【声優道】よこざわけい子さん「天才じゃなくていい。努力の積み重ねが実を結ぶ」

所属声優もスタッフも
前向きに頑張れる事務所にしたい

演技って特別な才能をもった一握りの天才だけができることじゃなくて、どんな人でも努力を続ければそれだけ成長していける分野だと思うんです。私自身も特別な感性などはもっていませんが、小さい頃から地道に努力を積み上げてきたことで、今の私があるんだと思ってます。だから、声優になりたいという気持ちがあったら、まずはスクールに入って試してみるのがいちばんじゃないでしょうか。たとえそれで挫折することになっても、長い人生の中でたった2年の寄り道なんていくらでも挽回できるはずだし、声優にならなくても演技の勉強をした経験はきっと何らかの役に立つと思います。

私の現在の夢は、プロダクションを大きくすることですね。単に規模が大きいというのではなく、所属している人が全員一流レベルで、その人達がみんな前向きに努力できる事務所にしたい。みんなが明るく頑張っていける集団って、それだけですごいじゃないですか。そういう集団になれば自然とみんな成長するし、規模も大きくなると思うんですよ。

今、うちのプロダクションは着々とその夢どおりに成長していると思います。夢はチャンスをつかむためのアンテナでもあるし、人間は描いた夢以上には大きくなれないものだと思っています。だから日本一、いえ、世界一大きな目標を立てる。そしてチャンスをものにできるかは、どれだけ努力し続けられるかにかかっているんじゃないでしょうか。自分がアニメなどに出演しなくても、まだ私の表現の道、声優道は違った形で続いていると思います。

(2009年インタビュー)

桜木学園癒やし部・2年B組 町々まどか