佐々木李子、木暮晃石

アプリゲーム『四ツ目神 -再会-』OP・EDテーマについて佐々木李子さん&木暮晃石さんが語る【seigura.com限定インタビュー】

佐々木李子、木暮晃石
謎解き×脱出ノベルゲーム『四ツ目神 -再会-』(よみ:よつめがみ さいかい)。そのOP・EDテーマを担当するのは、声優・アーティストとして活躍中の佐々木李子さん。また、EDテーマ「夢の続き」は、歌と朗読で魅せる声優朗読アーティスト「DarkestoRy」(ダーケストーリー)のメンバーとしても知られる声優、木暮晃石さんが参加している。ゲームの大ファンだという佐々木さん、そして佐々木さんをリスペクトしているという木暮さんにお話を伺った。

リメイク版は推理モノに自信がなくても楽しめます!

――アプリゲーム『四ツ目神 -再会-』OP・EDテーマのタイアップの話を初めて聞いたときのお気持ちは?
佐々木 大好きな作品の主題歌を歌わせていただけるうえに、作詞・作曲まで担当できるなんて、天にも昇る気持ちでした。と同時にプレッシャーもすごかったですね。すぐに前作、そしてリメイク版と改めてプレイして、どう歌うかイメージトレーニングをしました!
木暮 僕も責任感を持って臨もうと、気合いが入りました。

――木暮さんもゲームをプレイされたそうですね。
木暮 謎解き要素もあり、とても面白かったです。
佐々木 リメイク版ではヒント機能も充実しているので、“推理モノ”にあまり自信がない人でも楽しめると思います!

――ちなみにこれまで共演経験は?
佐々木 私が主催する、芝居と歌で構成される「SynapstoRy」(シナプストーリー)シリーズに出演してもらったり、逆に私が「DarkestoRy」の楽曲でハモリを担当させていただいたりと、これまでもなにかと交流の機会があったので、ぜひまたご一緒したいと思っていました。
木暮 僕は人見知りなので、現場でお話をしようと思ってもなかなか話しかけられないんです。佐々木さんに対してもそうでして……。でも休憩時間には佐々木さんのほうから話しかけてくださったので、感謝しています!

――そういったときは、どんなお話をされるのでしょうか?
木暮 二人ともボーカロイド曲が好きなので、ボカロの話題で盛り上がりました。
佐々木 音楽と言えば、木暮君は私のカバー曲までわざわざ聴いてくれて、長文の感想をくれるんですよ。
木暮 僕が聴いて思ったままをお伝えしようとしているだけなので……。いちファンとしてついつい聴いてしまうんです。

――なお、本アプリのタイトルにちなんでお聞きしたいのですが、再会したい人はいますか?
佐々木 やっぱり、ファンの皆さんです。昨年から今年にかけて、皆さんとお会いできない状況が続いていますので。それと、秋田に住んでいた頃にお世話になった歌とダンスの先生です。昨年の自粛期間中「今が頑張りどきだから!」というメッセージとともに、手作りのマスクをたくさん贈っていただいたのが嬉しかったです。
木暮 僕も同じくファンの皆さんです。今は「DarkestoRy」での活動も制限を余儀なくされてしまっています。舞台をご覧いただいて初めてこのコンテンツの魅力が伝わると思うので、早く皆さんの前で僕たちの演技をお見せしたいです。



物語の世界を見守っている“神様”のような立場で歌いました

――ここからは楽曲のお話をお聞きしていきたいと思います。OPテーマ「神匿 -カミカクシ-」の作詞は、作曲と編曲も担当されている佐々木久夫さんとの共作です。どのような形で作業を進められましたか?
佐々木 久夫さんから先に1コーラス分のメロディーをいただいたのですが、すでに世界観が出来上がっていました。また、1番の歌詞もほぼ出来上がっていたので、私はその流れを受け継いで、2番から書き上げていきました。特に好きな部分は「ひとりぼっちで 捨てられた空き缶 蹴飛ばしながら寂しさと寄り添う」で、プレイしたときに感じていた切なさや情景が蘇ってくるんです。私もそれに負けじと「カラスなく頃 夕闇に誘われ 遥か昔の掟の意味を知る」というフレーズを作りました。

――レコーディングはいかがでした?
佐々木 私は作品の主題歌を歌う際、主人公をイメージすることが多いのですが、「神匿 -カミカクシ-』は物語の世界を見守っている“神様”のような立場で歌おうと思いまして。なるべく雑念が入らないように、周りをシャットダウンして歌いました。その甲斐もあってか、録ったものを聴いてみたら、理想通りの歌い方ができていました!

――「夢の続き」は佐々木さんが作詞に加え、作曲も担当されています。
木暮 実は佐々木さんが手掛けられたことは、レコーディング現場で初めて知ったんです。仮歌を聴いて、てっきりプロのクリエイターさんが作った作品だと思っていたので驚きました。「僕が見えない世界を見ることができているんだろうな」と、羨望の想いをもちながら歌いました。
佐々木 そこまで褒められると、ちょっと恥ずかしいですね……(笑)。レコーディングに行ったら先に木暮君が録っていて、熱心にディレクションを重ねていたのが印象的でした。
木暮 いえ、ちゃんと歌えているのかどうか不安だっただけで……。
佐々木 「夢の続き」は光に向かって心が解放されていくというイメージで、「切ないけど温かい」というのが歌に乗っていたので、嬉しかったです。SEEC(シーク)のゲームスタッフさんから助言をいただき、ラスサビを「この手離さない」から「この手離しても」に変えるなど、細部にもこだわりをもたせて作り上げていきました。

――レコーディングはいかがでしたか?
佐々木 実は別日に録り直すくらい苦戦したんです。(ヒロインの)マイちゃんを意識しすぎて、キャラクターソングみたいに聞こえてしまって……。私がこれまで歩んできた道を思い出し、佐々木李子としての想いも込めて歌いました。

――この曲は、木暮さんのソロバージョンも用意されています。
木暮 最初はリズムを重視して歌っていたのですが、プロデューサーさんから「歌詞を喋る感覚で歌ってみて」とのアドバイスをいただき、そこからはとにかく「自分の考えていることを伝えたい」という気持ちで歌いました。
佐々木 ゲームには未使用ですが、私のソロバージョンもレコーディングしました。もしかしたらどこかで披露する機会があるかもしれないので、楽しみにしていてください。

――ゲームをプレイする方には必携のソングコレクションになりそうですね。
佐々木 ゲームをプレイする前とプレイしたあとで印象が変わってくると思いますので、どちらのタイミングでもぜひ聴いていただきたいです!

【プロフィール】
佐々木李子
ささきりこ●11月10日生まれ。テレビ朝日ミュージック所属。主な出演作はアニメ『キラッとプリ☆チャン』(だいあ)、『邪神ちゃんドロップキック』(ぽぽろん)、『川中バスケ部 5人の夏』(アンナ)、『美少女遊戯ユニット クレーンゲール』(響子)ほか。

木暮晃石
こぐれこうせき●12月9日生まれ。81プロデュース所属。 主な出演作はアニメ『メジャーセカンド』『ワンダーエッグ・プライオリティ』『IDOLY PRIDE』、映画『えんとつ町のプペル』ほか。

■「四ツ目神 Music Selection」
四ツ目神 -再会-

<収録内容>
01.神匿 -カミカクシ-
作詞:佐々木李子、佐々木久夫 作曲・編曲:佐々木久夫 歌:佐々木李子
※アプリゲーム『四ツ目神 –再会-』オープニングテーマ

02.夢の続き
作詞・作曲:佐々木李子 編曲:関口晶大 歌:佐々木李子×木暮晃石(DarkestoRy)
※アプリゲーム「四ツ目神 –再会-」エンディングテーマ

03.夢の続き Kogure Solo ver.
作詞・作曲:佐々木李子 編曲:関口晶大 歌:木暮晃石(DarkestoRy)
※アプリゲーム「四ツ目神 –再会-」エンディングテーマ

04.~06. 01-03の各INSTトラック

配信中
1,530円(税込)

▼楽曲購入サイト:https://ototoy.jp/_/default/p/690937