大注目アニメ『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』。津田健次郎さん、細谷佳正さん、榎木淳弥さんらによる特別インタビューが到着!

『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』イベント後スペシャルインタビュー

2020年1月よりTVアニメ放送を開始した、あおきえい監督の完全オリジナルTVアニメ『ID:INVADED(イド:インヴェイデッド)』。アニメ放送を記念して、2月2日(日)東京 TMCスタジオにて声優の津田健次郎さん、細谷佳正さん、榎木淳弥さんが登壇するスペシャル・イベントが開催され、400名を超えるファンが会場に集まった。

オープニングでは3人の声優陣がインスタレーション・ショーに挑戦。会場の大型スクリーン等に映し出された本編映像に合わせて実際にその場でセリフを語るという、他に類を見ない演出のショーを披露した。イベントの後半では、作品のファンだというお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気氏をMCに、声優陣とあおき監督、キャラクター原案の小玉有起氏、キャラクターデザインの碇谷敦氏が参加したトークショーも行われた。

スペシャル・イベント終了直後、興奮冷めやらぬ皆さんにインタビューを敢行。トークショーでは語りつくせなかったイベント裏話から作品の制作秘話まで余すところなく語ってもらった。

■キャストインタビュー(敬称略)

―インスタレーションショー、トークショー、お疲れ様でした。観客のみなさんも大満足の様子でしたが、終えてみての感想をお聞かせください。

津田:短い時間でしたけれど、台本持たずに演劇のような形で、かなり凝ったインスタレーションをやらせていただきました。普段のアニメーションのイベントではやっていないことができたのがおもしろかったです。『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』が非常に斬新な作品なので、こういうイベントが開催でき、そしてお客様も観に来てくださって、本当に楽しかったなと思っています。

細谷:セリフが飛ばなくてよかったです(笑)。久しぶりに台本を持たずにステージ上で演劇的なことをやれたので、単純に楽しかったです。

榎木:アニメのイベントでここまで緊張したのは初めてでした。プレッシャーのかかるイベントでしたが、津田さん・細谷さんを中心にスタッフのみなさんもこだわって取り組んでいましたので、ぼく自身も楽しめました。

―インスタレーションショーというほかに類を見ない試みを行うと聞いたときは、最初はどう感じましたか?

津田:自分はどちらかと言うと「やりましょうよ!」と言っていた側でした(笑)。実現させるのはけっこうハードルが高い気がしていたので、本当に実現したのは感慨深いです。

細谷:やるべきだと思ったし、この作品の脚本だったら違和感なくイイ感じに演劇的になるだろうって気はしてました。

榎木:そうですよね。この作品の世界観だからこそのおもしろい表現がたくさんあって。潜って行った世界でドリルに貫かれるとか、なかなかないシチュエーションなので、そういった世界観に合ったインスタレーションでしたね。

―先日の秋葉原UDXのイベントでは、津田さんがお一人で演じられておりましたが、今回は3人で演じてみていかがでしたか?

津田:前回はアバターが出てきて一人語りするスタイルだったんですけど、掛け合いができるとさらにおもしろくなりますよねって話をしていて、それが実現したのでとてもうれしかったですね。好奇心旺盛なこの2人が積極的に参加してくれてありがたかったです。

―名探偵・酒井戸と百貴が二人で語り合うシーンはアニメでも重要なシーンですが、息が合っていましたね。

津田:アフレコとはまた違うしね~。

細谷:全然違いますよね。

津田:もう一度、立ち上げ直した感じはあると思います。もちろんアニメーションのニュアンスは大事にしましたけど、稽古をしていても間の取り方とか毎回違いましたし、そうじゃないと生でやる意味がないので、もう一度再構築した感じのシーンになったと思いますね。

―榎木さんはトークショーの中で身体を動かしながらアフレコしてるとおっしゃってましたが、実際に動きながら演じてみていかがでした?

榎木:芝居がまったく変わって来るなと感じました。普段は身体を動かさずに芝居をする制約があるので、どんどん身体の動かし方を忘れていく感じがしていて…。なので、リハーサルで津田さんに動きについてアドバイスをいただいて、気づくことが多かったので参加してよかったと思えるイベントでした。

―今回のようなインスタレーションショーにまた挑戦したいと思いますか?

津田:もっと長いのやりたいですね。

細谷:5分できたから、30分はできるんじゃないですかね?

津田:絶対できます! お客様に望んでいただけるなら(笑)。

―作品のスタッフ・キャストのチームワークの良さが垣間見えるイベントにもなりましたが、実際、コミュニケーションは密に取っていたのでしょうか?

津田:かなりの回数、一緒にメシ食いに行ってますね(笑)。

―そういったコミュニケーションの中で役作りは進んでいったんですね。

津田:アフレコ現場では割と自由に泳がせてくれましたね。

細谷:自由でしたね~。

榎木:セリフも変えたりして。

津田:基本的に映像が完成している状態でアフレコができることがまず珍しいですね。ただ、シーンによっては口パクのリズムと自分が体感するリズムが違う場合があったりして、普通だったらそこは口パクに合わせてねじ込んじゃうんですけど、監督が口パクは全部無視してでいいです、後で直しますからって言ってくれて。こちらのリズムでやらせてもらって、それをベースにもう一回映像を作り直してくれるという、信じられないぐらい贅沢な方法でやらせてもらいました。

―最後に、後半に向けて放送を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします。

榎木:SNSとかで実況しながら観る方も多いと思うんですが、スマホをいじりながら観ていたら置いてきぼりをくらっちゃうかもしれないので、この作品を観る時は「もうすぐ始まる」とつぶやいたら、後はきちんと放送を観て、終わった後に感想だけいただければ(笑)。絶対におもしろいものができているので、最期までぜひ観てください。

細谷:後半は酒井戸と百貴の関係性が明らかになっていきます。一人のキャラクターの魅力だけで見せていくというよりも、物語自体がおもしろいので、つぶやき方は難しいだろうなって思います。難しい時は「おもしろい」だけでいいんで、つぶやいて欲しいです(笑)。

津田:とっつきにくさを感じるかもしれないですが、展開はエンターテインメントなので安心してください。1話だけを観て判断せずに、2話、3話と観ていただければと思っております。本当に刺激的で今までにないアニメを作り上げていると思います。

次ページ:MC岩井氏&声優陣インタビュー

スクール特集バナー