【『おれパラ』開催記念振り返りレポート!】最高の夏の思い出を最高のパフォーマンスとともに! 「おれパラPRESENTS ORE!!SUMMER 2020」2日目

人気男性声優アーティストたちによる音楽の祭典『Original Entertainment Paradise』(通称「おれパラ」)まであと少し! 『おれパラ』開催を記念して、9月19日・20日に、富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された夏フェス『おれパラPRESENTS ORE!!SUMMER 2020』(通称「おれサマー」)の振り返りをお届け! 今回は20日のDAY2の様子を振り返ります。

2日目は小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤さんのホストメンバーに加え、SCREEN mode、2HEARTS、豊永利行さん、西山宏太朗さん、畠中祐さん、古川慎さんが参加し、ライブを鮮やかに彩った。

今年の『おれサマー』は初のオンライン配信で開催。この日もホスト4人による「United Flag」からスタート。ライブグッズの「アロハ風シャツ」に身を包み、曇り空を吹き飛ばすような勢いで歌い上げる。小野さんは「この空は、みんなの見ている場所とつながっています! 一緒に盛り上がりましょう!」と2日目の開幕を力強く宣言した。

この日のトップバッターは畠中さん。ダンサーを引き連れ、トロピカルな赤いシャツを振り乱しながら「HISTORY」を歌唱。続いて「まだ、夏、終わってないからね。油断してちゃダメだから!」と夏の暑さにぴったりの「真夏BEAT」を繰り出した。畠中さんは、アーティストデビューして初めてのステージが3年前の『おれサマー』で、ひときわ思い入れのあるステージだったそうで、当時を思い出しながら感慨にふけっていた。

続いては、ミニアルバム『CITY』でアーティストデビューを果たした西山さん。アルバムリード曲「真昼どきのステラ」をゆったりと歌い上げ、陽が傾き始めたコニファーフォレストの時間をちょっぴり巻き戻す。さらに、アルバムから自ら作詞をしたという「とびきりの夜はここにある」を初披露した。

豊永さんは「最高の思い出、作っちゃいましょう!」と登場。「未来との約束」では指でハートを作り、ファンへのサービスも忘れない。そして「妖言」と「サクラノタヨリ」を続けて歌い上げた。

古川さんは黒い帽子に白いシャツというシックな衣装で登場。スタンドマイクに手をかけ、「本日モ誠ニ晴天也」を披露した。「曇天を晴らせるように頑張ります!」と、「道化師と♠(sadness)」を歌い上げると、12月23日に1stアルバムのリリースされることが、本人の口から発表された。残念ながら雲は晴れなかったが、ファンにとってはこれ以上ない朗報となったようだ。

次に登場したのは、Fu-minこと立木文彦さんと、Toshiこと森川智之さんからなるユニット・2HEARTS。「ファンキーなおじさんと一緒に盛り上がろう!」と「Brand-New Future」をノリノリで披露。公演直前に椎間板ヘルニアにかかってしまった森川さんだったが「どうしてもステージに立ちたい!」という一心でコニファーフォレストに向かったとのこと。立木さんもその心意気に大いに感銘を受け、二人で「Monotone Rainbow」、そして「BLUE STEEL KNIGHT」をクールに歌い上げた。

そしてゲストパートは早くもラストのアーティストへ。最後に登場したのは、勇-YOU-こと林勇さんと、雅友こと太田雅友さんによるロックバンド・SCREEN mode。雅友さんのギターに乗せて登場した二人は、「みんな声出せ!」とあおり、「Reason Living」を熱唱。晴れ男の雅友さんに導かれて、アルバムの制作が進行中であることが明かされ、画面の前のファンからは大歓声が。クラップをうながしながら「Naked Dive」を披露した。

ここからはホストメンバーのオンステージ。四方から炎が上がるサブステージに登場した寺島さんが「Buddy, steady, go!」を歌い盛り上げると、ダンサーを呼び込み、「UNBREAKABLE」をスタイリッシュに歌い上げた。

続く森久保さんは、この日は最新シングルの「I’m Nobody」からスタート。「WAY OUT」ではラップを披露し、歌い終えると充実の表情を見せた。気が付くと、すっかり夜の闇に包まれた会場で、最後に歌うのは「TRY ME」。ギターをかきならしながら、「WOW WOW~」の掛け声でファンと一体となった。

黄色いサングラスをかけて登場した鈴村さんは、ステージ上を縦横無尽に動き回りながら「My Life Summer Life」で夏を感じさせると、10月8日に配信が開始された新曲「リズム」を披露した。また、鈴村さんがランティスからリリースした楽曲のサブスクリプション配信も発表。出演者からまた一つ、うれしいプレゼントが贈られた。

2020年の『おれサマー』トリを飾るのは小野さん。「まだまだ盛り上がっていくぞ~!」と上空に指を突き立てると、「ROCKET MAN」で盛り上げる。「何をやろうか考えてたけど……やっぱ、踊りたくない? コニファーフォレストをダンスホールに変えちゃおうよ!」と言うと、「More Super Love」でさらにテンションを上げる。鈴村さん、森久保さん、寺島さんもバックダンサーとして参加し、全力でダンスを楽しんだ。最後は、ここまで一緒に盛り上がってくれたファンに向け、「ドラマティック」をお届け。

2日間で8時間以上にわたってお届けした『おれサマー』にいよいよ終わりのときが近づく。この日もテーマソング「Oh! Let’s Summer」を4人で熱唱。ステージの真ん中にはキャンプファイヤー用のたき火が置かれ、夏の終わりを名残惜しむかのようにはしゃぎ、楽しんだ。
そして、「これからもみんなで物語を紡いでいこう」という想いを込め、出演者全員で歌う「STORY」。クライマックスでは、色とりどりの花火が打ち上がるなか、出演者全員でジャンプし、ステージは幕を閉じた。

【セットリスト】
01.United Flag/小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
02.HISTORY/畠中 祐
03.真夏BEAT/畠中 祐
04.ボトルメール/畠中 祐
05.真昼どきのステラ/西山宏太朗
06.とびきりの夜はここにある/西山宏太朗
07.未来との約束/豊永利行
08.妖言/豊永利行
09.サクラノタヨリ/豊永利行
10.本日モ誠ニ晴天也/古川 慎
11.道化師と♠(sadness)/古川 慎
12.パトスのカタチ/古川 慎
13.Brand-New Future/2HEARTS
14.Monotone Rainbow/2HEARTS
15.BLUE STEEL KNIGHT/2HEARTS
16.Reason Living/SCREEN mode
17.Naked Dive/SCREEN mode
18.アメイジング ザ ワールド/SCREEN mode
19.Buddy, steady, go!/寺島拓篤
20.UNBREAKABLE/寺島拓篤
21.ビビッドナイトフィーバー!/寺島拓篤
22.I’m Nobody/森久保祥太郎
23.WAY OUT/森久保祥太郎
24.TRY ME/森久保祥太郎
25.My Life Summer Life/鈴村健一
26.リズム/鈴村健一
27.花火/鈴村健一
28.ROCKET MAN/小野大輔
29.More Super Love/小野大輔
30.ドラマティック/小野大輔
31.Oh! Let’s Summer/小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
32.STORY/全員

【インフォメーション】
12月19日(土)に『Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2020 Be with』が、20日(日)に『Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2020 Be with 〜ORE!!PLAYLIST〜』が開催! 19日(土)には仲村宗悟さん、畠中祐さんがゲストに登場! お楽しみに!

おれパラ公式サイト:http://orepara.com/
おれパラ公式Twitter:@orepara

【スタッフリスト】
取材・文/佐伯敦史

スクール特集バナー