石原夏織

石原夏織さんロングインタビューを公開! 1st LIVE TOUR「Face to FACE」を通して感じた想いとは?

石原夏織

笑いあり涙あり……。彼女のライブを観ると、誰もが彼女を好きでたまらなくなってしまう。「Face to FACE」というタイトルで、“みんなに会いに行く”というテーマを掲げて回った
今回のツアーを通して感じた想いを聞いた。

ダンスブロックはみんながいてくれるからできるんです

――今回のツアーで、何をいちばん楽しみにしていました?
今回は初めてのツアーだったので、みんなに会いに行けることがいちばんの楽しみでした。みんな元気に過ごしているかな?って、直接肌で感じることができるから、一緒に楽しめるライブになったらいいなと。ライブ以外でいうと各地の食べ物だったり、大好きなスタッフさんたちやダンサーのみんなと新幹線で移動して泊まってっていうのも楽しかった。そういう小さな楽しみが散らばっているのは、ツアーならではですよね。

――ツアータイトルにもなっているシングルの「Face to Face」。昨年11月に発売され、このツアーに向けたシングルでもありました。
自分の持ち曲のなかで、どういう曲が足りないのかということも考えながら作ったシングルでした。みんなで盛り上がれる曲が欲しくてできたのが「ポペラ・ホリカ」で、ダンスを魅せるための、ジャズっぽい「Taste of Marmalade」ができたんです。

――実際にライブではその曲たちがキーになっていましたね。ツアーは大阪から始まりましたが、やはり緊張しました?
緊張はしていたけど、ガチガチというより、もう始まっちゃうの?というソワソワした気持ちでした。ずっと楽しみに待っていたからこそ、本番の感じがしなかったんです(笑)。だから緊張よりうれしさが勝ってたのかなぁ? しかも1曲目がデビュー曲の「Blooming Flower」で、いちばん長く歌っている自分の中でなじみのある、ある意味安心する曲だったので、最初から素直に楽しめたし、会場を見渡すくらい余裕がありました。

――自分的にいちばんテンションが上がったところはどこでした?
やっぱりダンスのところですかね。しかもダンスブロックは本編の最後のほうだから体力がいるんです。そこに懸けるエネルギー量がかなり大きくて大変なのはわかっていたし、それを乗り越えればライブが成功することもわかっていたから、あそこは異常に集中してましたね(笑)。

――もうゾーンに入ってたんですね。
そうなんです! それまではファンの方と意思疎通をしながらのライブで、踊りながらもみんなと会話している自分が混在しているんです。でもダンスブロックは、歌とダンスを全力で楽しもうとしてるんですよね。お客さんのことを意識していないわけではないんですけど。

――でも、体力的に大変では?
それが意外と余裕なんですよ! アドレナリンが出ているのかな。でもリハーサルだときついんです。息もかなり上がって、「これ本番大丈夫かな?」と思うんですけど、本番だとスルッとできて。不思議ですよね。ファンのみんながいてくれるからこそできることなんだなぁって思います。本当にありがたいです。

――ファンの力ですね。そのダンスブロック前のバラード部分も良かったです。「empathy」は原曲とは異なるwinter alone ver.で、手前に下ろした紗幕に映像で雪を舞わせて、紗幕越しに歌うという。
そこも楽しみにしていた部分です。初めて見る人はどう感じるんだろうってワクワクしていました。今回はそういう演出をいっぱい入れてもらったので、今まで歌ってきた曲も、また違う感じに聴こえたと思うし、世界観が出来上がった中で歌うのは気持ち良かったです。

スクール特集バナー