美山加恋

経験値を積んだ一年を経ての朗読劇『TAMERS』美山加恋が語る「異種格闘技型朗読劇」の魅力

美山加恋

9月4日(土)、5日(日)に東京・有楽町のよみうりホールにて開催される朗読劇『TAMERS』。近未来を舞台にしたサイバーサスペンスという本作は「異種格闘技型」と銘打たれ、様々なジャンルで活躍する出演者が集結した魅力作となっています。

その中の1人であり、様々なことに翻弄されながらも戦いながら生き抜いてきた主人公・根深リエを演じる美山加恋。一年前は「朗読劇初挑戦」でしたが、この一年で数本の朗読劇やミュージカルなどで経験値を重ねました。今だから語れる、朗読劇や舞台への想いを聞きました。

上村祐翔さんに謎の青年「テイ」について伺ったインタビューはコチラ!

シソンヌ長谷川の「元妻」という設定

――まず、本作の出演が決まった時のお気持ちをお聞かせ頂けますか? 本公演は、本当は一年前に開催されるはずのものでした。

当時は初めての朗読劇ということで何も分からず、「これから挑戦していこう」という気持ちが強くて。今まで見てきた朗読劇を思い返して、自分なりに「こういう伝え方で合ってるのかな」と思いながら台本に書き込みしてなんとなく試していたんです。本公演が延期になった後、朗読劇を何本かやらせて頂いたことで自分の中に余裕が生まれました。一年前、本読みをした時はお話自体も難しいものなので、ちゃんと伝えられるのか不安だったんですけど、今回はお話自体もお客さんに伝えられるようにしたいです。去年の本読みの時には、シソンヌ・長谷川さんの”元妻”っていうのが自分の中ではかなり引っかかっていて、すごい難しいなって思いながらやっていたんです。一年を経て本読みをした時に「母性が増した」っておっしゃって頂いて、それはこの一年の中で色んな役をやらせて頂いたことで自分の中でそういう引き出しができたのかなと思います。なので、「母性」という意味で真剣に「元妻」を演じたいなって思っています(笑)。一年経ったので、はじめましての時よりはやりやすくなった気がします。

――上村さんが、取材の時に、美山さんの印象が一年前とかなり変わられたとおっしゃっていました。天真爛漫な雰囲気がグッと大人っぽくなられたと。

ふふ、ありがたいですね。頑張ってよかったなって思います。

――共演者の皆さんについて、今回の公演からご一緒される太田さん、中島さん、神楽さんという顔ぶれですが、皆さんについての印象などお聞かせください。

太田さんは役柄に飛び道具感とギャップがある役なんですが、太田さん自身がそういうギャップみたいなものを持ってらっしゃるのかなって思いました。演技の中で急にキレたりとか、推しが好きすぎるのとか、一度聴いただけで「なるほど」と理解できる女性像が想像できたので、すごくお芝居を一緒にさせて頂くのが楽しみですね。女同士のバトルシーンもあるので、とっても楽しみです。
中島さんは、局長というどっしりしている役ではあるんですけど、この物語の中で揺れ動いているんです。その役柄に、中島さんの雰囲気がぴったりなんじゃないかなって思っています。私が演じるリエは局長のことを全く好きではなくて、本当に「局長を辞めてほしい」くらいの勢いで思っているんですけど、お客さんはそんな局長が揺れ動いている姿を見ると、「あれ局長かわいいな」ってなるんじゃないかなって思いますね(笑)。そういうところを中島さんは素敵に演じてらっしゃるんじゃないかなって思います。
神楽さんは初めて本読みをされた時に、演出家の伊藤さんに”ナレーター”についてお話をされていて。お声がとてもぴったりというか、アナウンサーさんみたいな澄んでいる、綺麗なお声をしていらっしゃるので、とても聴き取りやすかったんです。物語が神楽さんのナレーションから始まるので、ありがたいなって思っています。

――今回のカンパニーは異業種の方々が結集して、さらに年齢の幅もありますよね。何か異業種だからこそ気づく部分ってありますか?

上村さんの役は気持ちの揺れ動きの表現がし辛いし、難しいと思うんです。微妙なニュアンスを出していかないといけないところを、お客さんが、求めているものすごくいいタイミングで声で表現されていて、こういうのは本当に声優さんにしかない特別なセンスだと思います。テイとして見ることができるし、やりやすいです。
シソンヌさんは、じろうさんの演じ方が演技というか、コントというか、境目が分からなくて、すごくじろうさんなんだけど、カイになっているんです。前回の稽古の時に喋りながら、立ち方や声とかも途中で変えて作り込んでいらっしゃって。役者って、キャラクターを作り出してからそれを外に出すので、途中で変えながら作っていくことがあんまりできないと思うんです。持ってきたものでやるのではなくて、やりながら作るっていうのは「普段コントを作られている時もそういうふうにやってらっしゃるんだろうな」って思いました。芸人さんらしくてかっこいいなって思いました。
当日「何かブッ込もう」としていらっしゃるというのもチラッと伺ったんですが(笑)、俳優はとにかく固めたがるので、そういうところ、芸人さんってかっこいいなって思います。
ちなみに、長谷川さんはラーメンのお話を一問一答でもおっしゃってくださっていて。あのドラマでは私女子高生だったんですよね。女子高生が嫁ってやりづらくないですか(笑)。

年表を作成中!

――様々なことに翻弄される根深リエという女性を演じられる美山さん。現時点ではどんな人物だと捉えていらっしゃいますか?

リエは色んなものを抱えながら物語のスタートを切っていて、今まで生きてきた人生が赤裸々に語られていくので、現在の心情、過去の心情などを細かく汲み取って演じていかないと物語自体が進んでいかないだろうなと思っているんです。役作りでいうと、このくらいの時期にこういうことがあって、みたいな年表を作って台本に書き出しています。

――ちなみにサイバーサスペンス、近未来というテーマですが、ご自身は未来と過去で言ったらどちらがお好きですか?

一問一答動画で「もし過去か未来どちらかにいくとしたら?」っていう質問があって、私「過去」って答えたんですけど、過去の自分が見たいというよりかは過去の自分と接している周りの人を見たくて。自分が気づかなかったような周りの反応を見て、自分が生きてきた面とはまた違うものが見られるのかなって思うので。未来の自分ってなんかあんまり先に見たくないんですよね。占いとかでも私「これからの人生をずばり的確に占う」とかあんまり好きではなくて。ある程度は知りたいですけど細かく知りたくはないですね(笑)。

音と共鳴して作り上げる特別な舞台

――本作は生演奏とともに行われる朗読劇ですよね。稽古で生演奏を前に感じながらの朗読を体感されたと思うのですが、印象はいかがでしたか?

実は直前のミュージカルで生演奏のオーケストラとのステージを経験していて。2週間くらいご一緒させて頂いたんですけど、すごく楽しかったんです!オーケストラが好きなのかな。特別今まですごく聴いてきたわけではなかったんですけど、聴いているだけですごく楽しくって。タイミングを指揮者の方と合わせて「ここの音はこういう心情だから」って合わせたり、心情を作っていく作業がすごく好きだったんです。今回の朗読劇でもずっと生演奏で自由に弾いてくださる中で、音楽と出てくる登場人物たちの気持ちが合わさってる瞬間がとっても気持ちがよくって。リエがショックを受けている時の音楽、テイと2人の穏やかな時間の音楽……などを感じながらお芝居ができるのはとっても嬉しいです。

――本作は緊急事態宣言下での公演となりますが、コロナ禍での舞台公演について、特別な想いはありますか?

やはり、生で観にきてくださる方がいらっしゃるっていうことが大きいですね。稽古日数が多いとか少ないというのは作品によってそれぞれなので、それに合わせて役者は頑張るしかないんですけど、コロナの状況が色々と変わる中で、「この期間は見に行けない」とか「もう少し先だったら見られたのに」とか、色んなお客様がいらっしゃると思うんです。その中で、舞台上と客席という距離はあれど同じ空間で顔を合わせることができて、チケットを買って観にきてくださるお客様がいることは嬉しいですし、役者をやっていてよかったなって思う瞬間です。そういう気持ちってずっと持っているはずなんですけど、普段ちょっと忘れてしまっている時があるんですよね。そんな中でコロナのことがあって、よりお客様の存在はありがたいものだなって感じるようになりました。

――最後に公演を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

バラバラな職業の人たちが集まって、多分お客さんの層やタイプ、普段見ているジャンルもバラバラだと思うんですよね(笑)。なので、こういうお芝居をする人もいるんだ!って思ってもらえたら楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。今年やっと観に行けるっていう方もいらっしゃると思うので、ありがとうの気持ちをお伝えしたいです。あとは何があっても、じろうさんがアドリブをかましてきても(笑)、楽しもうという気持ちでいるので、安心して観ていただけたらなって思っています。がんばります!

公演概要

異種格闘技型朗読劇『TAMERS(テイマーズ)』
日程:9月4日(土)16:00開場/17:00開演
9月5日(日)①11:30開場/12:30開演 ②15:30開場/16:30開演
会場:有楽町よみうりホール(東京都)
出演:上村祐翔 / 美山加恋 / シソンヌ/ 太田夢莉 / 中島健 / 神楽千歌
脚本・演出:伊藤靖朗
音楽監督:土屋雄作
主催・企画・制作吉本興業株式会社
チケット: 前売・当日ともに7,000円(税込)
FANYチケット:https://yoshimoto.funity.jp/kglist/?kw=TAMERS
チケットぴあ:Pコード:507-929
ローソンチケット:Lコード:34868
※出演者は変更する場合がございますので予めご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
※車椅子をご利用の方は、チケットご購入前に「FANYチケット予約問合せダイヤル」 までお問合せください。
チケットに関するお問い合わせ先:FANYチケット問合せダイヤル
電話番号:0570-550-100(10時~19時/年中無休)
公式Twitter @TAMERS_y

180