“これからもみんなを巻き込んで楽しんでいこう!” i☆Ris 4thアルバム『Shall we☆Carnival』インタビュー

2012年のデビューから8年。これまで声優アイドルシーンを突っ走ってきたi☆Risが、3月13日に2年半ぶりとなる4thアルバム『Shall we☆Carnival』をリリース。4月からスタートする全国ツアー『i☆Ris 6th Live Tour 2020 ~Carnival~』に向けて必聴の一枚である今作の聴きどころを、メンバー6人に語ってもらった。

i☆Risを最近知った人にもぴったりなアルバムができました

――約2年半ぶりのアルバムリリースとなりますが、今回のリリースが決まったときの感想はいかがでしたか?
山北 気がついたら2年半たっていたんだなというのが素直な感想でした。アルバムを出さないと「i☆Ris、活動してないのかな?」と思われる方もいるかもしれないですが、私たちはこの2年半もかなり精力的に活動していたので、実感が薄いんですよね。

茜屋 アルバムは『Shall we☆Carnival』で4枚目。ここまで出させていただいているのはありがたいことですね。「2年半ぶり」と改めて言われると久々だなぁと感じるんですが、個人的には3rdアルバム『WONDERFUL PALETTE』がついこの間だったような感覚なんです。

澁谷 時の流れに関しては本当に意識ないよね。シングルもたくさん出させてもらっていますし(19枚)、ファンの皆さんも「そんなにたってたんだ!」という感覚なんじゃないでしょうか? そうはいっても、やっぱりアルバムを出させてもらえるのはありがたいことだなと感じています。

若井 私はアーティストさんの曲を聴くときはまずアルバムをチェックするんです。だからなのか、アルバムはアーティストの自己紹介だと思っているところがあって。『Shall we☆Carnival』を作ると聞いたときは、i☆Risにまた自己紹介の一枚が増えるんだなとうれしかったです。

芹澤 i☆Risはもう活動を始めて8年目になるんですが、最近知ってくれた人も多くて、そんな人たちが1枚目から振り返るのは大変な作業になると思うんです。そこでまずはこの『Shall we☆Carnival』で今のi☆Risをたっぷりと感じてもらいたいですね。初回生産限定盤とCD+Blu-ray盤にはミュージックビデオもたくさん収録されていますので、お得です!

久保田 今回のアルバムは、いつから制作作業が始まったのかも意識しなかったくらいナチュラルに進んでいて、感覚的にも「最近なんかレコーディング多いな……」みたいな(笑)。なのでこうしてインタビューなどをしてもらうことで、いよいよアルバムがリリースされるんだなって実感しているところです。

――そんな『Shall we☆Carnival』というタイトルにはどんな思いが込められているのでしょう?
山北 応援してくださるファンのみんな、そしてメンバーと共に歩んできた8年の幸せの軌跡をお祭りに例えて、「これからもみんなを巻き込んで楽しんでいこう!」という思いが込められています。今回のアルバムでは大人っぽい楽曲も増えたので、タイトルの雰囲気も変わるかなと思ったんです。でもやっぱりi☆Risは「Shall we?」ではなく「Shall we☆」と“☆”にこだわるんだなと、きらめきはいつまでも保たないといけないんだなって感じました(笑)。

アルバムのリード曲「ハピラキ☆Dream Carnival」はMVにも注目


――そんな『Shall we☆Carnival』には6つの新曲が収録されています。
茜屋 「ハピラキ☆Dream Carnival」はミュージカル調の曲で、1番と2番でAメロが変わったり遊び心たっぷり! 声優として声で遊ぶことができるi☆Risだからこその表現ができる楽曲になっています。個人的には「幻想曲WONDERLAND」に似た雰囲気を感じていて、「やっぱりi☆Risといえばこういう楽曲だよね!」というのが最初の印象でした。

山北 すでにライブで何度か歌わせてもらっているんですが、「曲の始まりがミュージカルみたいで、見入ってしまいました」という声が多かったんです。衣装も女神感があふれていて、いつもよりi☆Risが神々しく見えるみたいですね(笑)。

澁谷 歌詞もすごく良くて。私たちは8年間、メンバーも変わらず夢に向かって頑張ってきたけど、この曲を聴くと私たちだけじゃなくてファンのみんなも一緒に頑張ってきたんだって感じられるんです。これまで応援してきてくれたファンや、新しいお客さんだけじゃなく、未来に待っているであろうi☆Risをこれから知ってくれる人たちも含めて、みんなで盛り上がっていこうという1曲になっています。老若男女みんな同じ目線で楽しめるのがお祭り! この「ハピラキ☆Dream Carnival」は、みんなで輪になって楽しむように、お祭り気分で楽しんでください。

芹澤 ダンス、歌、そしてハモリと、i☆Risの個性がたっぷりと詰まった曲です。<頑張ってる><頑張れる>というワードがたくさん入っているんですが、この曲は『プリパラ』から受け継がれてきた応援ソングになっていて、やっぱりi☆Risの根底には「みんなをハッピーにしたい」という気持ちがあるんだなと改めて感じました。

若井 歌詞を見たときの第一印象は「それな!」だったんですよ。応援ソングという話も出ましたが、私たちもみんなからたくさん力をもらっていますし、自分たち自身への応援でもあるなって思うんです。先日ライブでも<頑張ってる>のフレーズを歌ったときに「私、今、頑張ってる!」と自分にメッセージを送っている感覚になりましたもん(笑)。自分たちにも、ファンのみんなにも頑張れの気持ちが伝わる応援ソングです!

久保田 CD音源でも楽しい楽曲ですが、振り付けもお芝居みたいで、きっとライブだともっと楽しい楽曲に感じてもらえると思います! 4月からのツアーでも歌うと思いますので、ぜひ会場で「ハピラキ☆Dream Carnival」の輝きを感じてください!

――その「ハピラキ☆Dream Carnival」にはMVもありますが、撮影で印象に残っていることはありますか?
久保田 撮影期間は2日間だったんですが、怒涛の撮影でした! ほとんどのメンバーが2020年の仕事始めがこのMV撮影で、年末年始というスイッチOFFの期間を挟んで、ちゃんと振りを覚えているのかは己との戦いでした(笑)。

若井 私もお正月は岐阜に帰省していたので、スタッフさんから「今日はめちゃくちゃなまりが出てるね」と言われていたのを思い出しました(笑)。オフショット映像ではそんな私も見られるんじゃないかな?

芹澤 みんな現場に入るまでは仕事スイッチがOFFだったと思うんですけど、カメラが回るとグッとスイッチがONになるもので、そこはすごいなと。今年のお仕事一発目がこの「ハピラキ☆Dream Carnival」だったのは印象深い思い出になっています。

澁谷 映像の裏話を一つするなら、実はバックに飾られているお花はほとんどが生花なんです。一面お花に囲まれながらの幸せな撮影でした。セッティングもお花屋さんがしてくださって、撮影後にはその一部でブーケを作ってもらったんです! 家に飾らせてもらいました。本当は全部持って帰りたかったんですけど、さすがにあの量は無理でした(笑)。

山北 そして今回の撮影場所はチャペル! 衣装もドレッシーで、スタッフさんからは「姫っぽいね」とチヤホヤしてもらっていたんですが、私だけ「なんか花嫁感あるよね」と言われまして! いちばんリアリティがあったみたいです(笑)。でも実際に完成した映像を観たら、私もちゃんとプリンセス感が出ていたので安心しました!

茜屋 私はミュージカルのお稽古期間中で、年末年始も仕事スイッチはONのまま! 撮影2日目も実は稽古場からの駆けつけで、MVはミュージカル調だし、空き時間もミュージカルの歌を練習したりと、ミュージカル漬けな撮影だったなというのが感想です(笑)。でもスイッチがずっとONだったからなのか、リップシンクやダンスシーンは普段以上に完璧にできて、オフショット映像でもふざける余裕があって、なんだか全体的に楽しかった撮影でした。

若井 振りでいうと、<Dear Dreamer!>のフレーズでしている、指で丸を作って小指だけ立てる“d”サインに注目してほしい! このポーズはいろんなポイントで出てくるので、ぜひ探してみてください。

澁谷 「ブライトファンタジー」という曲には指を丸くしたOKポーズがあって、先日もリハーサルで「あれ? 丸だっけ? dだっけ?」みたいにみんな混乱していて。曲が増えていくと、こういうこともあるんだなというのが、最近のちょっとした悩みだったりします(笑)。
場面カット3i☆Ris

スクール特集バナー