劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』完成披露上映会で梶裕貴、内田真礼ら豪華キャストが作品の魅力を語る!

1月25日公開の劇場長編アニメーション『あした世界が終わるとしても』の完成披露上映会が開催!

クラフタースタジオが制作するオリジナル劇場アニメーション『あした世界が終わるとしても』の完成披露上映会が1月20日に新宿ピカデリーで行われた。作品は幼い頃に母を亡くし、心を閉ざしがちな狭間真(シン)と、そんなシンをずっと見守ってきた幼なじみの泉琴莉(コトリ)を中心としたアクション・ラブストーリー。上映会では、狭間真役の梶裕貴さん、泉琴莉役の内田真礼さん、コトコ役の千本木彩花さん、櫻木優平監督が登壇し作品について語った。

大きな拍手のなか登場したキャスト陣。アフレコの感想を聞かれ、櫻木監督が脚本・音響監督を兼ねている関係で演出を細かく確認することができ、絵も収録時にはほとんど完成していたと話し、ト書きに書かれていることがキャラクターの表情にも表れていて演じやすかったと充実したアフレコの様子が語られた。また青春群像劇の繊細でリアルなお芝居と、相反する世界で起こるアニメーションならではのバトルパートがあり、楽しみながら収録ができたとのこと。完成した作品を観たキャストは、収録時よりも絵のクオリティがさらに上がっていて音も素晴らしかったと興奮気味に話していた。

上映会の行われた20日はセンター試験の2日目ということで、来場者に合格祈願のお守りが配布され、本作の主人公が高校生ということもあり、キャスト陣の高校時代の青春エピソードを聞いていくことに。梶さんは、高校時代にはすでに声優になることを目指していて、部活と声優の養成所を両立していたことを明かし、一方で内田さんはバイトやゲームばかりしていたと振り返った。

そして作品タイトルにちなんで「もしあした世界が終わるとしたら何をする?」という問いに、普段どおりに過ごしたい、大事な人と過ごしたいといった意見から、スタッフと一緒に行ったおいしい出汁のお店にもう一度と行きたいという意見も。本作を観ると日常生活が送れる素晴らしさを感じることができると思うと各々が話していた。

本作の見どころについて、梶さんは新宿が物語の舞台となっており、見覚えのある街並みのなかで突然争いに巻き込まれたらという疑似体験できる作品であると紹介し、アニメーションの新たな可能性が感じられるとまとめた。また内田さんはキャラクターの機微がよく描かれていて“あした世界が終わってしまったらどうなるのか”を考えて、今を幸せに感じられる作品、千本木さんはお芝居も音も絵も、すべてにスタッフの思いが込められていてそれがフィルムから感じられると語った。

サイン入りプレゼントキャンペーン実施!

1月20日20時より、新宿アルタビジョンにて本編映像の特別上映を開始!
Twitterでビジョンの静止画または動画を撮影し、応援コメントとハッシュタグ「#あしせかアルタ」を付けてツイートすると、抽選でキャストのサイン入り台本とポスターのセットがプレゼント!
詳細は公式サイト(ttp://ashitasekaiga.jp/)を要チェックだ。

作品概要

作品名:『あした世界が終わるとしても』
公開日:2019年1月25日(金)
制作:©あした世界が終わるとしても
配給:松竹メディア事業部
公式サイト:http://ashitasekaiga.jp/
公式Twitter:@ashitasekaiga

スクール特集バナー