「踏み出す一歩のお供に内田雄馬の音楽があってくれたら」内田雄馬さん、自身初の単独ライブツアーを完走!

2019年11月17日(日)「OVER THE HORIZON」中野サンプラザホール公演 ライブレポート

11月17日(日)、内田雄馬さんの1stライブツアー「OVER THE HORIZON」ファイナル公演が東京・中野サンプラザにて開催された。自身初の単独公演にして初ツアーという、“初”尽くしのライブツアーは全日程SOLD OUT。これまで愛知、大阪と2都市を巡り、合計6,000人超を動員したライブツアーのファイナル公演をレポートする。

開演を待ちわびるファンの熱気が高まる中、1stアルバムの1曲目を飾ったアカペラ曲「Harmony of waves」にのせ、水平線を臨む内田雄馬さんの姿を捉えたオープニングムービーが流れる。浮かび上がったツアータイトルとオーバーラップしてスクリーンに本人のシルエットが照らし出され、デビューシングル「NEW WORLD」の〈夢じゃない〉というフレーズが場内に響き渡ると、会場からは割れんばかりの歓声が。青のブルゾンをまとい、ライブ開幕から歌とダンスで観客を魅了していく。続く「BE MY BABY」では2人のダンサーが、「Before Dawn」では更にもう2人が登場し、5人で息の合ったパフォーマンスを見せた。

改めてライブの開幕を告げた内田さんは、「1stライブツアー、今日が千秋楽でございます!!」とこの日を迎えられた喜びをにじませる。「今日は皆さんのパワーすべて出し切ってもらって、そして内田雄馬のパワー全部持って帰ってもらって、最高の1日にしたいと思います!準備はいいですかー!!」と投げ掛けた後、披露されたのは、片思いのキュートな心情を歌った「Looook UP!!!」。注目は間奏の告白するようなパフォーマンス、毎回ライブ前にダンサーとじゃんけんで恋の勝敗を決めているとのことだ。この日の内田さんは残念ながら告白失敗となり、ツアー中の3連敗に悔しそうな表情を浮かべていた。一転、クールなR&B「ERROR」では、レーザー演出と相まってドキリとするような大人っぽい世界観を作り上げていく。

ここからは、ツアータイトルにちなみ「OVER THE CAMP」と題した映像のコーナー。「キャンプの向こう側」をテーマに、破天荒なキャンプを試みる。中でも、車好きで知られる内田さんのドライブシーンがお披露目されると、驚きと喜びの声が上がった。
映像明け、ミリタリーなストリートファッションで再びステージに現れ、披露したのはTVアニメ「この音とまれ!」のタイアップ楽曲。作品に寄り添いつつ自らの思いを曲に乗せて届けられ貴重な機会に、並々ならぬ気合いで臨んだという初のタイアップ。第1クールエンディングテーマ「Speechless」、そして11月27日発売の第2クールエンディングテーマ「Rainbow」の2曲を、作品の世界観を表現するように優しく爽やかに歌い上げる。

そして、「My dancers!」という呼び込みのあと披露されたのは、アッパーなダンスチューン「VIBES」。〈アガっていくvibes〉という歌詞通りの熱気あふれるパフォーマンスに、観客も声を上げたり踊ったりと精一杯応えていく。そのままダンスコーナーに突入、ダンサーのソロパートに続いて衣装チェンジした内田さんが登場し、ダンスのみでファンを魅了した。更に「Can you keep a secret?」、「Stardust」と、立て続けにダンスナンバーが飛び出す。チャーミングでセクシーな一面をのぞかせたかと思いきや、後者では苦しくもがくような表情を見せるなど、楽曲によって様々な内田雄馬を表現。「SOS」では、椅子にもたれながら、心に突き刺さるような切ない歌声を響かせる。自分にとって光となる存在への思いを歌ったこの楽曲に重ね、辛い時に助けてくれた音楽は非常に大切な存在だと話した内田さん。替え歌を褒められたのがきっかけで歌うことが好きになったことや、音楽を通して人との関係性を築いたエピソードも交えながら、「それぞれの思い出とリンクして、自分の楽曲を楽しんでもらえたら」と、自身の音楽を聴いてくれているファンへの思いを語った。

続いて今回のツアーで初披露となった「Kiss Hug」は、タイトル通りのキュートな振り付けが随所に散りばめられた楽曲。初々しい恋愛模様を歌った曲に、会場中が甘い空気に包まれる。そして「君に話したいこと」では、温もりに満ちた幸せなラブバラードを情感たっぷりに歌い上げ、定評のある歌唱力で魅了した。

2回目の映像パートの後、ライブ終盤戦はツアータイトルにも冠された「Horizon」からスタート。白いナポレオンジャケットを羽織り、光をまとったパフォーマンスを披露した後は、ダンサー4名も再度登場。「MAJESTIC」では青い旗を掲げ、そして「JOURNEY」ではミラーボールのまばゆい光に包まれながら、伸びやかなその声を響き渡らせた。「内田雄馬と皆さんの旅がここから始まります!」という言葉に応じるように観客も全力でシンガロング、会場の一体感は最高潮へ達する。

そしてライブはいよいよクライマックス。「楽しい時間を過ごすことができたのは、皆さんの力を僕たちに分けてくれたおかげです」とファンへの感謝を伝える。「皆さんが前に進みたいとき、力がほしいと思った時に僕が後押ししているよ、という気持ちで音楽活動をしています。ぜひ、皆さんの踏み出す一歩のお供に内田雄馬の音楽があってくれたら良いなと思っています」と語り、最後は壮大なロックアンセム「FROM HERE」の大合唱でライブ本編を締めくくった。

次のページ:ピアノ弾き語りに挑戦!? 神奈川・パシフィコ横浜にて追加公演が開催決定!

seiguracom_YouTubeチャンネルバナー_カナ