『声優グランプリ』9月号スクール特集インタビュー

【在校生座談会】

在校生座談会
堀佑斗さん(写真:左奥)
ほりゆうと●4月18日生まれ、神奈川県出身。声優学科2年生。

川越あずささん(写真:右奥)
かわごえあずさ●6月6日生まれ、千葉県出身。声優学科2年生。

坂本翼さん(写真:左手前)
さかもとつばさ●3月8日生まれ、茨城県出身。声優学科2年生。

深川千秋さん(写真:右手前)
ふかがわちあき●11月3日生まれ、東京都出身。声優学科2年生。

不安はすべて解消できるーそんな学校説明会です!

AMG2年生の皆さんに、入学前の学校説明会の思い出を語ってもらいました。

―学校説明会に参加したときのことを覚えていますか?

坂本 アフレコ体験で、プロ声優の方や在校生の先輩の素晴らしい演技を見て、「自分もあんなふうになりたい」と思いました。
堀 在校生の先輩方は優しかったですね。「自分は演技未経験ですが、大丈夫でしょうか?」と相談したら、「積み重ねが大事。諦めないことが成功する第一歩だよ」と言われて。そのことを今でも覚えています。僕も先輩のようになって、後輩の後押しをしたいと思いました。
川越 アフレコ体験では口パクを合わせるのが不安だったけど、先輩が肩をポンとたたいてくれて、そのタイミングで話せました。「すごく良かったよ」と褒めていただきましたが、うまくできたのは先輩のおかげです。
深川 そうそう。私もアフレコのとき、肩をたたいてタイミングを教えてもらいました。先輩方の優しい気遣いが心に染みて、この学校にしようと決めました。
川越 また、学校説明をしてくださった教務の方は、とてもお話が上手でしたね。
深川 教務の方の熱い気持ちが伝わってきて、「ここだったら成長できるかな」と思えました。
 僕はインターンシップや「プロダクション所属率が高い」というお話を聞いて、ワクワクしましたね。
坂本 たしかに「プロダクション所属率」のお話は、AMGに入る大きな要因になりましたね。
深川 あと、個別相談もありました。私は大学を卒業してから入学したのですが、若い人たちとなじめるか不安で、そのことを相談しました。
坂本 僕は「クラスの人となじめますか?」「バイトと両立できますか?」という相談をしましたが、すごく親身に答えていただきました。

―皆さんは、学校説明会の在校生スタッフもやられているんですよね。

 楽しいですよ。今日も数人の参加者に「今日の授業はどうでしたか?」と話しかけましたが、「楽しかった」と笑顔で答えてもらえてうれしかったです。
深川 私も「何でも質問してくださいね」とか話しかけましたね。演技未経験の方には「不安がらなくて大丈夫だよ」と話しました。
坂本 20歳を超えた人から「クラスのみんなとなじめますか?」と相談を受けましたが、「僕も今26歳で、みんなとなじめているから大丈夫ですよ」と答えました。

―これから学校説明会に参加する人たちへメッセージをください。

堀 不安もあるかもしれないけど、何事も楽しむ心、挑戦する気持ちが大事だと思います。
深川 私は参加したとき、「いろんなことを吸収して帰ろう」と思って臨みましたが、何でも取り込む気持ちがあれば楽しめると思います。また、自分が不安に思ったことはメモしておいて、個別相談のときに聞くと良いですよ。
坂本 初めて参加する人は不安もあると思うけど、ありのままの気持ちを正直に話せばすべて解消できる、そんな学校説明会だと思います。
川越 不安なときには在校生やプロの声優さんが的確なアドバイスをくれたり、場を和ませてくれます。演技未経験の方も、心配しないで来てくださいね。

スクールからのメッセージ動画を公開中!

桜木学園癒やし部・2年B組 町々まどか