Shenmue the Animation

アニメ『Shenmue the Animation』のPVが公開!メインキャストは松風雅也さん、櫻井孝宏さんに決定(出演者コメントあり)

Shenmue the Animation
OPテーマアーティストは動画総再生回数が8000万回超えの伊東歌詞太郎

1999年にセガの家庭用ゲーム機・ドリームキャストで発売され、数多くの作品に影響を与えた伝説のアクションアドベンチャーゲーム『シェンムー』。本作のアニメ化作品で2022年に展開が予定されている『Shenmue the Animation』の第1弾キャストとして、松風雅也さん(芭月涼役)と、櫻井孝宏さん(藍帝役)がメインキャラクターを演じることが発表された。二人はゲーム版でも同じ役を演じている。

また、最新映像を収録した予告編も公開されたので、キャストコメントと併せてチェック!

芭月 Shenmue the Animation

松風雅也(芭月涼役)
皆様のお陰で20年という時を経て続編発売という奇跡を体験させていただきました、奇跡は続いていて今回初のアニメ化です!シェンムーは私の人生にとってもとても大きな作品です。長く愛して頂き奇跡を起こしてくれた皆さんはもちろん、名前も知らないという方もシェンムーの世界に触れて頂けたらと思います。私も見るのが楽しみ!一緒に楽しみましょう。

Shenmue the Animation 藍帝

櫻井孝宏(藍帝役)
藍帝役を務めます櫻井孝宏です。私事ですが、声優の仕事を始めた頃に、開発用のテストボイスで参加したのがこの作品との出会いでした。貴重且つ刺激的な経験をさせていただきました。そんなシェンムーがアニメーションで再始動します。とても嬉しいニュースでした。20年以上の時を経ても色褪せないシェンムーの世界。皆さんと共に堪能できたらと思います。

■オープニングテーマ
タイトル:「UNDEAD-NOID」
アーティスト:伊東歌詞太郎
伊東歌詞太郎

<伊東歌詞太郎プロフィール>
2014年にメジャーデビュー。アルバム3枚をリリースし、3作連続でオリコンランキングTOP10入り。自身の活動と並行して他アーティストへの楽曲提供やプロデュースワークを行っている。2018年、路上でのフリーライブで2万人以上を動員、さらに、2019年は最大規模の全国ツアーを行った。また、日本のみならず、アジア圏を中心とした海外でも人気が高い。2018年、初の小説「家庭教室」が7万部を突破、2020年には初のエッセイを発売。加えてアニソンの歌唱、ラジオ、ネット番組のパーソナリティーから声優業までマルチな才能を展開する注目のシンガーソングライター。

■『シェンムー』とは
1999年にセガの家庭用ゲーム機・ドリームキャストで発売された『シェンムー』は、世界中の数多くのプレイヤーから愛されてきた作品。昭和の香るノスタルジックな横須賀を3Dで忠実に再現し、その世界で行動できる自由度の高さは、当時としては画期的だった。リアリティあふれる世界を創出するため、人物や背景はフルポリゴンで作られ、人間の動きをそのまま取り込む「モーションキャプチャー」を採用し、リアルで自然な“動き”を再現しているほか、「タイムコントロール」「マジックウェザー」システムを導入し、作品内でのリアルタイムな時間経過、天候の変化を可能に。3Dオープンワールドの元祖、ゲームの歴史を大きく変えた作品の一つとなった。

▼公式サイト:shenmue-anime.jp
▼公式Twitter:@shenmue_anime

©SEGA / Shenmue Project

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。