電脳戦隊ラストエンジェルス Invisible Link

『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 3 2ND OPERATION』ラヴ役・竹達彩奈さんインタビュー

電脳戦隊ラストエンジェルス Invisible Link
新EDテーマが2月16日に先行配信!

竹内葵氏が原作を務め、豪華声優陣が彩る大注目のメディアミックスプロジェクト『電脳戦隊ラストエンジェルス』は、かつてラジオドラマやOVAなどで展開され人気を博した『電脳戦隊ヴギィ’ズ☆エンジェル』の世界観を踏襲した、全く新しいストーリーと全く新しいキャラクターによるリブート企画。

シングルCD+ボイスドラマCD+声優コメントCDのトリプルCD仕様で、2021年3月に発売された『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 1 Angels of the Light』、同4月リリースの『SP STAGE 2 Character Song Collection』に続く待望の第3弾が、2022年3月2日(水)に発売決定。さらに、2月16日(水)にはラヴ(CV.竹達彩奈)&ミディ(CV.丹下桜)のデュエット曲である新EDテーマ「Invisible Link」が先行配信される。本作の世界観を見事に表現した二人の歌声に注目だ。

リリースに先駆け、seigura.comでは「ラストエンジェルス」メンバーのインタビューを再度敢行(過去のインタビューはページ下部のリンクよりご覧いただけます)。今回はラヴを演じる竹達さんのインタビューをお届けしよう。

■ラヴ役・竹達彩奈さんインタビュー
竹達彩奈

――続編の話を聞いたときの感想をお願いします。

『SP STAGE 1』がとても気になる終わり方をしていましたので、安心しました。
――演じられたキャラクターを改めてご紹介いただけますか?
ラヴは小さい頃に両親と離れ離れになってしまいまして。彼女自身も一度命を落とし、サイバノイドとして生まれ変わる……という激動の人生を歩んでいます。その後「ラストエンジェルス」と呼ばれる戦士となり、メンバーたちとともに人類を救うため、戦うことになりました。
――収録で大変だったところは?
ボイスドラマということで、ラヴたちが置かれているシチュエーションを把握するのが大変でした。また、ほかのキャストさんと掛け合いをしたいところが、このご時勢でできないのが辛かったです。
――気になるキャラクターはいますか?
少年型インターフェイスで、ラヴたちの敵である「テディ」です。前作でも苦しめられましたし、これからどんなアプローチをしてくるのかとても気になります。
――本作の聴きどころを教えてください。
テディの部下である「アリス」と「オズ」がラストエンジェルスの前に立ちふさがるのですが、彼らとどう戦っていくのかにご注目ください。そして、幼いラヴの演技も楽しんでいただきたいです!
――竹達さんはミディ役の丹下桜さんと一緒にEDテーマ「Invisible Link」を歌われています。
丹下さんは『カードキャプターさくら』の木之本桜役をやられていた頃から大好きでしたので、デュエットすることができて光栄です。私たちの歌声もぜひご堪能ください!
――ファンの方にメッセージをお願いします。
今回もラヴたちが地球を守るために、必死で戦っています。多くの謎が残る本作ですが、皆さんの応援があれば新たな展開もあるかもしれませんので、引き続き応援よろしくお願いします!

竹達彩奈

撮影・取材・文/佐伯敦史

■『電脳戦隊ラストエンジェルス』新EDテーマソング「Invisible Link」(デジタルシングル)
ラストエンジェルス

配信開始日:2022年2月16日(水)
歌:ラヴ(CV.竹達彩奈)& ミディ・ザ・ガール(CV.丹下桜)

■『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 3 ─2ND OPERATION─』
ラストエンジェルス
発売日:2022年3月2日(水)
定価:1,980円(税込)

【収録内容】※ボイスドラマ+シングル&声優コメント(CD2枚組)
<Disc1:ボイスドラマCD>
電脳戦隊ラストエンジェルス 2ND OPERATION

<Disc2:シングル&声優コメントCD>
1.Invisible Link
歌:ラヴ(CV.竹達彩奈)&ミディ・ザ・ガール(CV.丹下桜)
2. Invisible Link (Instrumental)
※3~11声優コメント
3.ラヴ役 竹達彩奈
4.ジギー役 上坂すみれ
5.グレイス役 花澤香菜
6.ニッキ役 内田彩
7.蛍役 長谷川瑞
8.ミディ役 丹下桜
9.テディ役 冬馬由美
10.マイヤー役 檜山修之
11.アリス&オズ役 南澤まお&桜井春香

【購入特典】
①ソフマップ限定購入者特典:竹達彩奈&丹下桜出演のオンライン配信イベント参加券
※オンラインサイトで購入後、視聴URL配布予定、その他詳細後日発表
②法人限定購入特典:缶バッジ(SDキャラ6種ランダム配布)
※対象法人:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、アマゾン

■『電脳戦隊ラストエンジェルス』作品紹介
原作は『電脳戦隊ヴギィ’ズ☆エンジェル』『ふしぎ工房症候群』シリーズの竹内葵氏、キャラクターデザインは新進気鋭のイラストレーター・RAYVONが担当。メインキャストに竹達彩奈、上坂すみれ、花澤香菜、内田彩、長谷川瑞、丹下桜、サブキャストに冬馬由美、檜山修之などスター声優陣を中心に、新人やベテランが名を連ねる。現在、さまざまなコンテンツが制作進行中。

<物語と見所>
新西暦455年、地球には二つの人類が存在していた。
かつて地上の主人として君臨した地球人と、宇宙移民S・E、スペース・エミグラントとして、その地上を一度は支配下に置いたアリシア星人。
両者は百年にわたる長き戦いの末に共存する道を選び、不可侵条約を結んだ。自らこの星を滅ぼす愚をこれ以上、犯さないために…。
しかし、それから更に150年の時を経た現在。戦いの歴史における、負の遺産とも言うべき戦略システム「テディ・ザ・ボーイ」の復活により、人類は再び存亡の危機にさらされる。
テディのサイバー攻撃による地球統一軍の軍事スーパーコンピューター『バイロン』の暴走とヒューマノイド部隊の反乱は、人類に甚大な被害をもたらすが、サイバノイドプロジェクトLA1チーム(ラヴ・ジギー・グレイス・ニッキ・蛍・ミディ)の激闘によって、事態を打開することに成功。束の間の平和を取り戻す。

続編である今回の物語は「家族」をテーマに、エンジェルスの絆が描かれる。
両親の消息についてミディに迫るラヴ。ニッキはアリアにいる弟に、蛍はアリア王である父に思いを馳せる。そして親を知らないグレイスとジギーの複雑な感情…。
しかし、テディが再び人類の前にその姿を現し、巨大ブラックホール爆弾による人類滅亡のカウントダウンが始まる。新たな敵として登場する最恐のヒューマノイド姉弟に苦戦を強いられるラヴたちだったが、その姉弟にも秘められた過去が…。
クライマックスの戦闘シーンで描かれるエンジェルスのチームワークと仲間を想う強い気持ちが、聴くものの心を打つ壮大なスケールの感動物語。

<Information>
▼電脳戦隊ラストエンジェルス公式HP:https://last-angels.com/
▼電脳戦隊ラストエンジェルス公式Twitter:@last_angels2020

★過去に配信済みのキャストインタビュー一覧★
※インタビュー内容は『電脳戦隊ラストエンジェルス SP STAGE 1』発売時のものです。
▼①ラヴ役・竹達彩奈さん:https://seigura.com/news/51361/
▼②ジギー役・上坂すみれさん:https://seigura.com/news/51447/
▼③グレイス役・花澤香菜さん:https://seigura.com/news/51463/
▼④ニッキ役・内田彩さん:https://seigura.com/news/51549/
▼⑤蛍役・長谷川瑞さん:https://seigura.com/news/57276/

©竹内葵・コズミックレイ・モモグレ/日音

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。