オガタメシ スペシャルレシピ (声優グランプリ9月号掲載)

緒方恵美さん考案のオリジナルレシピ(=オガタメシ)を食べながらゲストトークを楽しめる月1開催のイベント『オガタメシ de オモテナシ』。
ここでは、7月10日に行われた第3回(ゲスト「fhána」佐藤純一さん)で振る舞われたレシピを公開します。簡単にできるのに本格的。ぜひ、お友達に振る舞ってみてはいかがでしょうか?

「鶏と豆腐のふわ焼きつくね」

<材料>(4人分)

  • 鶏ひき肉……200g
  • 豆腐……180g(1丁の半分)
  • シソの葉……10枚
  • 卵……1個
  • ショウガ……1片
  • すりゴマ……大さじ1
  • 乾燥おからパウダー……大さじ2(なければパン粉大さじ1)
  • 乾燥シイタケパウダー……小さじ1(なければ和風顆粒だしなら何でも)
  • 味噌……大さじ1と1/2
  • 塩……少々
  • コショウ……少々
  • サラダ油……大さじ1
  • ごま油……少々
  • 柚子コショウ……適宜
  • インゲン・スナップエンドウ等……適宜

<作り方>

  1. 豆腐を水切りする。鶏ひき肉を常温に戻す。ショウガはみじん切りに、シソの葉5枚もみじん切りに。他の5枚のシソは、縦と横に4等分にする。インゲンはヘタとスジをとって、半分の長さに切る(スナップエンドウなら切らずにそのままでOK)。
  2. ボウルに鶏ひき肉と水切りした豆腐を入れ、塩少々を振り入れて手で混ぜる。粘りが出てきたら、卵・みじん切りのショウガ・おからパウダー・シイタケパウダー・味噌を加え、よく混ぜる。さらにみじん切りのシソとすりゴマを入れて、サックリと混ぜる。
  3. フライパンに火を付け、サラダ油を入れてなじませる。いったん火を止めてからひと口大にした2(1/20くらい)を入れていき、並べたら火を付けてフライパンに蓋をし、中火で3分ほど焼く。
  4. 周りが白くなってきたらひっくり返したら、それぞれに4等分したシソの葉をのせ、再びフライパンに蓋をする。3分くらい焼いたら、鍋肌からごま油をひとたらし。ザッとなじませてつくねを引き上げる。
  5. 4のフライパンにインゲン(スナップエンドウ等)を入れ、鍋に付いたうま味をこそげ取るように炒め、塩コショウを振りかける。
  6. 皿に5と4を盛り、柚子コショウを添えれば完成。
スクール特集バナー