ぶクラス。週1クラスがある。

【公式ホームページ】
https://www.sy-lab.jp/