かわいい娘に小野大輔さんもデレデレ?TVアニメ『ソマリと森の神様』プレミアム先行上映会レポート

 2020年1月放送のTVアニメ『ソマリと森の神様』のプレミアム先行上映会が、11月17日に東京・お台場のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開催された。

『ソマリと森の神様』は「WEBコミックぜにょん」で配信されている、暮石ヤコ原作によるwebコミックが原作。異類異形の人外たちが支配し、人間が迫害され絶滅の危機に瀕している世界で、人間の少女・ソマリと出会った森の番人であるゴーレムが一緒に旅をするという、異種族である二人の父娘の絆を描いた物語となっている。

今回のイベントでは、放送前となる第1話と第2話を大スクリーンで上映したほか、ソマリ役の水瀬いのりさん、ゴーレム役の小野大輔さん、シズノ役の七海ひろきさん、ハイトラ役の小野友樹さんのキャスト4名と安田賢司監督、さらに今作の音楽を担当した吉俣良さんがステージに登壇し、それぞれ作品についてやキャラクターを演じてみた感想などを題材にトークを展開。

好奇心旺盛な人間の女の子ソマリを演じた水瀬さんは、「目を離すとすぐどこかに行ってしまうような存在感がポイントだと思って演じていた」とコメント。そんなソマリと一緒に親子として旅を続ける異形のゴーレムを演じた小野さんは、「お父さん」として作中のゴーレムと同じようにずっと愛娘のソマリを見守ってきたらしく、笑顔いっぱいに「とにかくかわいいです」「ずっとかわいいです」とデレデレな様子。ゴーレムは感情がない異形の者ということで、常に同じトーンで演じつつも、かわいいソマリによって感情が揺れそうになるところの加減が、演じていて難しくもやりがいがあったと語ってくれた。

また本作では、宝塚歌劇団星組の男役スターとして活躍し、退団後に多方面で活躍中の七海ひろきさんが、薬師の小鬼・シズノを好演。掛け合いでのアフレコは初めてでドキドキだったものの、七海さんが演じやすいように他のキャスト陣が一本マイクを空けてくれたりとアットホームな雰囲気だったらしく、そうした心遣いをしてくれた現場の人たちに七海さんは感謝の言葉を述べていた。また、収録時に七海さんが台本を一切見なかった姿が印象的だったという水瀬さんに、七海さんがセリフを全て憶えて収録に挑んだという裏話を打ち明ける。これには「素晴らしい」とキャスト陣や会場からは大きな拍手が送られていた。

さらに本作でアニメの音楽に初挑戦することになったという吉俣さんは、劇中の楽曲を40曲ほど作ったとのことで、「普段作らないような音楽をいっぱい作ったなぁって、今日(先行上映で楽曲を)聴いて思い出しました」と感慨深げに一言。大河ドラマ『篤姫』をはじめ、数々の人気ドラマの音楽を手掛けているものの、今回の仕事は自身にとっていろいろと新鮮な体験だったらしく、「音楽家冥利に尽きます」と嬉しそうに語ってくれた。

また、オープニングテーマの「ありがとうはこっちの言葉」を歌う森山直太朗さんのビデオメッセージが流されたほか、最新のキービジュアルも初お披露目。追加キャスト情報もあり、コキリラ役の関智一さん、ムスリカ役の速水奨さん、ヘイゼル役の茅野愛衣さん、プラリネ役の高垣彩陽さんに加えて、なんとローザおばさん役が本作がTVアニメ初出演となる柴田理恵さんに決まったことが発表されると会場はどよめきに包まれた。

撮影・取材・文/川畑 剛

スクール特集バナー