『THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!』(DAY3)スペシャルレポート!(後編)

前編はこちら!
『THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!』(DAY3)スペシャルレポート!(前編)

属性にフィーチャーしたステージは315の盛り上がり!

今回はライブパートも属性ごとで、まずは属性ごとの曲から。力強い燃え上がるようなフィジカルの全体曲「LET’S GO!!」は、さわやかながらもフィジカルらしい力強い歌声が魅力。ダンスも緩急がすさまじく、片足立ちの演武のような動きもあり、これまでのどの楽曲よりも難しい。実際、アイドルたちは終わったあとに舞台袖で息が切れていたそうだが、それを感じさせないパワフルなパフォーマンスに彼らのアイドルとしての矜持を感じた。

一方でメンタルの全体曲「Friendly Smile」は軽快でかわいさ全開のダンスポップス。アイドルたちの距離感も近く、キラキラとした輝きにあふれていた。最後に仲良く肩を組む姿のまぶしさに言葉を失ったプロデューサーも多かったのでは。

インテリの全体曲「POKER FAITH -ポーカーフェイス-」は知的なだけでなくオトナなイメージを持ったナンバー。怜悧でキレのあるステップを中心にしつつも、ときおり腰をくねらせるようなセクシーな動きが入り混じる。ここぞという場面での顔を隠すしぐさもスタイリッシュでまぶしい。普段はセクシーな印象がないアイドルたちもいたが、のちにMCで永塚拓馬さんは「大人な歌を少年が歌うからこそ意味がある」と分析。あまりに説得力のある意見に多くのプロデューサーたちがうなずいていた。

そして次の曲……となったところで、突然会場の雰囲気が一変する。ステージに現れたのは寺島惇太さんと高塚智人さんがステージに登場。なんと、原作ゲームの人気イベント『Cybernetics Wars ~機械仕掛けの反逆者~』の朗読を披露してみせたのだ。さらにシリーズ2作目・3作目のアイドルたちが登場し、シリーズの名場面をその場で再現! 人類とアンドロイドたちの美しくも儚い運命と友情の物語は、そのままシリーズの主題歌である「Genesis Contact」へつながっていく……。疾走感と高揚感のあるEDMはさわやかながらもどこか切なく、曲のクライマックスでは歌っている5人がアンドロイドのような動きを見せたかと思いきや暗転。再び始まった寺島拓篤さんと永塚さんのドラマに会場の至るところからはすすり泣く声が上がっていた。ステージを終えたあとのMCでは「正直、怖かった」と漏らした永塚さんは「旬が10個ぐらい成長できた作品。皆さんのおかげです」と改めて客席に頭を下げた。

ここからは属性シャッフルコーナー。まずはメンタルのアイドルたちが「カレイド TOURHYTHM」を披露。原曲のカッコよさを残しつつもメンタルらしいかわいさがナチュラルににじんだステージに、客席も黄色のコンサートライトをワイパーさせることでレスポンス。アイドルたちも笑顔で、中でもバレッタ裕さんの満面の笑顔は印象深いものがあった。

インテリのアイドルたちが歌ったのは「サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday」。ラテンのリズム全開でフラメンコのように体全体をしなやかにくねらせながら熱情をぶつけるパフォーマンスに会場は釘づけ。この中では中島さんだけが原曲に参加していたが、歌うパートもシャッフルされていたためにまた少し違った印象に。

そして、フィジカルのアイドルたちが歌ったのは「MOON NIGHTのせいにして」。原曲からして色気が全開だが、7名がそれぞれ違う輝きを放ったパフォーマンスはまさに圧巻! 仲村さんのパフォーマンスが堂に入っているのはもちろんのこと、High×Jokerのステージとはまたひと味違ったワイルドな野上翔さん、凛とした空気をまとった寺島惇太さん、バーニングで男らしさ全開の益山さん、セクシーさとシャープさを兼ね備えた高塚さん、元気印全開の浦尾さん、そして風格のある寺島拓篤さんと放つ輝きもバラバラ。だからこそクライマックスの「おいで」や7人のジャケットプレイの際にどこを見ていいのか戸惑ったプロデューサーも多かったのでは。

属性にフィーチャーしたステージというのはメンバー的にも新鮮だったが、ラストのMCでは普段のユニットメンバーの大切さを再確認したというコメントも少なくなかった。新たな試みを盛り込んだことでまたひとつ可能性を開拓した315の三日間。目前に迫った『THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE ~TRE@SURE GATE~』でも、彼らはこの経験を活かし、さらなる315を更新してくれるに違いない。

セットリスト

M1 Beyond The Dream
M2 LET’S GO!!
M3 Friendly Smile
M4 POKER FAITH -ポーカーフェイス-
M5 Genesis Contact
M6 カレイド TOURHYTHM
M7 サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday
M8 MOON NIGHTのせいにして
M9 DRIVE A LIVE

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

取材・文/原 常樹

関連記事

声優グランプリ 2019年 5月号

【声グラ5月号】『THE IDOLM@STER SideM WORLD TRE@SURE 07』より、ピエール役の堀江瞬さん、蒼井享介役の山谷祥生さん、榊夏来役の渡辺紘さんが登場!

スクール特集バナー