「若本さんがしゃべると空気が変わる。声の迫力と深さ、マジヤバいっす……。」山寺宏一さん推薦『若本規夫のすべらない話』3月25日発売。

「日本一マネされている声優だけど、誰にもマネできない稀有な個性」――山寺宏一
「声とパフォーマンスの圧倒的な存在感。すべてが唯一無二、王者です」――井上喜久子
「今の若本はまだ完成していない。通過点。自分でも十分なんて、思ってないだろう」――羽佐間道夫

声優・ナレーターとして活躍する若本規夫さんが初となる著書を3月25日(金)に刊行。『人志松本のすべらない話』タイトルコールの秘話、『サザエさん』穴子役での役作りの苦労など出演作秘話を交え、芸歴50年の声優論を語りつくした一冊。著者直筆のサイン本数量限定販売、電子版の同時発売も決定!

若本規夫の声優人生哲学

「この本は若本規夫の声優人生哲学を次の世代に伝え遺すために、
すべてのすべてをさらけ出したコンテンツとなっています。
ご高覧くだされば幸いに存じます。 若本規夫」

若本規夫

声優活動50周年を迎える今も第一線で活躍する声優・若本規夫さんの初の書籍『若本規夫のすべらない話』。
警察官などの職業を経て声優界の門を叩いた一人声優が、50歳直前で新規の仕事がパタッと来なくなるという最大の危機に面し、自己を見つめ直して仕事が激増、トップに上り詰めるまで――。
山寺宏一さん、井上喜久子さんらのインタビューも掲載。
若本規夫さん×羽佐間道夫さん、76歳×88歳レジェンド対談は必見です!

直筆サイン本発売決定!

数量限定で著者直筆サイン本の販売が決定しました。
貴重なサイン本をこの機会にぜひご購入下さい。
ご購入・詳細はこちら

※サイン本の発送は4月以降を予定しています

電子版の発売が決定!

Kindleストア、 Google Play Books、 iBooks、 楽天Kobo、 hontoほか 各電子書店にて、3月25日(金)より順次リリースとなります。

目次

序章「すべらない秘話」
ナレーションの道を拓いた初めての大仕事
「すべらな~~い、はなしぃ~~」の秘密
芸人が武者震いするタイトルコール
松本人志は“浸透する”声の持ち主

第1章「若本規夫ができるまで」
命が危ういほどの未熟児
生を受けた地、古い記憶
情に厚く雑駁な母の思い出
不出来の烙印を押された小学校時代
暗黒から引き上げてくれた熱血教師
中学・高校で出会った恩師たち
打ちのめされた「センスがない」という言葉
才能がないとわかったら転換して進めばいい
少林寺拳法との不思議な出会い
俳優は積み重ね 声優はひらめき、瞬発力
面白そうというだけで踏み出した一歩
「向いてない」とはっきりわかった瞬間
警察官を1年で辞めた理由
人には相談しない。答えは自分の中にある

第2章「声優との出会い」
ある部分では非常に向いていた仕事
正義感で人を助けることは性に合っていた
自分は組織には合わないと思い知った
網棚から落ちてきた運命の出会い
ド素人で飛びこんだ全国オーディション
頑張れば上っていけるという希望
声優になることを誰にも言わなかった理由
ドキドキもんの初仕事
カッコいい先輩たち、緊張の大失敗
生まれもった声、荒々しさは武器になる
長ゼリフでコケる原因は呼吸にあった
失敗してもいい。失敗からつかんでいく
仕事は自分の力で取ってくるもの
「この顔、できるかな」苦労した穴子役
声が差し替えられていたCMオンエア
声優の仕事はやればやるほど難しく奥深い
声優人生25年、すべてを捨てる決意

第3章「起死回生の鍛錬」
呼吸は人間にとっていちばん大事なもの
立ち上がるためには材料が必要
息を変えれば、自由自在に声は変わる
朝は5時起き。水行にも耐えた古神道祝詞
求めたのはハガネのようにしなる声
気取らない「地べたの芸」を身に付けたくて
若本節の根幹は大道芸の語りかけ
浪曲と声楽、正反対の発声で学んだこと
鍛錬のすべては「声」のために
鍛錬で再認識した呼吸の大切さ
表声と裏声の切り替え、声を飛ばすこと
しなやかで使い勝手のいい筋肉を作る
声優は素質だけじゃ10年もたない
呼吸を整えれば生きるのが楽になる

第4章「新生・若本規夫」
自分と合うキャラクターに救われた40代
好きだったロイエンタールとオオタ・コウイチロウ
ハマり役だったセル、ビシャス
呼吸を究めるとどんな役とも一体化できる
呼吸で操り、声を張りまくった役たち
「それらしく」でなく「それ」になれたティーバッグ
耳に留まるCMにはギアチェンジがある
必要なのは勢いと反射神経とフラットな気持ち
バラエティは新鮮さ、柔軟性が大事
原稿とセリフがすべてを教えてくれる
フリートークの経験はセリフにも生きる
呼吸を鍛えればセリフは後からついてくる
浸透するマイクはよく切れる刀
耳に入ってきて、使えるものは全部使う
愛犬ベルと過ごした日々
生命力に心を揺さぶられた3カ月
仕事を通して教わったいちばん大切なこと
僕を生かしてくれた声優との出会い

著者プロフィール

若本規夫(わかもとのりお)
1945年10月18日生まれ。山口県出身。シグマ・セブン所属の声優。
主な出演作はアニメ『サザエさん』穴子、『ドラゴンボールZ』セル、『トップをねらえ! 』オオタ・コウイチロウ、『銀河英雄伝説』オスカー・フォン・ロイエンタール、『カウボーイビバップ』ビシャス、『うたの☆プリンスさまっ♪』シャイニング早乙女、『銀魂』松平片栗虎、『戦国BASARA』織田信長、ドラマ『プリズン・ブレイク』セオドア・“ティーバッグ“・バッグウェル、バラエティ『人志松本のすべらない話』『ウワサのお客さま』(いずれもナレーション)ほか。

商品概要

『若本規夫のすべらない話』
発売日:2022年3月25日(金)
本体価格:1,800円+税
仕様:四六 208ページ
SBN:978-4-07-449622-8
発行:主婦の友インフォス
発売:主婦の友社

若本規夫のすべらない話

 

 

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。