【声グラWEB限定】「熊田茜音のくまなく調べ隊!」堀内賢雄さん対談(完全版)

・本誌カット部分をふくむ完全版インタビューを公開!

アニメ『織田シナモン信長』OP主題歌「Sunny Sunny Girl◎」も収録される熊田茜音さん1stアルバム『世界が晴れたら』が2月23日発売! 今回は特別編としてアニメで共演した堀内賢雄さんとの対談を【seigura.com限定】完全版をお届けします。

熊田茜音

――お二人が初めて会ったときのお互いの印象を教えてください。

熊田
オーラがあってステキだなと思いました。

堀内
絶対ウソだと思う(笑)。それ玄田哲章さんにも言ってたでしょ?

熊田
ウソじゃないですよ!!(笑) ドッシリ構えている風格に憧れていました。

堀内
デビュー直後の作品ということで、やはり「初々しい」というのが一番の印象ですね。これ話していいのかな。今だから言っちゃうけど、くまちゃん実は1話目の収録をお休みしていたんですよ。

熊田
その節は本当にすみませんでした……。当時、風邪で体調を崩してしまい、初めてお会いしたのは3話のアフレコで。

堀内
古川登志夫さんはじめ諸先輩方と「くまちゃんと早く会いたいよね。いつ来るんだろう」という話をして、会えるのを楽しみにしていた記憶があります。初めて会ったときは礼儀正しくて、キラキラした目が印象的でした。

熊田
大先輩たちのお名前が連なる現場で最初にお休みをいただいていたので、もう内心気が気じゃなかったです……!第一印象は「ステキ!」と思っていましたが、もうそんなことを言える気持ちでもなくて。

堀内
そんなくまちゃんとの初顔合わせの前に、ちょっとしたエピソードがあって。この作品にちなんでキャストは芸名に「犬」という漢字を当てはめていたのだけれど、ふと玄田哲章さんが「何でくまちゃんは“熊”にしたのかな」って言ったんですよ。これにはもう一本取られましたね(笑)。

 

――『織田シナモン信長』の現場で、今の自分に力になったことは?

熊田
たくさんあります! 思うようにキャラクターに感情を乗せられなかったときに賢雄さんが「シナモンかわいいでしょ? その気持ちをそのままぶつければいいよ」とアドバイスをくださいました。皆さんの後ろ姿を見ていると、とにかく楽しそうで! それを肌で感じながら市子というキャラクターを演じられたのがかけがえのない経験です。

 

――熊田さんにとってOP主題歌「Sunny Sunny Girl◎」はどのような楽曲ですか?

熊田
自分の歌にアニメ映像が乗るというのに憧れがあって、その夢が叶った曲でした。実は初めて賢雄さんたちに聴いていただいたのが、アフレコ現場だったんです。急きょ皆さんの前で完成したばかりの音源を流すことになって。その時、作品の看板として認めていただけた気がして、すごく自信につながりました。

 

――そしてEDテーマ「犬生は一度きり」は堀内さん・古川さん・玄田さんの三人がご担当!当時のエピソードを教えてください(※web限定)

堀内
仮歌を渡されたときに「これは無理だよね」と3人で話したんです。だってラップだよ? あらためて、くまちゃんのリズム感の良さを感じました。レコーディングには作詞作曲担当のSEAMOさんが来て「とにかく自分らしさを出してもらえればOKです」と言い、見守ってくれました。折角の機会なので楽しみながらリテイクを繰り返し、最終的には良いものに仕上げられました。リテイクを繰り返して落ち込んでいる子たちに言いたいのは「これは怒られているわけじゃない。良いモノを作り上げるために何回もやっているんだ。」と考えて気持ちで負けないようにすること。僕も若いときは分からなかったんだけどね(笑)。

 

――堀内さんから見た熊田さんはどんな人ですか?

堀内
タレント性もあるし、才能に満ちあふれているよね。これからお芝居以外にもいろんなことに挑戦してほしいな。「役者だから」「声優だから」という枠にとらわれず活躍できる人だと思いますよ。今回、自分で作詞にも挑戦しているんでしょ? すごいなあ。それは何かテーマがあるの?

熊田
今、お恥ずかしながら自分探しの旅の途中で。あっダメだ! 賢雄さんに聴いてもらっていたら涙が……もがいている私をそのまま出したら、響いてくれる人もいるのかなと思い挑戦しました!

堀内
真剣なこの涙があるってことは、きっと良い詞なんだろうな。本気で取り組んだってことだもんね。「ここで堀内ももらい泣き」って書いといて!なんてね(笑)。シナモンファミリーはいつでもくまちゃんの味方だよ。これからの活躍も楽しみにしています。

堀内賢雄

 

《熊田さんから堀内さんにインタビュー!》(※web限定)

熊田
賢雄さんは、お休みの日はいつも何をして過ごしていますか?

堀内
洋画吹替が多いので、映像チェックのリハーサルをしたり意外と家ですることが多いんですよ。でも、僕お酒好きでしょ? お酒飲んじゃうともう気分が良くなって手につかなくなっちゃうんだよね(笑)。収録までに余裕がある、ってなったらまずはゴルフに行きたいな。

熊田
台本の読み込みで心掛けていることはありますか?

堀内
このセリフが勝負だな、というワードに印をつけるようにしているよ。一つのシーンをずっとテンション高く演じていたら、演じ手も、聴く方も疲れちゃうでしょ? 「ここが一番だ!」というセリフを明確にして、あとは日常に溶け混むような自然体で表現したり、メリハリをつけることが大事だね。

熊田
賢雄さんは気分が落ち込んだときには、どのように立ち直っていますか?

堀内
失敗して落ち込むことはあるけど、引きずらないようにしているよ。自分が思っているほど、実は相手はそんなに気にしてないんだよね。

熊田
最近、自分で勝手に落ち込んでしまうことが多くて……

堀内
そのうちの8割は考えすぎの取り越し苦労! 僕のお世話になった先輩・たてかべ和也さんが「人は皆、心の中にオバケがいる」とよく言ってくれたんだ。このオバケっていうのは実際にはないけど、自分で勝手に作り出してしまうもの。そのオバケを少しずつ減らして強くなっていこう! 何か校長先生みたいになってきちゃったね(笑)。

熊田
人生で一度は行くべきというオススメの場所はありますか?

堀内
僕は静岡県の御殿場出身だから目の前に富士山が見えるんだよね。御殿場から見る富士山は本当に大きくて驚くから是非見てほしいな。海外だとオーストラリアのポートダグラスだね。自然豊かでステキだよ。グレートバリアリーフでダイビングすると魚たちが人間に慣れているから、全身囲まれるくらい寄ってきてさ。これからいろんな景色を見て、芸の肥やしにしていってほしいな。

 

【熊田茜音さんプロフィール】

くまだあかね●2月3日生まれ。Apollo Bay所属。主な出演作はアニメ『織田シナモン信長』(尾田市子)、『ライフル・イズ・ビューティフル』(渋沢泉水)、『転生したらスライムだった件』(エレン)、『キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』(七瀬千春)、『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』(ミナ)ほか。

【堀内賢雄さんプロフィール】

ほりうちけんゆう●7月30日生まれ。ケンユウオフィス所属。主な出演作はアニメ『織田シナモン信長』(織田シナモン信長)、『ポケットモンスター』(ナリヤ・オーキド/ナレーション)、『ONE PIECE』(錦えもん)、『殺し愛』(エウリペデス・リッツラン)、海外ドラマ『フルハウス』(ジェシー)、『ビバリーヒルズ青春白書』(スティーブ)ほか。

熊田茜音 1stアルバム「世界が晴れたら」INFORMATION

『絆体感TV 機動戦士ガンダム 第07板倉小隊』エンディングテーマ「またね、よろしくね」はじめデビューシングルとなるTVアニメ『織田シナモン信長』オープニング主題歌「Sunny Sunny Girl◎」、TVアニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』オープニング主題歌「Brand new diary」ほか全11曲が収録される1stアルバムが発売!

商品名:熊田茜音 1stアルバム「世界が晴れたら」
発売日:2022年2月23日(水)
レーベル:ランティス
発売・販売元:株式会社バンダイナムコアーツ
【初回限定盤(CD+BD)】LACA-35933/価格:¥4,400(10%税込)/¥4,000(税抜)
【通常盤(CD only)】LACA-15933/価格:¥3,300(10%税込)/¥3,000(税抜)

<INDEX>
「Sunny Sunny Girl◎」(TVアニメ『織田シナモン信長』オープニング主題歌)
「Brand new diary」(TVアニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』オープニング主題歌)
「まほうのかぜ」(TVアニメ『スーパーカブ』オープニング主題歌)
「ココロハヤル」(TVアニメ『チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜』オープニング主題歌)
「自分磁針」(テレ玉 第103回全国高等学校野球選手権埼玉大会中継テーマソング)
「またね、よろしくね」(『絆体感TV 機動戦士ガンダム第07板倉小隊』エンディングテーマ)
上記を含む、全11曲入りアルバム。

初回限定版には「またね、よろしくね」を含む2曲のMusic Video Clipを同梱。さらに配信アルバム制作時の密着映像をまとめた映像も収録!

熊田茜音アーティストオフィシャルHP:https://kumaka.jp/


熊田茜音 1st LIVE 「世界が晴れたら」が開催決定!
【開催日程】2022年6月12日(日)
【会場】東京・科学技術館 サイエンスホール

 

 

声優グランプリ3月号掲載

声優グランプリ 2022年3月号

※全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。

Cafe『Sereno』~健気ときどきドジな、マジシャン店員と。