ボンズ作品の魅力が一同に介す、創立20周年の記念展開催!

20年の軌跡を名作とともに振り返る

 

『鋼の錬金術師』、『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気アニメを生み出し続けるボンズが、2018年10月に創立20周年を迎える。この20周年を記念した展覧会が開催されることが決定した。『ボンズ20周年記念展』と題された本展覧会は、東京・市ヶ谷の東京アニメセンター in DNPプラザからスタートし、その後も全国各地で開催される。

東京アニメセンターは、日本のアニメ文化を発信する拠点として2017年10月28日に秋葉原から移転し、市ヶ谷にリニューアルオープン。アニメファンの聖地の一つとなっているこの地にて、アニメ界をけん引する存在であるボンズの展覧会が幕を開けることとなった。展示では、20年間にわたり制作してきた数々の作品を貴重な資料とともにpart1・part2に分けて紹介し(会期途中で展示入れ替え)、ボンズの軌跡を振り返るほか、音声ガイドを声優の宮野真守さん(part1)と諏訪部順一さん(part2)が担当。東京での展示期間はpart1が2018年10月26日から11月12日まで、part2は11月14日から25日を予定しており、入場は11時から20時まで(毎週火曜日は休館日)。また、11月10日、11日に『北九州ポップカルチャーフェスティバル(KPF)2018』にも出展予定となっており、こちらではボンズが制作したアニメ作品のキービジュアルポスターや複製原画の展示等が行われる予定だ。記念展は来年以降も各地にて開催を予定しているので、ぜひともこの機会を逃さないでほしい。

ボンズは20周年記念のTwitter公式アカウントを1年間の期間限定で開設。東京アニメセンターのHPと併せて展示詳細を更新予定なので、ぜひ要チェックだ。

ボンズHP:http://www.bones.co.jp/
ボンズ20周年記念公式Twitterアカウント:@20thBones
東京アニメセンターHP:https://animecenter.jp/
東京アニメセンター公式Twitterアカウント:@anime_tokyo

スクール特集バナー