【好評発売中!】BL音声ドラマ『僕たちのキス。マウント編』より、一条千晶役・中澤まさともさん、如月霜役・土岐隼一さんのインタビューが到着!

中澤まさともさん、土岐隼一さん 収録後インタビュー

『声優グランプリ』発の女性向けレーベル「コイノオト」より「男子高校生のキス」をテーマにお届けする新感覚シチュエーションBL音声ドラマ『僕たちのキス。マウント編』、『僕たちのキス。生徒会編』の2作品が登場!

『僕たちのキス。マウント編』では、幼なじみのふたりが織りなす、キスの応酬にドキドキ……!?
収録後、一条千晶役・中澤まさともさん、如月霜役・土岐隼一さんに話をお聞きしました!

■収録後インタビュー(敬称略)

――『僕たちのキス。マウント編』の収録を終えていかがですか?

土岐 (中澤)まさともさんは意志の強いキャラクターを演じられていることが多くて「いつかお仕事で掛け合いをしたい」と思っていたのですが、こうして実現することができて感無量です。

中澤 (土岐)隼一君とふたりで共演した作品はあったのですが、ここまでしっかり、ガッツリとした絡みは初めてでしたので、うれしかったです。待ち時間にはブースのなかでお互いの趣味の話をしたり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

――今回の音声ドラマは“キス”がコンセプトのストーリーになっていますが、演じてみていかがでしたか?

中澤 僕は作品の主軸がどこにあるかが分かりやすい作品って、作り手側の意図が明確に見えるので、すごく好きなんです。「キスを巡ってマウントを取り合う」というコンセプトがはっきりとしていて、そこに向けて全力投球することができました。
ストーリーも「幼なじみが再会して……」という、わかりやすいところから入っていて、元々持っていたふたりの関係性があるから、ケンカだったり言い合いが自然にできているんだな、と。

土岐 ひとつの“キス”、そしてキャラクターやストーリーとの関係性をとても大切にしていますし、それぞれのシチュエーションを大事にしながら僕が演じようと思っていることを、まさともさんはちゃんと拾ってくださいました。ですので、ひとつひとつのシーンが僕の頭のなかでリアルに再現できて楽しかったです。

中澤 「“キス”でケンカ」、というのがいいよね。

土岐 マウントを取り合うんだけど、本気で仲が悪いというわけではないのがまた面白かったです。

――演じるうえで意識したところなどはありますか?

中澤 霜は色々なやり口で攻めてくるので、動揺はするんだけど負けじと上に行こうとする気持ちは持ちながら演じていました。

土岐 霜は挑発的な言葉が多いので、ただ言っているだけだと聴いているみなさんにいい印象を持たれないんじゃないかと思いまして。
霜にとっては「マウントをとること」がゴールではなく「千晶と仲よくなりたい」、という目的があっての勝負なので、千晶君に対してどう思っているのかという根幹の部分を見失わないように演じました。
結果的に霜君のほうが一枚上手だったかもしれませんが、彼が一歩引こうと思ったときに千晶君が一歩踏み込んでくれたからこそ、霜君のなかで色々な感情がグルグルと回ることになったのかな……。

中澤 僕としては「わかったわかった、お前ら卒業したら結婚しろ」って気持ちでいっぱいでした(笑)。

土岐 そのとおりですね(笑)。「千晶君がいるからこそお前は幸せなんだぞ」というのを感じながら演じました。

――お二人はマウントの取り合いを経験したことはありますか?

中澤 僕は双子なのですが、昔はよくふたりでゲームをやっていて、一緒にパンチやキックで敵を倒して進んでいくゲームが好きだったのですが、システム上、お互いのキャラクターを攻撃することができるんです。
決してわざとじゃないのですが、たまに誤って相方のキャラを殴ってしまったりすることがあるんですね。そのときは「不公平だからお前のキャラも殴り返させろ」ってマウントの取り合いをして、そんなことをしている間に勝手に自滅するようなことをしていました(笑)。

土岐 ゲーム制作者の思惑通りですよね、それ(笑)。僕は3つ年上の姉がいるのですが、コンプレックスを抱かない程度の“圧政”を受けていまして……。
新しいおもちゃを与えられると、一応シェアはするのですが、飽きるまで遊ぶのは必ず姉のほうなんですね。それが当たり前に生きていたのですが、小3のころかな?ふと「これは当たり前のことなのか?」と思いまして。
ある日、知り合いからラジコンをもらったのですが、ラジコンに一度も興味を示したことがなかった姉が当然のように「私が使うね」と言ってきたので、「よし、『たまには俺から遊ばせてよ』と言ってやろう!」と思って出てきた言葉が「たまには逆でもいいんじゃないでしょうか?」でした。
自分でもインパクトがある発言だったので、いまでも覚えています(笑)。

中澤 (笑)。いままで反論したことがなかったから、どう言っていいのかわからなかったんだ?

土岐 そうなんですよ(笑)。で、姉もぽかーんとしてしまって、で、そのまま友人の家にラジコンを持っていってしまったので、僕は家でテレビゲームをしていました(笑)。

――最後に、メッセージをお願いします。

中澤 『僕たちのキス。』シリーズ第1弾にキャスティングしていただけて光栄です。本作に関しましては、友情の延長線のようなものが描かれていまして、当たり前のようにキスを受け入れあっている幼なじみふたりのエモさを存分に楽しんでいただきたいですし、
聴き終わったあと、CDを止めてから「あ~、このふたり、結婚すればいいのに!」という感想が出たら、僕にとっての最高の褒め言葉だと思いますので、よろしくお願いします!

土岐 “キス”だけで、こんなにも人間というものを掘り下げられるというのを改めて知りました。
そこには千晶君と霜君のふたりの色々な感情があって、でもやましい気持ちはまったくなく、自分の気持ちを伝えるひとつの手段としての“キス”はすごく素敵なんだな、というのを感じました。
熱い想いを“キス”という形で表現するのはすごいですし、聴いてくださったあとはお腹がいっぱいになっていただけるのではないでしょうか? ふたりの幸せたっぷりなお話を堪能してください!

 

「僕たちのキス。生徒会編」作品情報

『僕たちのキス。マウント編』

ストーリー

小さい頃の幼なじみだった一条千晶と如月霜。
家庭の事情で一時期離れていた二人は、偶然にも高校で再会する。
久しぶりに会う幼なじみはそれぞれモテ男に進化しており、
互いのモテっぷり自慢からケンカになるのだが――
「どちらが多くキスできるか、勝負するんだ」。
二人はキスで対決することになって……!?

キャラクター

一条 千晶 (いちじょうちあき)
15歳 高校1年生
学園のアイドル。
Sっ気のある性格と抜群の美貌、
コミュ力の高さで女性の人気を集めている。
素行は悪くはなく、女性には優しい女ったらし。
勉強は苦手だが、運動神経はいい。
霜とは幼稚園からの幼なじみ。

如月 霜 (きさらぎそう)
15歳 高校1年生
学園のアイドル。
王子様のような穏やかな見た目で、
実は黒いところがギャップで女性に人気。
勉強は得意だが、運動は苦手。
一見ミステリアスな存在だが、
頭の中で計算していることは……。

キャスト

一条 千晶:中澤まさとも
如月 霜:土岐隼一

スタッフ

録音/編集:株式会社タバック 松田 悟
録音アシスタント: E∞CREATE Sound Studio 冨所 祐介
選曲:いいな 山田 稔
演出/効果音:いいな 白石唯果

発売日
好評発売中!

価格
2,000円(税別)

<『僕たちのキス。マウント編』PV>

<『僕たちのキス。マウント編』視聴動画>

『僕たちのキス。マウント編』配信サイト

▼ポケットドラマCD(ポケドラ)
特典:「カスカベアキラ先生描き下ろしイラスト」
https://pokedora.com/dorama/dorama_detail.html?input_dorama=2472

▼アニメイト通販
特典:「カスカベアキラ先生描き下ろしイラスト」

https://www.animate-onlineshop.jp/pn/pd/1804376/

■DLsite
特典:『僕たちのキス。マウント編』オリジナルSS(テキスト)

https://www.dlsite.com/bl-drama/work/=/product_id/BJ243035.html

スクール特集バナー