TVアニメ『プラチナエンド』架橋明日役に入野自由、ナッセ役に小倉唯が抜擢!二人からのコメントも掲載

DEATH NOTE短編集」&「プラチナエンド」完結14巻の表紙も公開

『DEATH NOTE』『バクマン。』を生み出した、大場つぐみ(原作)と小畑健(漫画)の強力タッグが手掛ける最新作『プラチナエンド』、TVアニメ版の架橋明日(かけはしミライ)とナッセのキャスト・キャラクター設定が解禁された。

ナッセにより「天使の翼」と「天使の矢」の能力を得た少年、主人公の“架橋明日”を務めるのは、入野自由(『おそ松さん』松野トド松役、『終わりのセラフ』百夜優一郎役 など)。明日を助け、生きて幸せになることを説く特級天使、“ナッセ”を務めるのは、小倉唯(『ゆらぎ荘の幽奈さん』伏黒夜々役、『蜘蛛ですが、なにか?』スー役 など)。

二人からのコメントも届いた。

<架橋明日役・入野自由>


ファンタジーでありながら、キャラクターの内面や彼らの生活の中で起きていることはとても現実的です。生とは?死とは?目を逸らしたくなったその瞬間、『君ならどうする?』そう突きつけられ、彼らから目が離せなくなるのです。架橋明日は僕にしかできない。そう強く信じてオーディションに臨みました。魂削って臨みます。

<ナッセ役・小倉唯>

この度、特級天使であるナッセのCVを担当させていただくことになりました。オーディションのお話をいただいた際から、「この役、絶対に演じたい…!」と思っていたキャラクターだったので、声を当てさせていただけることが素直にとても嬉しいです。人間や天使にとっての「生と死」。本当の「幸せ」とは何なのか。ファンタジックな世界観でありつつも、もしかしたら身近で起こり得るかもしれない、と自然と物語に引き込まれていきました。私自身も楽しみながら、作品の世界観やキャラクターに寄り添ってアフレコをしていきたいと思います。

また2月4日発売、本作の原作コミック「プラチナエンド 14巻」と、「DEATH NOTE短編集」の表紙も公開。

2015年11月から2021年1月まで「ジャンプSQ.」にて連載されていた『プラチナエンド』だが、14巻にてついに完結。
「DEATH NOTE短編集」はファン待望、14年半ぶりの『DEATH NOTE』新刊コミックスとなる。
大場つぐみと小畑健が描く物語を堪能してほしい。

その他、詳細は公式HP・公式Twitter、公式Instagramをチェックしてほしい。

■■ティザーPV■■

■■放送情報■■
TVアニメ「プラチナエンド」2021年秋 TBSほかにて放送開始

■イントロダクション■
「私が“生きる希望”をあげる」
架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。
全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。
しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――!?

■キャスト■
架橋明日:入野自由
ナッセ:小倉 唯

■スタッフ■
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社 ジャンプコミックス刊)
監督:髙橋秀弥
キャラクターデザイン:大舘康二
シリーズ構成:猪爪慎一
美術:草薙(KUSANAGI)
CGIディレクター:池田正憲(デジタル・フロンティア)
音響監督:濱野高年
音響制作:マジックカプセル
アニメーション制作:シグナル・エムディ

■INFORMATION■
TVアニメ「プラチナエンド」

公式HP:https://anime-platinumend.com/
公式Twitter:https://twitter.com/ani_platinumend
公式Instagram:https://www.instagram.com/ani_platinumend/
プラチナエンド 14巻:https://www.s-manga.net/items/contents.html?jdcn=08882555880637315501
DEATH NOTE短編集:https://www.s-manga.net/items/contents.html?isbn=978-4-08-882573-1

©︎大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会
©︎大場つぐみ・小畑健/集英社

BAR『Envelop』バーテンダー・亜夜芽【CV.諏訪彩花】