おまえら外伝

【声グラ限定レポート】全席最前列!生だ!生だぞ!「おまえらのためだろ!」外伝

おまえら外伝
森川智之さん、檜山修之さんが毎回、豪華男性声優陣を呼んでお芝居やトークを展開する長寿イベント「おまえらのためだろ!」が、史上初となるオンライン配信限定の“外伝”として2021年6月27日に開催された。ゲストに保志総一朗さんと吉野裕行さんを迎え、さらに「おまえら養成所生おまJr.」として、アクセルワンの若手有望株である福原かつみさんと葉山翔太さんが登場。出演者の女装が楽しめる濃芝居や抱腹絶倒のトークコーナーなど、いつもと変わらぬ「おまえら」らしさ全開のステージが展開された。

<昼会>
濃芝居「おまーヘルシリーズ!戦慄…最強クイン覚醒!レジェンド“ゾンビ”との戦い!スーパーワンダーバイオニックおまガールっ!!」

謎の兵器「ゾンビールほいほい」を使って悪事を働く、「レジェンドゾンビ・バッドキャット・ドッグマウス」(檜山さん)のたくらみを阻止すべく立ち上がったのは「そーてつろーぜんバイオ肉ウーマン・糸満兼城サンプラザ糸満店“レッド”」(森川さん)「しまむら・ワンダー・ウーマン浪速東店“ブルー”」(保志さん)「イオンスーパー・ガール・高島平店“イエロー”」(吉野さん)で結成された、通称・令和3人娘。仲間(サルやカエルら)を召喚し、必殺技で懸命に戦う3人だったが、レジェンドゾンビには歯が立たず……。さらに、レッド、ブルー、イエローと名乗っているものの、着用している衣装との色がかみ合っておらず、自分が何色担当なのかがわからなくなってしまうというグダグダぶり(笑)。しかし、画面の向こうで令和3人娘の活躍を固唾を呑んで見守っている大勢のファンから「ウイルスに負けない!」とコメントでパワーをもらうと、合体技を使って見事にレジェンドゾンビを葬り去ることに成功! 使えない部下たちにも見放されてしまった彼は、最後は自らゾンビールほいほいに入っていったのだった。

続くフロントトークコーナーで軽妙な掛け合いを披露したのは、「おまJr.」の福原さんと葉山さん。女装について福原さんは学生時代に文化祭でコスプレを、葉山さんはある舞台で経験して以来とのこと。福原さんは「もう少しきれいにヒゲをそっておけばよかった」とやや後悔している様子……(笑)。一方の葉山さんはノリノリで女装を楽しんでいた。

※写真上段左から…森川さん、檜山さん、保志さん 写真下段左から…吉野さん、福原さん、葉山さん

おまえら名物の森川さんと檜山さんのトークでは、初の配信イベントについての感想が語られ、森川さんは「配信でもハガキを読むという絵面がほしかったんです」とコメント。この日、オンラインイベントではあるが、いつもどおりファンから送られたハガキを読む二人。おたより採用者に贈られるサイン入り風船を渡すことはできなかったが、少しでもおまえららしさを感じてほしいという、森川さんと檜山さんの熱い思いが伝わってくるようだった。

また、「二人にとってのヒーローは?」というテーマトークでは、森川さんが「両親」、檜山さんは「(プロ野球・広島東洋カープの)山本浩二選手」と回答。さらに、保志さんと吉野さんを呼び込んでの4人トークでは「台本の文字が大きくなった」という話題に花が咲く。それぞれが歳を取ってきたことをしみじみ感じつつ、コロナ禍で苦労している話など、近況も交えておまえららしい、ここでしか聞くことのできないトークを展開した。最後は出演者全員でおまえらテーマソング「マッテルヨ!」を披露。森川さんは「初めての配信イベントでしたが、思ったよりもいい環境でできました!」と楽しそうに締めた。



<夜会>

濃芝居「戦慄_インスタ映えレジェンド オンライン読モ”XLsizeアゲハ嬢”No.1姫香ちゃん♡XLNo.1ココアちゃん♡新人○○ちゃん♡ コロナ退散!
みんなを応援! 初めての方大歓迎!サブスクしてから、酒持って集まれ!おまっ!」

おまえら外伝夜

「レジェンド・さまんさだわさ梅小路」(檜山さん)のお店に所属する濃悪魔(こあくま)モデルこと、「森長ココア」(森川さん)「ぱぴ四(よん)」(保志さん)「姫香」(吉野さん)、いわゆる“お水”の3人が登場。今流行りのサブスク放送を通してお客さん(番組視聴者)たちに、誰がお店のナンバー1かを決めてもらうことに。それぞれとっておきの接客トークを身振り手振りを交えて展開し、画面の前のお客さんを楽しませた。結果、最も支持を集めたのは、正当派トークで攻めた姫香。一方、爆笑をさらった数では群を抜いていたぱぴ四は、納得いかない様子だった(笑)。

フロントトークでは、葉山さんがウエストキーパーとして、昼の部の濃芝居で使ったサルのぬいぐるみを腰に巻き付けて登場。なお、福原さんは相変わらずムダ毛の手入れが気になっている様子(笑)。ここでは、ファンから送られてきた二人に名乗ってほしい「源氏名」を紹介。「純真ビター」(福原さん)、「腹黒シュガー」(葉山さん)、「ふくはらかつみん」(福原さん)、「はやまショコラティエ」(葉山さん)など、趣向をこらした源氏名が紹介された。

※写真上段左から…森川さん、檜山さん、保志さん 写真下段左から…吉野さん、福原さん、葉山さん

森川さんと檜山さんのトークでは、なんとアメリカから届いたおたよりを紹介。山梨県在住の友人に代筆をお願いしたということだが、このような世の中で海外からメッセージがもらえたことに大感激の二人だった。なお、今回のトークコーナーでは、日々頑張るファンに向けて、森川さんが笛と鈴、檜山さんが太鼓を手にエールを贈るという試みも行われ、二人から力強い声援が画面越しに届けられた。

4人でのトークは、昼の部に引き続き、コロナ禍の過ごし方をフィーチャー。檜山さんが「雑談がほとんどできないのがツラいよね」と話を振ると、森川さんが「昔、打ち上げでよく行った温泉に行きたい」と語ると、吉野さんは「温泉地で『おまえら』をやったら面白そうですよね」と提案するなど、さまざまな話が飛び出した。

昼、夜と行なわれてきたおまえら外伝もいよいよラスト。昼の部に続いて「マッテルヨ!」を披露した。また、檜山さんから「女装姿のアップは耐えられた?」という質問を視聴者に投げかけたところ、「みんなが最前列でうれしかったです!」というコメントが多数寄せられ、ホッとした様子の出演陣。次回「おまえらのためだろ!」(第56弾)は2021年11月14日(日)に開催予定。今度は会場に集まったファンの前でイベントが実施できることを願ってやまない。

取材・文・撮影/佐伯敦史

森川智之檜山修之の「おまえらのためだろ!」最新情報>
▼森川智之ファンクラブ“HEAVEN’S DOOR:http://heaven16.sakura.ne.jp/omaera.html

180