受賞者3名のインタビューも紹介! 「XFLAG PARK 2019」アニメ『モンスターストライク』天聖声優オーディション

実力伯仲! 大激戦を制したのは!?

人気スマホアプリ『モンスターストライク』が原作のアニメ「モンスターストライク」(以下、モンストアニメ)に登場する新キャラクターの声優を決めるオーディションが初めて開催され、7月14日、「XFLAG PARK 2019」ステージにて、公開オーディションという形で最終審査が行われた。

今回新たに登場するキャラクターはゲブラー、ネツァク、ホドの3人の「天聖」。応募総数2,008件のなかから厳しい審査を突破したファイナリスト9名(各キャラクター3名ずつ)が登壇し、『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』でラゴラ役を演じた特別審査員の声優・松本梨香さんほかスタッフ陣が演技を審査した。

当日は立ち見が出るほどのたくさんのオーディエンスが見守るなかで行なわれ、ゲストとして登壇したROLAND氏が審査に先立ち、アフレコのデモンストレーションを行なうなど、会場のボルテージは時間が経つごとに増していく。

紹介映像とともにファイナリストが舞台に登場すると客席からは大きな歓声と拍手があがり、会場には少しずつ緊張感が漂い始める。

審査は、Twitterを使用して行なわれる視聴者投票で1位を獲得すると2票を得られ、さらに審査員5名が票を投じ、合計得票数が1位となった者が晴れてグランプリに選ばれる。なお、本オーディションの模様はYouTubeでも生中継されるということで、審査員だけでなく、ファンへ向けてのアピールも重要となる。

漂う緊張感の中、一人ずつ既存のバトルシーンへのアフレコと、各キャラクターのセリフを披露。クオリティの高い演技にそれぞれの個性をしっかりと織り交ぜ、審査員を驚かせた。

松本さんは、去る6月30日、ファイナリストの9名と「決戦前座談会」で直接話をしており、この日を特に待ちわびていた様子だったが、審査となると話は別で「ひとりに決めるのが本当に難しい」と苦しい表情を浮かべる一面も。さらに「みんなしっかりしていてビックリしました。彼らはこれからアニメ、ゲーム、声優業界を担っていくんだろうな」とコメントし、オーディションのレベルの高さとファイナリストたちの実力が伯仲していることをうかがわせた。

息詰まる審査の結果、ゲブラー役を末吉功治さん、ネツァク役を釘崎日花さん、ホド役を丸山ナオミさんが務めることが決定! それぞれオーディションの感想を語り、審査員や客席からの大きな拍手の中ステージは幕を閉じた。

 

そんなオーディションを終えたばかりの3人にお話を聞くことができた。

受賞者インタビュー
左から末吉功治さん(ゲブラー役)、釘崎日花さん(ネツァク役)、丸山ナオミさん(ホド役)
――オーディションを終えたばかりですが、改めて受賞の喜びをお願いします。

末吉 受賞が決まった瞬間はもちろんうれしかったのですが、オーディションを通じてみんなと仲良くなったこともあり、役を「託された」という責任感も同時にありました。
今回オーディションを受けた方たち全員分の気持ちを背負って一生懸命役に向き合い、作品を観て「アイツのあの演技なら許してやらんでもないかな」と思ってもらえるように頑張らないと、と決意しました。

釘崎 「本当に受かったのかな?」と思うくらい、いまも夢心地です。応援してくれた家族や先生、友人、そして私に投票してくださったみなさんへの感謝の気持ちでいっぱいです。そういった方々を裏切らないよう、アフレコでは全力を出し切ります!

丸山 視聴者票をいただけて少しホッとしたところはありましたが、審査員の方々の票が割れていてドキドキでした。受かったときは本当にうれしかったのですが、中継をご覧いただいた方やTwitterで投票してくださった方も含め、みなさんが期待して『モンストアニメ』を観ると思うと胸がいっぱいになりました。
「投票してよかった」「投票はしなかったけど、いいじゃん」と思われるように、本気でアフレコに臨まないと、と思いました。

――改めて自己紹介をお願いします。

末吉 沖縄県でローカルタレントとして活動しておりまして、アニメや映画のアフレコをする機会も経験もあまりございません。今回こうして声優として役をいただけたことにより、僕と同じような立場で頑張っているひとたちに少しでも勇気を与えられればいいな、と思います。

釘崎 私はまだ声優スクールに入って3ヶ月くらいで、まだ基礎を習っている段階なのですが、そのなかでも個性を生かした、自分の世界を持った演技をしたいという気持ちで毎回レッスンに臨んでいます。それと、紫色が好きなので、今後はそこも押していければ、と!

丸山 私は声優事務所に所属していますが、元々声にコンプレックスがありまして……。募集要項に「性別は関係ありません」とありましたので「よし、やってやろう!」という気持ちで受けたら、まさかここまでこられるとは思いませんでした。これを機に、「女性でも男性キャラの役をできるんだぞ!」というのをもっと浸透させていきたいですね。

――今後、キャラクターをどのように演じていきたいですか?

末吉 ゲブラーは「独善的で狂気的」という説明があったのですが、「こいつ、変だぞ?」と思われるような演技をすれば自然と狂気的に映るんじゃないかとは思います。
彼は天聖として教えを自己中心的に伝えていくような一面があり、また教えを遂行している点ではマゾヒズムを感じる側面もありますので、その2面性をうまく演じたいです。

釘崎 ネツァクは、寡黙でありながらも戦闘狂と呼べるような二面性のあるキャラクターなので、どちら側面であっても「この子がネツァクなんだな」と認識していただけるような演技を心がけていきたいです。

丸山 ホドは、見た目はヤンキーっぽいですが、男気があるので、彼なりの信念を貫いているところを見せられたら、と。悪役だけど彼にとっての「正義」があるところを前面に出し「こんな悪役だったら好きになれるかも」と思えるようなキャラを演じられるように頑張ります!

 

モンストアニメ 概要

「モンストアニメ」は、2015年10月10日(土)より配信を開始し、現在配信中のモンストアニメはスマホアプリ「モンスターストライク」に登場する多数のキャラクターが主人公となって、さまざまなストーリーを描いていくオムニバス形式の作品です。また、モンストアニメ全シリーズの世界累計再生回数は、昨年8月4日(土)に公開した「ルシファー 反逆の堕天使」の第5話までの合計で、3億回を突破。

配信方法: YouTube にて配信
配信時間:本編1話約10分
配信対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)
※ YouTube 字幕機能対応:韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語(カツリアン)、スペイン語(ラテン)、ポルトガル語(コンチネンタル)、ポルトガル語(ブラジル)
配信スケジュール:毎週土曜19:00配信

■アニメ「モンスターストライク」公式サイト
https://anime.monster-strike.com/

■アニメ「モンスターストライク」 YouTube 公式チャンネル
https://www.youtube.com/c/AnimeMonsterstrike

■アニメ「モンスターストライク」公式Twitter
https://twitter.com/monst_animation

180