『センチメンタルグラフティ20周年スペシャルイベント ~再会~』スペシャルレポート!

 

20年分の「せつなさ炸裂」

■第一部公演「20周年スペシャルトークショー」
■第二部公演「20周年スペシャルライブ」

【開催日】2019年1月19日(土)
【場所】東京・一ツ橋ホール

<出演者(50音順)>※敬称略
有島モユ、岡田純子、今野宏美、鈴木麗子、鈴木麻里子、豊嶋真千子、西口有香、前田愛、満仲由紀子、米本千珠

1990年代後半、当時としては斬新なメディアミックスを展開し一大ムーブメントを巻き起こしたゲームタイトルがあった。ある日、主人公の元に差出人不明の手紙が届くところから物語が始まる恋愛シミュレーションゲーム『センチメンタルグラフティ』。セガサターン版が発売された1998年1月22日から20周年を迎えるのを機に発足したプロジェクトが実を結び、2019年1月19日、ついに当時のキャストが再結集するスペシャルイベント「センチメンタルグラフティ20周年記念イベント『再会』」の開催が実現した。

第一部「20周年スペシャルトークショー」、第二部「20周年スペシャルライブ」のうち、ここでは第一部の模様をレポートする。なお、今回のイベント開催にあたっては「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング(2018年10月11日~11月11日)が行われ、初日に目標の10,000,000円を達成。そしてわずか4日で最終段階である250%に到達し、総額34,701,700円もの支援が集まるという快挙を達成している。

開演を告げるBGMとしてセガサターン版オープニングテーマ「雲の向こう」が流れると、客席からちょっとしたどよめきが起きる。そこにいる人たちのほとんどが、12人のヒロインと過ごした青春時代を思い出していたことだろう。続けて流れ出すイベント用に制作された新作オープニングムービーでは、シナリオライター・大倉らいた氏による書き下ろしの脚本、イラストレーター・甲斐智久氏による新規原画、そしてもちろんこの日のために集まったキャストによる新録音声と、ゲーム版に関わったオリジナルメンバーの手により「再会」に向けたヒロインたちの心情が綴られていく。

「あなたに、会いたい。会いたかった……!」

20年分の想いを乗せて、いよいよスペシャルイベントの開幕となった。

この日の出演メンバーは、沢渡ほのか役・鈴木麻里子さん、安達妙子役・岡田純子さん&有島モユさん、永倉えみる役・前田愛さん、山本るりか役・今野宏美さん、森井夏穂役・満仲由紀子さん、杉原真奈美役・豊嶋真千子さん、七瀬優役・西口有香さん、松岡千恵役・米本千珠さん、遠藤晶役・鈴木麗子さんの総勢10名。また、残念ながら会場に来られなかった保坂美由紀役・牧島有希さんからは音声でメッセージが届けられ、綾崎若菜役・小田美智子さんと、星野明日香役・岡本麻見さんからはパンフレットにコメントを寄せてもらったことが紹介された。当時、大人気を博した声優ユニット「SGガールズ」が再び集まった姿を見られたことで、客席のファンはもちろんキャスト本人たちも感極まっていた様子。中には、最初の挨拶から涙ぐんで言葉を詰まらせるメンバーの姿もちらほらと……。いきなり感動的な空気に包まれた会場だったが、まだイベントはスタートしたばかり。

「まずは、このコーナーから皆さんを思い出の旅にお連れします」
最初のコーナーは、ゲーム『センチメンタルグラフティ』及び『センチメンタルグラフティ2』より、メンバーそれぞれが20年前を振り返って選んだ思い出に残るシーンを生アテレコで再現。当時のゲーム画面を再現した映像に、当時と変わらぬ声でセリフを当てるメンバーの姿に、懐かしさで胸がいっぱいになるような時間となった。

十人十色、それぞれのヒロインの魅力を感じられたところで、次のコーナーは「たった一つの想い出」として、20年前にSGガールズとして活動していた当時から、現在の20周年プロジェクトまでの思い出を写真で振り返ることに。選ぶ写真は一人1枚。最近の写真を見るときは同窓会のような和やかな雰囲気になりつつ、過去の写真が画面に映し出されると、そのたびにメンバー内から「かわいいー!」という声が上がる。20年前の思い出としては「もう時効だから」として、あるイベントの本番直前に緊張を和らげるため、ほんの少しだけビールを飲んでいたメンバーがいたことを打ち明け、客席の笑いを誘う。そんな意外なエピソードが聞けたのも、このイベントが開催されたからこそ。

ゲームコーナーでは担当キャラクターの出身地別に「北チーム」と「南チーム」に分かれてイラスト伝言ゲームで対決。出されたお題はそれぞれ「お好み焼きを作るピッコちゃんとそれを見守る夏穂」「黄道十二星座」と難易度が高く、両チームとも健闘むなしく不正解……。勝敗の行方は客席の拍手に委ねられたが、それでも決着がつかず、最終的には舞台袖で見守っていた音楽プロデューサー・濱田智之氏の独断により南チームの勝利。負けた北チームは罰ゲームとして『センチ』のキャラクター、またはメンバーの物真似を披露した。

第1部ラストはライブコーナー。バンドによる生演奏で「約束」、「未来 ~センチメンタルグラフティ~」(新曲)、「たった一つの想い出」の3曲を披露し、会場を盛り上げる。最後は20年前と変わらぬ合い言葉「せつなさ炸裂!!」をファンと一緒に唱和して、約2時間のスペシャルイベントを締めくくった。

取材・文/仲上佳克

運営:センチメンタルグラフティ20周年プロジェクト
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

 

インフォメーション

『センチメンタルグラフティ』のプレストーリーである『センチメンタルグラフティ~約束』が、2019年1月22日(火)よりゲームアーカイブスで配信開始。すでに配信されているPlayStation版『センチメンタルグラフティ』と併せてチェック!

■『センチメンタルグラフティ~約束』
ハード:PS3/PS Vita/PSP
ジャンル:AVG
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CERO年齢区分:A(全年齢対象)
<製品ページ>
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0747-NPJJ00787_00-0000000000000001


©Studio Comix/(C)GungHo Online Entertainment, Inc.

■『センチメンタルグラフティ』
ハード:PS3/PS Vita/PSP
ジャンル:AVG
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CERO年齢区分:B(12才以上対象)
<製品ページ>
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0747-NPJJ00328_00-0000000000000001?smcid=jGMpsnGameTOP_t

スクール特集バナー